メインメニューを開く

つく舞(つくまい)とは、高い柱(つく柱)を立て地面を張り、さまざまな動物に扮した演じ手がや綱の上で軽業を演じる芸能である。奈良時代中国から伝来した散楽の流れを汲むとされ、室町時代から近世初頭に流行した蜘蛛舞という曲芸に近似しているともいわれる。

主に利根川下流域に多く伝えられ、千葉県旭市太田のエンヤーホー、同県多古町しいかご舞野田市野田の津久舞茨城県龍ケ崎市龍ヶ崎の撞舞選択無形民俗文化財に選ばれている。

外部リンク編集