てなもんや三度笠 (映画)

てなもんや三度笠 > てなもんや三度笠 (映画)

TBS系列で放送されていた朝日放送テレビ制作の上方コメディ番組『てなもんや三度笠』(てなもんやさんどがさ)は、1963年に東映京都撮影所製作・東映配給にて映画化され、同社から2本のシリーズが製作・公開された。同シリーズ第1作は、同作品の初の映画化である。本項目では両作について記述する。

2010年5月21日、東映ビデオから両作のDVDが発売された。

てなもんや三度笠編集

てなもんや三度笠
監督 内出好吉
脚本 野上龍雄
原作 香川登志緒
(『てなもんや三度笠』)
製作 神戸由美(企画)
出演者 藤田まこと
白木みのる
音楽 古川益雄
主題歌 藤田まこと・白木みのる
「俺とお前は名コンビ」
撮影 羽田辰治
編集 神田忠男
製作会社 東映京都撮影所
配給 東映
公開   1963年6月9日
上映時間 81分
製作国   日本
言語 日本語
次作 続 てなもんや三度笠
テンプレートを表示

てなもんや三度笠』(てなもんやさんどがさ)は、1963年6月9日に公開された日本映画。製作:東映京都撮影所、配給:東映モノクロ東映スコープ(2.35:1)、81分。

ストーリー編集

幕末無宿人のあんかけの時次郎は、怪しげな祈祷で銭を稼ぐ小坊主・珍念と大坂で知り合い、兄弟分となる。一方、駿河の大親分・清水次郎長を倒して名を上げようとする侠客・剣客たちが街道筋に多数現れ、手柄を独り占めするための抗争を繰り広げていた。

ある日、剣の達人・糸四郎と鯉四郎が相討ちになる現場に居合わせた時次郎は、遅れてやって来た侠客たちに剣の名手と勘違いされたことで、次郎長討伐の軍勢のリーダーにまつり上げられ、珍念とともに東海道を東へ向かい、清水へ乗り込む羽目になる。ある宿場で、剣客・馬吉に腕試しを挑まれた時次郎は、謎の老人が投げた短刀のおかげで勝利する。その老人こそ、宿場に居合わせた清水次郎長だった。さらに時次郎の評判を聞きつけた剣客・黒手一角が現れて刀を抜き、怖じ気づいた時次郎は逃げ出す。黒手が侠客集団の新たなリーダーとなる。

清水に到着した時次郎は珍念と再会し、さらに成り行きで次郎長一家の客分となり、次郎長を狙う黒手たちを撃退することを約束してしまう。時次郎は策を練り、海岸の松林に奇想天外な罠を仕掛け、黒手を倒す。戦いを陰で見守っていた次郎長が現れ、残りの侠客を子分・岩松に撃退させる。時次郎は侠客たちが残した路銀を次郎長に託し、珍念とあてのない旅を続けた。

配役編集

スタッフ編集

同時上映編集

外部リンク編集

続 てなもんや三度笠編集

てなもんや三度笠
監督 内出好吉
脚本 沢田隆治
鈴木則文
原作 香川登志緒
(『てなもんや三度笠』)
製作 神戸由美(企画)
俊藤浩滋(企画)
ナレーター 黒沢良
出演者 藤田まこと
白木みのる
音楽 小沢秀夫
主題歌 藤田まこと
「てなもんや三度笠」
撮影 羽田辰治
編集 神田忠男
製作会社 東映京都撮影所
配給 東映
公開   1963年10月13日
上映時間 76分
製作国   日本
言語 日本語
前作 てなもんや三度笠
次作 てなもんや東海道(1966年、東宝
テンプレートを表示

続 てなもんや三度笠』(ぞく てなもんやさんどがさ)は、1963年10月13日に公開された日本映画。製作:東映京都撮影所、配給:東映モノクロ東映スコープ(2.35:1)、76分。「続」としているが、前作のストーリーは継続しない。

