メインメニューを開く

どうにかなるさ』は、1970年4月5日に発売されたかまやつひろしのシングル盤の楽曲である。

どうにかなるさ
かまやつひろしシングル
B面 つめたい部屋のブルース
リリース
ジャンル フォーク・ソング
レーベル フィリップスレコード
チャート最高順位
かまやつひろし シングル 年表
どうにかなるさ
1970年
気らくなものさ
1971年
テンプレートを表示

解説編集

  • ザ・スパイダース在籍中に発表された。
  • 元々は同じグループ・サウンズザ・タイガースのメンバーである岸部修三岸部シロー兄弟のユニット、サリー&シローの1970年2月発表のアルバム『トラ70619』への提供曲だった。
  • 自らのルーツ音楽でもあるカントリー・ミュージックの大御所、ハンク・ウィリアムズの「淋しき汽笛」"(I Heard That) Lonesome Whistle"(1951年)にインスパイアされた作品だと言われている。
  • 1971年6月、スパイダース解散後に発表されたアルバム「どうにかなるさ/アルバムNo.2」にも収録。
  • 1972年の五つの赤い風船解散コンサートにゲスト出演したかまやつが一部の歌詞をグループを惜別する内容に変えて歌唱した。音源は五つの赤い風船のアルバム「ゲームは終わり」に「(赤い風船)どうにかなるさ」のタイトルで収録された。

収録曲編集

  1. どうにかなるさ
    • 作詞:山上路夫/作曲:かまやつひろし/編曲:かまやつひろし
  2. つめたい部屋のブルース
    • 作詞:山上路夫/作曲:かまやつひろし/編曲:かまやつひろし

カヴァー編集

関連項目編集