ならず者 (曲)

イーグルスの楽曲

ならず者」(ならずもの、Desperado)は、アメリカ合衆国バンドイーグルス1973年に発表した楽曲。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2004年版)では494位にランクされている。

ならず者
イーグルス楽曲
収録アルバムならず者
リリース1973年4月17日
録音ロンドン、アイランド・スタジオ(1973年)
ジャンルロック
時間3分33秒
レーベルアサイラム・レコード
作詞者ドン・ヘンリー
グレン・フライ
作曲者同上
プロデュースグリン・ジョンズ
ミュージックビデオ
「Desperado」 - YouTube

概要編集

作詞作曲はドン・ヘンリーグレン・フライ。リード・ボーカルと作詞はヘンリーが務め、当時26歳の彼が友人へ綴った、非常に内省的なものになっている。 録音はロンドンのアイランド・スタジオで行われた。ストリングスの編曲はジム・エド・ノーマン。ヘンリーによれば、プロデューサーのグリン・ジョンズが制作費をかけず素早くアルバムを作ろうとしていたため、曲の録音に4、5テイクしか与えられなかったという[1]

同名のアルバムに収録され、シングルカットはされなかったものの、後に数々のアーティストによってカバーされ、映画やテレビなどにも頻繁に使われる、イーグルスを代表する楽曲の一つとなった。

1980年発売の『イーグルス・ライヴ』、1994年発売の『ヘル・フリーゼズ・オーヴァー』などにライブ・バージョンが収録されている。

カバー・バージョン編集

このほか、2007年のグラミー賞授賞式で、ドン・ヘンリー本人を前にして歌手のキャリー・アンダーウッドが歌ったり、アメリカ横断ウルトラクイズにおいて「今年も多くの敗者が去っていった」のBGMに、リクルートの企業CM「情報が人間を熱くする。」にも使用される。2007年木村拓哉主演ドラマTBS日曜劇場「華麗なる一族」の挿入歌や2010年公開の映画「十三人の刺客」の主題歌に使用されるなど、ロックというジャンルを越えたスタンダード・ナンバーとして本国のみならず、日本でも根強い人気を示している。

脚注編集

  1. ^ Browne, David (2016年6月10日). “Eagles' Complete Discography: Don Henley Looks Back”. Rolling Stone. "July 18, 2017"閲覧。