だれがコマドリを殺したのか?

だれがコマドリを殺したのか?』(だれがコマドリをころしたのか?、原題:Who Killed Cock Robin? [1])は、イギリスの田園小説作家であるイーデン・フィルポッツ1924年にハリントン・ヘクスト名義で発表した推理小説

だれがコマドリを殺したのか?
Who Killed Cock Robin?
著者 ハリントン・ヘクスト
発行日 1924年
ジャンル 推理小説
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

概要編集

本作は、「コマドリ」というあだ名を持つ女性の毒殺事件を題材した作品である。本作と同年に発表されたフィリップ・マクドナルド作『鑢』とともに、マザー・グースの一つであるクックロビンミステリーで用いた最初の作品である[2]

あらすじ編集

将来を嘱望される若き美青年医師、ノートン・ペラムは、海水浴場で大執事の父親と散歩していた美貌のマイラ(ミソサザイ)・コートライトとダイアナ(コマドリ)の姉妹に出会い、妹のダイアナと互いに一目惚れしてしまう。しかし、ノートンの伯父のジャーヴィスは、お気に入りの秘書のネリー・ウォレンダーと結婚しなければ遺産相続させないと意思表示していた。実際ネリーは素晴らしい女性で、結婚相手としては理想的ではあった。一方のダイアナにも準男爵のベンジャミン・パースハウス卿が求婚をしていた。それでもノートンとダイアナは互いの相手を振り切って結婚を決意する。激怒したジャーヴィスはノートンを遺産相続人から外すことを彼に言い渡す。遺産相続できないと知ったダイアナの心が冷めてしまうことを恐れたノートンは、その事実を彼女に伏せたままチズルハーストの家で新婚生活に入ってしまう。しかし、ジャーヴィスに会ったダイアナは、彼からその事実を聞かされ、自分の愛を信じず嘘をついたまま結婚したノートンを激しく憎悪するようになる。

一方、ダイアナに振られたベンジャミン卿は、自分に好意を寄せていた姉のマイラと結婚し、南仏のマントンで新婚生活を送っていた。ところが、事故に遭ったマイラが膝を骨折して 、自分の足で歩くのもままならないようになる。しかも流産し、二度と子供を望めないのだという。生きる気力を失ったマイラを励ますためにダイアナはマイラにつきっきりで看病する。そうしてようやくマイラが快復するようになったころ、ダイアナに異変が訪れる。顔色が悪く気分がすぐれない日が何日も続くようになる。知らせを受けてマントンに来て数か月ぶりに会ったノートンの目にも病状が容易ならざるものであることが明らかで、しかも他の医師の診立てでも病因が不明だった。そうして日に日に衰弱していくなか、ダイアナは夫が自分に毒を盛っているとマイラに告げ、自分が死んだらノートンを告発する手紙を父親に渡すよう姉夫婦に頼む。

母親の危篤の知らせを受けたノートンがイギリスに戻っているとき、謝肉祭で町がにぎわう中、ダイアナはマイラに看取られて死を迎える。手違いでノートンに知らせが届かないまま葬儀を終えた後、ベンジャミン卿夫妻は、ダイアナの手紙をコートライト大執事に渡すかどうかを相談するが、ノートンの人柄を知るベンジャミンは、彼が妻を毒殺するとは信じられず、また波風を立てることを嫌い、手紙を大執事には渡さなかったため、ダイアナの死に誰も疑問を抱かなかった。

それから1年以上経った頃。ジャーヴィスの死後、遺産を相続したネリー・ウォレンダーと兄のノエルは、チズルハーストに引っ越してきてノートンと親交を深めていた。ノートンはダイアナの死後、鬱ぎ込む日が続いていたが、ノエルのお膳立てもあり、元々好意を寄せ合っていたネリーと婚約する。一方、コートライト大執事の家を訪れていたベンジャミン卿夫妻が、ダイアナの手紙をめぐって口論していたところを大執事に聞かれてしまう。すべての経緯を知った大執事がダイアナの遺体を発掘させたところ、致死量のヒ素が検出された。こうして、ネリーと結婚式を挙げたその場でノートンはダイアナ殺しの容疑で逮捕される。

ノートンの友人で私立探偵のニコル・ハートは、夫の無実を信じるネリーとノエルから依頼を受け、真相究明に立ち上がる。

登場人物編集

ノートン・ペラム
端正な顔立ちの青年医師。やや軽薄で迂闊な面がある。
ニコル・ハート[3]
私立探偵。ノートンの友人。饒舌で行動力がある。
ジャーヴィス・ペラム
ノートンの伯父。資産家で怒りっぽく頑固。
ネリー・ウォレンダー
ジャーヴィスの秘書。堅実で控えめな女性。
ノエル・ウォレンダー
ネリーの兄。真っ直ぐな気性のオートバイ乗り。ジャーヴィスを顧客にしている投資仲買人。のち独立して投資会社を設立。
ベンジャミン・パースハウス卿
準男爵。アマチュアのテニス選手。
ヘンリー・コートライト
教区の大執事。近眼。
マイラ・コートライト
「ミソサザイ」というあだ名のヘンリーの娘。ダイアナの姉。スポーツウーマンだが精神面でもろい。
ダイアナ・コートライト
「コマドリ」というあだ名のマイラの妹。演劇に興味があり活動的。
ミリセント・リード
看護師
ハロルド・ファルコナー
在郷の医師。技量不足を話術や人柄でカバーしている。

提示される謎編集

  • ミス・ディレクション(読者の注意を、真相からそらす仕掛け)

評価編集

書誌情報編集

関連作品編集

脚注編集

  1. ^ Who Killed Cock Robin?” はアメリカ版のタイトルで、イギリス版のタイトルは ”Who Killed Diana?” である
  2. ^ クックロビンを用いた作品については、クックロビン#現代文化との関連を参照。
  3. ^ 「Hart」は牡鹿でギリシャ・ローマ神話ではダイアナ(アルテミス)に狩られる描写がある。
  4. ^ 「だれがダイアナ殺したの?」(論創海外ミステリ) 解説

関連項目編集