メインメニューを開く

ちいさこべ』は、山本周五郎時代小説。日本人の持つ細やかな情の世界を描いた。

映画化・宝塚歌劇団による舞台化・NHKによるドラマ化も行われた。また、本作がリメイクされる形で漫画化されている。

あらすじ編集

主人公・茂次は、大火で両親も店も失ってしまった、大工の若棟梁。誰の力も借りずに家業を再興させると片意地をはる彼は、同じ境遇の焼け出された孤児たちを放っておけず、自ら孤児をひきとり、育てていくことになる。

仕事と人助けの狭間で常に悩みながらも、人の道をひたすらみつけようとする茂次だったが…。

登場人物編集

刊行情報編集

映画編集

1962年6月10日公開。東映製作・配給。

スタッフ編集

キャスト編集

舞台編集

宝塚歌劇団が『小さな花がひらいた』のタイトルでミュージカル化。1971年初演。

ドラマ編集

ちいさこべ~若棟梁と九人の子~』( - わかとうりょうとくにんのこ)は、NHK総合テレビジョンで2006年9月7日から2006年10月5日まで放送された木曜時代劇。全5回。

従来の時代劇にある殺陣を排除した画期的な時代劇として注目された。なお、孤児は9人となっている。

キャスト編集

スタッフ編集

漫画『ちいさこべえ』編集

望月ミネタロウによる、時代設定を現代(平成時代)に翻案したコミカライズ作品。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)2012年40号より2015年11号まで連載された。2013年、第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。 2016年には、フランスBD評論家協会(ACBD)「2016ベストアジアBD」を[1]2017年にはアングレーム国際漫画祭 「シリーズ賞」[2]を2年連続で受賞しており、フランスの読者から高い評価を受けている。[3]

あらすじ(ちいさこべえ)編集

火事で実家の工務店「大留」が焼け、両親をなくした若棟梁・茂次は父・留造の言葉を胸に大留再建を誓う。 そこに身寄りのないお手伝いのりつと、行き場を失った福祉施設の子供たちが転がり込んできて、若棟梁の崖っぷち人生劇場が開幕する。

登場人物(ちいさこべえ)編集

書籍情報編集

脚注編集

外部リンク編集

NHK 木曜時代劇
前番組 番組名 次番組
ちいさこべ~若棟梁と九人の子~