のちの映画監督・鈴木則文の脚本デビュー作である(澤田隆治との共同脚本)。

プロローグはテレビ版冒頭のパロディで、時次郎がお堂[1]から出てきて口上を述べ、そこへ現れた忍者を退治したところで「おれがこんなに強いのも…」と言おうとした途端に画面が乱れ、「しばらくお待ちください」の画面とアナウンス、そこへ珍念のナレーションで「これは映画やろ」と突っ込んでから映画が始まる。

ストーリー(続編)編集

安政5年(1858年)、日米修好通商条約締結直後の伊豆下田。それぞれ芝居と相撲の勧進元をつとめる東屋と西屋が、客引きをめぐって激しく対立していた。すべては東屋に用心棒として潜り込んだ浪人・平手の計略で、互いを煽り、同士討ちを図って下田の利権を独占しようとしていた。

巡業中の力士・駒下駄はある日、相撲部屋の飯を食い尽くしたことが原因で破門されてしまう。そこを通りがかった旅の侠客・あんかけの時次郎と珍念は、しばらく食いつなぐため、ヤクザに仁義を切って食客となることを駒下駄に提案し、彼を仲間にして、3人で東屋の客分となる。時次郎は東屋の親分・伝兵衛の娘である お雪に一目惚れをする。しかしお雪は西屋の女親分・お兼の息子の新太郎と恋仲だった。時次郎らは力仕事にこき使われるのに嫌気が差して東屋を逃げ出し、西屋の世話になる。

そんな中、平手が西屋殲滅のため、下田港に停泊中の黒船の副艦長・ストレートから爆弾を買う約束を取り付ける。平手の計画を知ったお雪は、ある夜更けに新太郎にひそかに会って知らせる。2人はそれぞれの親に和解するよう進言するが、聞く耳を持たない。それどころかお雪は、黒船の艦長・フラッシュに嫁ぐよう伝兵衛に命じられる。フラッシュは爆弾を譲る代わりに、お雪を要求していたのだった。拒絶したお雪だったが、婚礼に乗じての爆弾受け取り計画を企てた平手に拉致されてしまう。現場に居合わせて尾行した珍念も見つかり、さらわれる。時次郎と新太郎は、珍念が道にまいていった数珠の粒をたどり、一味が乗った小舟に追いつく。

一行は黒船に乗り込む。時次郎は制服を奪って水兵になりすまし、出くわした平手やストレートらをだまして弾薬庫に閉じ込めてしまう。時次郎は、珍念を救った新太郎と落ち合い、艦長室でフラッシュに迫られていたお雪をともに救い出す。弾薬庫から脱出した平手らは爆弾を持ち出してデッキに出るが、取り落としてしまい、時次郎と珍念の足元に転がしてしまう。爆弾というものを知らない2人は、水兵たちが狼狽するのを見て面白がり、追いかけ回して投げつけるが、不発に終わる。一行は捕縛され、銃殺刑を告げられる。そこへ駒下駄が総領事・ハウスを連れて舟を漕いでくる。ハウスはフラッシュらを叱責し、時次郎らを解放する。

東屋と西屋は和解し、下田奉行の媒酌で、新太郎とお雪の婚礼が催された。その頃、時次郎と珍念は誰にも告げずに下田を発っていた。

配役(続編)編集

スタッフ(続編)編集

同時上映編集

外部リンク(続編)編集

ネット配信編集

YouTubeの東映公式チャンネル「東映時代劇YouTube」の時代劇映画配信枠「傑作時代劇」にて、正編は2022年7月30日から8月12日まで、続編は2022年10月29日から11月6日まで無料配信が行われた。

脚注編集

  1. ^ テレビ版同様お堂の扉に絵馬でタイトルが構成されているが、テレビ版は上段左が「て」「な」、同右が「もん」「や」であるのに対し、映画では左が「て」「な」「もん」、右が「や」に変わっており、また下段の一番左の絵馬には、テレビ版では提供スポンサーの前田製菓の商標が描かれているのに対し、映画では単に馬の絵である。
  2. ^ キネマ旬報映画データベースでは役柄を「子分A」としているが誤り。
  3. ^ 続 てなもんや三度笠 - KINENOTE
  4. ^ キネマ旬報映画データベースでは役名を「ハリス」としているが誤り。

関連項目編集