とくしまCITY

日本の徳島県徳島市にあったショッピングセンター

とくしまCITY(とくしまシティ)は、徳島県徳島市四国旅客鉄道(JR四国)徳島駅東側にあったショッピングセンター

とくしまCITY
Tokushima CITY01n3200.jpg
とくしまCITY
店舗概要
所在地 770-0832[1]
徳島県徳島市寺島本町東3-8[1]
開業日 南海ショッピングプラザ
1972年(昭和47年)9月[1]

とくしまCITY
1983年(昭和58年)3月18日[2]
閉業日 2013年(平成25年)7月21日[7]
施設所有者 南海徳島ビルディング[1]・濱口商店[4]

濱口商店[4]
施設管理者 南海徳島ビルディング[1]

濱口商店徳島シティ事業部[5]
敷地面積 約2,100[6]
延床面積 11,694[1]
商業施設面積 5,273[1]
店舗数 18店[3]
営業時間 午前10時-午後8時[7]
前身 南海ショッピングプラザ[3]
後身 ダイワロイネットホテル徳島駅前
最寄駅 徳島駅[3]
外部リンク www.tokushimacity.co.jp/
CITY
テンプレートを表示
株式会社南海徳島ビルディング[8]
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
770-0832
徳島県徳島市寺島本町東3-8[8]
設立 1963年(昭和38年)3月18日[8]
事業内容 とくしまCITYの経営[8]
代表者 取締役社長 遠北光彦[8]
資本金 4.5億円[8]
発行済株式総数 900,000株[8]
売上高 約19.37億円[8]
営業利益 ▲1.66億円(損失)[8]
従業員数 13人[8]
決算期 [8]
主要株主 南海電気鉄道株式会社:100%[8]

株式会社濱口商店:100%[8]
特記事項:データは2004年8月31日[8]
2004年9月30日株式譲渡[8]
テンプレートを表示
とくしまCITYの正面。左:徳島駅、右:バスターミナル。
1987年のとくしまCITY。左奥の山は城山
ほぼ同じアングルから観る現在の様子。城山方面にマンションや大きな駅ビルが建ち、CITYにも'87年にはなかったオーロラビジョンが増設されている。

概要編集

徳島バス本社などが入居していた1963年(昭和38年)に建設されたビルを増改築して、1972年(昭和47年)9月に[1]「南海ショッピングプラザ」として開店したのが始まりである[4]。その後、徳島そごうの開業に対抗するために全面的に改装を行ってファッションビルへ転換を図り、1983年(昭和58年)3月18日に「とくしまCITY」として新装開業した[2]

しかし、郊外への大型商業施設の開業により[4]、競争が激化すると共に当店の立地する中心市街地の空洞化が進展したことから業績が低迷し[4]、2003年(平成15年)3月期が売上高約22.42億円で約1.35億円の損失、2004年(平成16年)3月期が売上高約19.37億円で約1.66億円の損失と減収減益で連続の赤字に陥った[8]

こうした業績の低迷に加えて、南海電気鉄道自体が関連会社の整理・再編による業績改善に取り組んでいたことから、2004年(平成16年)9月30日にビルの共同所有者であった「株式会社濱口商店」に「株式会社南海徳島ビルディング」の全株式を譲渡して運営から撤退した。その後は、「濱口商店」が「徳島シティ事業部」として[5]事業を引き継いで営業を続けた。

しかし、商店街の空洞化などの影響で低迷し、末期には1階にも空き店舗が生じるような状況となっており[9]、建築後50年を経て建物の老朽化も進んでいた[4]。このため、2013年(平成25年)7月21日に閉店してその歴史に終止符を打った[7]

閉店後も1階の徳バス観光サービスは同年8月中旬まで営業し[3]、同月から2014年(平成26年)3月下旬までかけて建物が解体されることになった[6]

徳島駅や高速バス乗り場に隣接する公共交通での利便性の高い場所にあり[10]、建物は塔屋付きの地上6階・地下1階建てであった[6]

跡地利用は当初決まっていなかったが、その利便性から最高の立地であるとしてダイワロイネットホテル進出を目指していることが、2013年(平成25年)11月28日に明らかになり、地権者との調整が進められることになった[10]。その後、同ホテルを運営する大和ハウス工業グループにより9階建てのビルの建設が進められ、1階に高速バスのチケットセンターなどが入居し、3階以上に宿泊特化型のホテル「ダイワロイネットホテル徳島駅前」が2015年(平成27年)10月に開業することが決定[11]。2015年10月21日にとくしまCITY跡地にダイワロイネットホテル徳島駅前がオープンした。宿泊室数は徳島駅周辺のホテルでは2番目の規模を誇る。

歴史編集

主なテナント編集

若者向けの衣料・雑貨を中心に、無印良品ユニクロなどの有名チェーン店などが入居していた[4]

また、1階には徳バス観光サービスが入居していた[3]

付帯設備編集

外壁に315インチ(横6.4m×縦4.8m)のLED大型ビジョン「とくしまCITYビジョン」が設置されていた。公衆無線LANアクセスポイントの機能もあり、徳島駅前エリアで無線LANを使用可能であった。

周辺編集

最寄駅編集

JR高徳線徳島線牟岐線徳島駅」 南口、徒歩1分

かつての関連会社編集

南海グループに属していたが、2004年(平成16年)9月30日に全株式を譲渡して運営から撤退した[8]

  • 南海電気鉄道 - 2004年(平成16年)9月30日まで100%の株式を所有する親会社であった[8]
  • 徳島バス - かつて当店のビルに本社が入居していた[4]。南海電鉄グループのバス会社。
  • CITY - 南海電鉄グループの商業施設で、大阪府内に数店舗出店している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2007年版』 東洋経済新報社、2007年。
  2. ^ a b c 南海電気鉄道 『南海電気鉄道百年史』、1985年、440頁。 
  3. ^ a b c d e f “「CITY」21日閉店 徳島駅前、本店移転”. 徳島新聞(徳島新聞社).(2013年7月20日)
  4. ^ a b c d e f g h i j “とくしまCITY閉店 7月21日、老朽化で解体”. 徳島新聞(徳島新聞社).(2013年5月21日)
  5. ^ a b 『全喪事業所一覧表(厚生年金保険と協会けんぽ管掌の健康保険)』 日本年金機構、2014年9月30日 。
  6. ^ a b c d “徳島市内にダイワロイヤルホテル進出”. 建通新聞(建通新聞社).(2013年12月11日)
  7. ^ a b c d “買い物客ら別れ惜しむ とくしまCITY、30年の歴史に幕”. 徳島新聞(徳島新聞社).(2013年7月22日)
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 『子会社の株式譲渡に関するお知らせ』 南海電気鉄道、2004年9月29日 。
  9. ^ “JR徳島駅前の専門店ビルが「一店一作家」運動”. 日本経済新聞(日本経済新聞社). (2012年9月8日)
  10. ^ a b “徳島駅前CITY跡にホテル計画 ダイワロイヤル、客室は200室規模”. 徳島新聞(徳島新聞社).(2013年11月29日)
  11. ^ 加藤美穂子(2015年1月28日). “ホテル:JR徳島駅前に10月開業 1階はバスセンター”. 毎日新聞(毎日新聞社)

外部リンク編集