メインメニューを開く

つくば市谷田部農業協同組合(つくばしやたべのうぎょうきょうどうくみあい、英称:Tsukubashiyatabe Agricultural Cooperative)は、茨城県つくば市に本所を置く農業協同組合。略称はJAつくば市谷田部。つくば市内で事業を展開する。

つくば市谷田部農業協同組合
Tsukubashiyatabe Agricultural Cooperative
JA logo.svg
JA Tsukubashiyatabe Head Office.jpg
JAつくば市谷田部 本所
種類 協同組合
本店所在地 305-0861
茨城県つくば市谷田部2074番地1
業種 農業協同組合
法人番号 9050005005089
金融機関コード 4371
従業員数 88名
外部リンク JAつくば市谷田部
テンプレートを表示

目次

概要編集

2010年(平成22年)1月31日現在[1]
  • 事業範囲:茨城県つくば市谷田部地域
  • 組合員数:3,545名(うち正組合員2,734名)
  • 職員数:88名
  • 出資金:15億2,337万円
  • 販売取扱高:20億4,417万円

沿革編集

第二次世界大戦前の農業会を母体とし、同会の民主化という形で発足した。

  • 1948年(昭和23年)
    • 4月 - 農業協同組合の設立同意書がまとまる。
    • 11月23日 - 前身となる谷田部、小野川、葛城、島名、真瀬の各農業協同組合が設立総会を開催。
  • 1951年(昭和26年) - 葛城農協と小野川農協が経営不振により、農漁業協同組合再建整備法の適用を受ける。
  • 1958年(昭和33年) - 島名農協が経営不振により、農漁業協同組合再建整備法の適用を受ける。
  • 1960年(昭和35年) - 1955年(昭和30年)の谷田部町誕生を期に、町内の5農協の合併促進協議会が結成。
  • 1962年(昭和37年)
    • 2月15日 - 5農協の合併予備契約が調印される。
    • 3月 - 合併総会を開催。谷田部町農業協同組合が発足。
  • 1984年(昭和59年) - 産直部会発足[2]
  • 1992年(平成4年) - 産直部会が日本農業賞の茨城県代表となる[2]
  • 1994年(平成6年) - 産直部会が朝日農業賞を受賞[2]
  • 2004年(平成16年)1月30日 - 青年部「若葉会」が発足[3]

本支店編集

いずれも茨城県つくば市内。
  • 本所 - 谷田部2074-1
    • 谷田部支所併設
  • 小野川支所 - 館野360番地
  • 葛城支所 - 苅間650番地
  • 島名支所 - 島名542番地
  • 真瀬支所 - 真瀬107番地

主な事業編集

主な生産品編集

5農協時代[4]
谷田部町農協時代
資本主義商品経済の成立と輸入農産物に押され、麦・豆類の生産は激減した[5]
現在[2]

脚注編集

  1. ^ つくば市谷田部農業協同組合(2010)"JAつくば市谷田部 概要"
  2. ^ a b c d つくば市谷田部農業協同組合"JAつくば市谷田部 営農[リンク切れ]"(2010年11月4日閲覧。)
  3. ^ つくば市谷田部農業協同組合"JAつくば市谷田部 部会"(2010年11月4日閲覧。)
  4. ^ 谷田部の歴史編さん委員会(1975):174ページ
  5. ^ 谷田部の歴史編さん委員会(1975):184ページ

関連項目編集

外部リンク編集