ときめきメモリアル (映画)

ときめきメモリアル』は、1997年8月9日東映系にて公開された映画作品。フジテレビ制作の「ぼくたちの映画シリーズ」最終作。

概要編集

コナミの恋愛シミュレーションゲーム『ときめきメモリアル』の映画化作品。ただし、原作ゲームとの共通点は、ヒロインの名前が藤崎詩織であることや、伝説の樹のエピソードが語られるくらいしかない。また、藤崎詩織は小さい頃に引っ越していった主人公の幼馴染だが、原作ゲームと違い主人公より2歳年下である。藤崎詩織役は、本作が女優デビューとなる吹石一恵が演じた。

主なロケ地は現在の山口県大島郡周防大島町、および西日本旅客鉄道山陽本線大畠駅である。

ストーリー編集

高校最後の夏休み、女性に無縁な主人公・私立煌学園高校に通う、3年生の鈴木明彦は、学園四大美少女(小麦波絵夏海美潮)とその友人・佐川浩介が働く海の家でアルバイトを始める。

スタッフ編集

  • 監督:菅原浩志
  • 脚本:岡田惠和
  • 音楽プロデューサー:広瀬香美
  • オーケストレーション:佐橋俊彦(一部作曲も担当)
  • 選曲:薄井洋明
  • 撮影監督:高間賢治
  • キャメラオペレーター:戸澤潤一
  • 美術:和田洋
  • 録音:本田孜
  • 照明:上保正道
  • 編集:只野信也
  • スクリプター:作間清子
  • 装飾:大庭信正
  • 衣装コーディネーター:佐藤ミサキ
  • 助監督:井原真治、本田幹祐、小林大
  • 音響効果:真道正樹、錦織真里
  • ライフセーバー:鯨井保年、越智通臣、佐藤洋
  • テニス指導:渡辺宏樹
  • 特殊効果:大平特殊効果
  • スタントコーディネーター:辻井啓伺
  • スタント:スーパーアクションメガシステム
  • 現像:東映化学
  • デジタル合成:東映化学デジタルテック、日立製作所システム開発研究所
  • ロケ協力:山村国際女子高等学校柳井市経済部商工観光課、東和町系経済観光課、大島土木事務所、白木産業株式会社 ほか
  • 企画:重村一、久板順一朗
  • エグゼクティブプロデューサー:松下千秋、佐藤信彦、永田昭彦
  • プロデューサー:臼井裕詞関口大輔手塚治、河瀬光
  • プロジェクトプロデューサー:宅間秋史、中曽根千治
  • 製作協力:東映東京撮影所
  • 製作:フジテレビ、東映、コナミ
  • 配給:東映

キャスト編集

ほか

テーマソング編集

セピアの夏のフォトグラフ
作詞・作曲 - 広瀬香美
歌 - 吹石一恵BMGジャパン

外部リンク編集