どら焼き銅鑼焼きドラ焼き、どらやき)は、通常、やや膨らんだ円盤状のカステラ風生地2枚に、小豆餡を挟み込んだ膨化食品和菓子のことを指す。蜂蜜を入れて焼き上げることでしっとりとしたカステラ生地にする。

どら焼き
どら焼きを切り開いた様子
どら焼きの断面図

起源・由来編集

どら焼きの名は一般に、形が打楽器銅鑼(どら)に似ることからついたという説が有力である。しかし、異説として次のようなものもある。

曰く、武蔵坊弁慶が手傷を負った際、民家にて治療を受けた。そのお礼に小麦粉を水で溶いて薄く伸ばしたものを熱した銅鑼に引き、丸く焼いた生地であんこを包み、振舞ったことが起源という。ただし、この説は鎌倉時代に小豆餡が出来たと言われることから、1189年に死んだとされる武蔵坊弁慶との関わりは矛盾する。

この他にも様々な異説俗説があり、現在どれが正解かは一概に言えない状況にある。ただ、いずれの説にしても、銅鑼に関係している物が多いようである。

江戸時代のどら焼きは、皮を一枚だけ用い、端の部分を折りたたんだため四角く、片面の中央はあんこがむき出しであったという。現在のきんつばに良く似たものと考えられる。

いま日本で売られているどら焼きの生地は、西洋のホットケーキの強い影響を受けて、江戸時代以前のものからはかけ離れている。このため昭和20年代頃まで、どら焼きとホットケーキは混同されがちであった。

バリエーション編集

別名編集

近畿方面では、今日どら焼きと呼ばれているものを「三笠」、「三笠焼き」、「三笠まんじゅう」などと呼ぶことが多い。菓子の外見が奈良県三笠山に似た形であることに由来する名称で、古くから「三笠」にちなんだ名称が用いられてきたようである。奈良市近鉄奈良駅近くのひがしむき商店街にある菓子店などでは、通常のサイズのものの他に直径20cm弱の大きな「三笠」を売っている。市内の老舗和菓子店湖月は、毎年4月19日に林神社で行われる饅頭まつりに、直径が32cmと、大きいサイズのさらに2倍、餡が1.9kgも入った巨大な「みかさ」を奉納している。一方で、大阪市茜丸本舗(株式会社茜丸)の五色どらやきをはじめ、関西でもどら焼きの呼称が使われている商品がある。

老舗菓子店「文明堂」での商品名は「三笠山」。関西方面の「三笠」の呼び名は、これが起源とも。

富山県などでは「名月」という(満月にたとえたもので、月見の時は月見団子を使用)。

形状編集

一般的に知られているものと違う形でどら焼きと称する例もあり、餡を生地2枚ではさむのではなく、生地を半分に折りたたんで餡をはさむ(形状は餃子に似る)ものもある。

京都市東寺の「弘法市」の際、「笹屋伊織」が販売するものは、棒状に伸ばした漉し餡バームクーヘン状に小麦粉の生地を重ね焼くものである。

どら焼きの具編集

基本的に小豆餡が使われているが、などが入っている事もある。変わり種として、大分県湯布院の名物でプリンを挟んだ「プリンどら」なるものなどもある。

生どら編集

1985年昭和60年)に宮城県宮城郡利府町のカトーマロニエが生クリームと小豆餡をホイップして挟んだどら焼きを生どらと命名して販売開始した[1](現在は「元祖なまどら」として販売)。すると、同町と隣接する塩竈市にある榮太楼も生どらの販売を開始した。榮太楼は様々な種類の生どらを販売し、一躍仙台銘菓の地位を得た。

これ以降、日本各地で生どらが生産されるようになり、小豆餡の代わりに生クリームやカスタードクリームチョコレートクリームを入れたもの、あるいは、ジャム類やカットフルーツが入っているものも見られ、ワッフルを彷彿とさせる。新鮮さを保つために冷凍もしくは冷蔵で販売されている事もある。冷凍の場合は解凍または半解凍して食べる。また、アイスクリーム類を挟んだものも登場している。これは冷凍のまま食べる。

蒸しどら編集

スポンジケーキ状に蒸し上げたどら焼き型の生地に、小豆餡やカスタードクリームなどを挟んだ和菓子を蒸しどらと呼ぶ。生地には小麦粉のほかに黒砂糖抹茶ペーストが使われることもある。正確にはどら焼きではないが、生どらと並びどら焼きから派生した菓子として全国で生産されている。

どら焼き関連の作品編集

ドラえもん編集

漫画アニメドラえもん』(藤子・F・不二雄作)の主人公であるネコロボットドラえもんの大好物としても知られる[4]。作者の出身地の富山県では身近な和菓子であり、お祝いごとや法事の際に、どら焼きを贈る習慣がある[5]

タイアップ商品として、かつては山崎製パンなどからドラえもんにちなんだどら焼きが製造・販売されていた。2020年現在では文明堂よりドラえもんの焼印を付けたどら焼き、『ドラえもん どら焼き』が毎年販売されている。3月の劇場版の時期及び、ドラえもんの誕生月とされる9月に販売される。なお、『ドラえもん』作中では「ドラ焼き」、「ドラヤキ」、「どらやき」などと表記される。

2014年に放送開始された『米国版ドラえもん』では、どら焼きは「ヤミー・バン(yummy bun)」(おいしいパン)という名称に変更される。海外版Wikipediaに「どら焼き」の記事があるなど、どら焼きは一部アニメファンにこそ知られているものの、一般的には認知されておらず、子供向けであるための改変である。

派生作品であるタイムトラベルものの『ドラえもんなぜなに探検隊』では、12世紀の日本にタイムトラベルしたドラえもんが前記の弁慶がどら焼きを発明する場面に遭遇するシーンがある。「どら焼き伝説を追え!」(2009年12月31日放送)の回でもどら焼きの歴史について語られている。

どら焼きに関する事項編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集