てんてん娘』(てんてんむすめ)は、倉金章介による日本漫画作品。雑誌『平凡』(平凡出版)に連載されていた。テレビドラマ化、映画化されている[1]

テレビドラマ編集

1956年版編集

てんてん娘
(1956年版)
ジャンル テレビドラマ
原作 倉金章介
脚本 キノトールほか
演出 石川甫ほか
出演者 宮城まり子
オープニング 「てんてん娘」(宮城まり子)
製作
プロデューサー 逸見稔
制作 ラジオ東京テレビ
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1956年4月2日 - 1957年6月24日
放送時間 月曜20:30 - 21:00
放送枠 ナショナル劇場
放送分 30分
回数 65回

特記事項:
ナショナル劇場』シリーズ第1作。
テンプレートを表示

1956年(昭和31年)4月2日から1957年(昭和32年)6月24日まで、ラジオ東京テレビ(現:TBSテレビ)で月曜日の20時30分 - 21時00分(JST)に放送された。全65回。松下電器一社提供[2]。1956年12月放送の第36回以降は、大阪テレビ放送中部日本放送でも放送された[3]

ナショナル ゴールデン・アワー』(後の『ナショナル劇場』→『パナソニック ドラマシアター』)第1作。

歌と笑いのミュージカルコメディで、時代劇でありながらユーモラスなストーリーで幅広い層に支持された[3]生放送で行われたスタジオドラマ(当時はVTRやフィルム撮影のテレビ映画も存在せず、生放送が一般的であった)であり、劇中で主演の宮城まり子がナショナル製品を使ってアピールする生コマーシャルも行われた。また当時は、宮城が売れっ子であったため、劇場公演を終えた宮城をすぐに自動車に乗せて、赤坂のスタジオへ向かう中、ADが手伝いながら着替えを行うというケースもあったという[2]

キャスト編集

ほか

スタッフ編集

主題歌編集

「てんてん娘」

  • 作詞・作曲:三木鶏郎 / 歌:宮城まり子
  • 後述の映画版にも使われる。
KRT 月曜20時台後半枠
前番組 番組名 次番組
浪曲番組
(枠不定)
てんてん娘
(1956年版)
KRT系 ナショナル ゴールデン・アワー
(なし)
てんてん娘
(1956年版)
ナショナルTVホール
サンドイッチマン物語

1984年版編集

てんてん娘
(1984年版)
ジャンル 単発テレビドラマ
原作 倉金章介
脚本 奥津啓治
演出 福本義人
出演者 原真祐美
製作
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1984年6月25日
放送時間 月曜19:30 - 20:54
放送枠 月曜ドラマランド
放送分 84分
回数 1回
テンプレートを表示

1984年(昭和59年)6月25日の19時30分 - 20時54分に、フジテレビの『月曜ドラマランド』枠で放送された。

キャスト編集

スタッフ編集

主題歌編集

「てんてん娘」

フジテレビ 月曜ドラマランド
前番組 番組名 次番組
てんてん娘
(1984年版)

映画編集

てんてん娘 てんてん天気は日本晴れ
てんてん娘 てんてん娘に花が咲く
監督 青柳信雄
脚本 若尾徳平
原作 倉金章介
製作 引田一郎
出演者 宮城まり子
音楽 宮城秀雄
撮影 遠藤精一
製作会社 宝塚映画
配給 東宝
公開  1956年12月12日
上映時間 55分(『~日本晴れ』)
50分(『~花が咲く』)
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1956年12月12日に公開された日本映画。製作は宝塚映画製作所(現在の宝塚映像)、配給は東宝モノクロスタンダード

  1. 第1話 : 『てんてん娘 てんてん天気は日本晴れ』(55分)
  2. 第2話 : 『てんてん娘 てんてん娘に花が咲く』(50分)

上記の中篇2話を合わせ、メインプログラムの『サザエさん』と合わせて3本立て興行で公開した。

なお、キャストは同年のテレビドラマが基調となっているが、ラジオ東京は製作に関わっていない。

スタッフ編集

キャスト編集

同時上映編集

出典編集

  1. ^ 小学館 2004, p. 284
  2. ^ a b c d e f g h i 東京放送 2002, p. 102
  3. ^ a b c 『ナショナルショップ : 共に研究し共に繁栄めざすナショナルショップ. 10(12)』松下電器産業開発部、1956年、12-13頁。NDLJP:3559972

参考文献編集

  • 東京放送編 『TBS50年史』 東京放送、2002年。ASIN B07JJ9CYJK 
  • 松本零士; 日高敏 『漫画大博物館』 小学館クリエイティブ、2004年、284頁。ISBN 4778030079 
  • テレビドラマデータベース