メインメニューを開く
「ちゃんらー」(門司区「二代目清美食堂」)

ちゃんらーは、福岡県北九州市門司港発祥の料理である。うどん出汁ちゃんぽんを入れた料理[1]

目次

発祥編集

お笑いタレント芋洗坂係長の実家であり母・小浦清美が営んでいた「清美食堂」で産まれた料理[1][2]。同店の名物料理であった[3]

長崎から引っ越してきて店の常連になった女子中学生が「長崎ちゃんぽんを食べたいが、小遣いが足りない」と悩んでいたところから、小浦がイリコをベースとした和風出汁にちゃんぽん麺を入れることを発案。具材も値段を抑えるために、野菜炒めで使うモヤシキャベツとした[2]

「清美食堂」は周辺の人口減少から客足が衰えたことと、小浦の高齢を理由として1998年に閉店したが、芋洗坂係長と実姉が「二代目清美食堂」として場所を変えて2014年に再開店している[1][2]。「二代目清美食堂」のちゃんらーには具材として豚肉が追加されている[2]

影響編集

2016年には東九州自動車道の北九州市-宮崎市間の開通を記念し、九州エリアのローソンでコラボ弁当の1つとして「門司港名物二代目清美食堂監修 冷しちゃんら〜」が販売された[4]

出典・脚注編集

外部リンク編集