てなもんや三度笠 (映画)

てなもんや三度笠 > てなもんや三度笠 (映画)

てなもんや三度笠』(てなもんやさんどがさ)は、1963年6月9日東映系で公開された日本映画。当時TBS系列で放送されていた朝日放送の上方コメディ番組『てなもんや三度笠』初の映画化作品である。東映京都撮影所作品、モノクロ、東映スコープ、81分。

てなもんや三度笠
監督 内出好吉
脚本 野上龍雄
原作 香川登志緒(『てなもんや三度笠』)
製作 神戸由美(企画)
出演者 藤田まこと白木みのる
音楽 古川益雄
主題歌 「俺とお前は名コンビ」(藤田まこと、白木みのる)
撮影 羽田辰治
編集 神田忠男
製作会社 東映京都撮影所
配給 東映
公開 日本の旗 1963年6月9日
上映時間 81分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 続 てなもんや三度笠
テンプレートを表示

2010年5月21日、東映ビデオから本作を収録したDVDが発売された。

ストーリー編集

幕末の大阪の町。あんかけの時次郎と珍念は、住吉神社で知合い、兄弟分となる。清水の次郎長親分を倒して男をあげようという武士や侠客たちが、多数あらわれる。彼らはあんかけの時次郎を、剣の名手と勘違いして、時次郎・珍念がひきいる軍団の配下となって、東海道を西に向かうのであった。

スタッフ編集

出演者編集

主題歌編集

「俺とお前は名コンビ」
作詞:香川登志緒 / 作曲:鈴木源次郎 / 歌:藤田まこと、白木みのる

同時上映編集

外部リンク編集