メインメニューを開く

概要編集

蘇我駅・千葉駅とさいたま新都心駅・大宮駅を東京外環自動車道を経由して結ぶ。本路線の名称「ちばたまライナー」は、千葉県の「ちば」と埼玉県の「たま」を組み合わせて名付けられたものである。

2017年の開業当初は首都高速道路を経由して運行されていたが、2018年6月2日の東京外環自動車道三郷南インターチェンジ - 高谷ジャンクション間の開通に伴い外環道経由にルート変更され、30分近くの時間短縮となった。ルート変更と合わせ、本路線は「ちばたまライナー」という名称が付与された。

運行当初から交通系ICカードSuicaPASMOを導入し、相互利用できる全国交通系ICカード10種類に対応している。

運行会社編集

運行ルート編集

蘇我駅の乗車場所は東口4番のりば、千葉駅の乗車場所は東口18番のりばである。

大宮駅の乗車場所は西口11番のりば、さいたま新都心駅の乗車場所は3番のりばである。

蘇我駅 - 県庁前 - 千葉駅 - (東京外環自動車道経由) - さいたま新都心駅 - 大宮駅西口

歴史編集

車両編集

三菱ふそう・エアロエースを使用している。

本路線用の車両には、携帯電話充電用のUSBコンセントと、車内トイレが備えられている。

注記編集

外部リンク編集