てれびげーむマガジン

てれびげーむマガジン』は、KADOKAWA Game Linkage(旧商号Gzブレイン)が発行する児童・幼年向けゲーム雑誌[1]。通称「てれげー」。発売はKADOKAWA。かつてはエンターブレインが発行していた。2008年11月7日に発刊し、2011年以降はほぼ隔月ペースで偶数月に刊行されている。

概要編集

2008年の発刊当初は『ファミ通DS+Wii』編集部が誌面の作成を担当していたが、2012年よりてれびげーむマガジン編集部が分離されている。(兼任者も存在する)表紙に「5・6・7・8歳対象」と明記されている通り概ね幼稚園から小学校低学年の児童を対象読者としており、2008年の発刊当初は「たまごっち」など女児に人気の高いキャラクターに関する情報も扱っていた。2010年頃からはエンターブレインと同じ角川グループに属するアスキー・メディアワークス発行(現・KADOKAWA発行)の女児向けゲーム雑誌『キャラぱふぇ』との競合を避ける為か女児向けのゲーム作品は余り掲載されなくなった。

エンターブレインも2012年9月より女児向けゲームに特化した姉妹誌『ぴこぷり』を独自に発刊した[2]。2018年3月発売の「ぴこぷり April-June 2018」以降一時途絶えていたが、2020年3月発売の「Spring 2020」から再開された[3]

対象読者層のうえでの競合誌には講談社テレビマガジン』や小学館てれびくん』などが存在するが、これらの雑誌がメインコンテンツとするテレビアニメ特撮に関する情報はゲーム化された作品に関してのみ取り扱っている。

また、別冊てれびげーむマガジンという兄弟誌も存在する。こちらもてれびげーむマガジン編集部が編集を担当している。

脚注編集

  1. ^ 流通上はムック扱いとされている。
  2. ^ ぴこぷり October
  3. ^ CORPORATION, KADOKAWA. “ぴこぷり Spring 2020”. KADOKAWAオフィシャルサイト. 2020年3月15日閲覧。

外部リンク編集