メインメニューを開く

ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-

ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』(ちいさなえいゆう-カニとタマゴととうめいにんげん-)は、2018年8月24日に公開されたスタジオポノック制作による日本アニメーション映画。『カニーニとカニーノ』『サムライエッグ』『透明人間』(とうめいにんげん)の3つの短編で構成される[1]

ちいさな英雄
-カニとタマゴと透明人間-
カニーニとカニーノ
サムライエッグ
透明人間
Modest Heroes
監督 【カニーニとカニーノ】
米林宏昌
【サムライエッグ】
百瀬義行
【透明人間】
山下明彦
脚本 【カニーニとカニーノ】
米林宏昌
【サムライエッグ】
百瀬義行
【透明人間】
山下明彦
製作総指揮 西村義明
出演者 【カニーニとカニーノ】
木村文乃
鈴木梨央
【サムライエッグ】
尾野真千子
篠原湊大
坂口健太郎
【透明人間】
オダギリジョー
田中泯
音楽 【カニーニとカニーノ】
村松崇継
【サムライエッグ】
島田昌典
【透明人間】
中田ヤスタカ
主題歌 木村カエラ「ちいさな英雄」
制作会社 スタジオポノック
製作会社 スタジオポノック
日本テレビ
電通
配給 日本の旗 東宝
公開 日本の旗 2018年8月24日
上映時間 54分(3作品合計)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

スタジオポノックのプロジェクト「ポノック短編劇場」の1作目[2]。『メアリと魔女の花』に続く劇場用映画で、スタジオポノックとしては初の短編映画となる。

カニーニとカニーノ編集

監督は米林宏昌。上映時間は15分[3]。主人公であるカニは赤いマントを纏いハサミ型の槍を持つ擬人化した姿だが、他の生物はデフォルメを排したリアルなデザインとなっている。

あらすじ編集

サワガニの兄弟・カニーニとカニーノは、大型魚から逃れるため、父親のトトとともに川底でひっそりと暮らしていた。ある大嵐の日、トトは危険が迫っていたカニーノを助け出す。しかし、自身は濁流に巻き込まれ、行方不明になってしまう。父を探すため、カニーニとカニーノは旅に出るのだった。

キャスト編集

スタッフ編集

サムライエッグ編集

監督は百瀬義行。上映時間は15分[3]

あらすじ編集

野球が好きな少年・シュンは、母に見守られながら東京・府中市で暮らしていた。彼は出生時から重い卵アレルギーであり、そのことで悩まされていた。そんな中、ある日の野球の練習から帰ってきたときに、母がいない中で誤って卵が含まれたアイスクリームを食してしまう。

キャスト編集

スタッフ編集

透明人間編集

監督は山下明彦。上映時間は14分[3]

あらすじ編集

古いアパートに暮らす青年。ワイシャツを着る。歯を磨く。そして眼鏡をかけて、家を後にする。彼は、周囲と何ら変わらない、ごく普通の青年としての毎日を過ごしていた……ひとりで家にいる間は。外に出れば、自動ドアも、ATMも、誰も彼を認識しない。彼は透明人間だった。

キャスト編集

スタッフ編集

テレビ放送編集

2019年7月に金曜ロードSHOW!のホームページ内で3本の中から視聴者投票で放送する作品を決め、投票数が一番多かった作品を2019年8月16日の千と千尋の神隠しと同時放送をした[4]
2019年8月16日に放送された作品は「透明人間」。 2019年9月9日深夜、映画天国の枠で三作品まとめて「ポノック短編劇場 ちいさな英雄ーカニと卵と透明人間ー」のタイトルで放送された。

脚注編集

外部リンク編集