メインメニューを開く

にぃにのことを忘れないで -脳腫瘍と闘った8年間- 』(にぃにのことをわすれないで のうしゅようとたたかったはちねんかん)とは川上ますみ著作の、15歳で発病し8年後に没した長男の闘病記をまとめた著作。

にぃにのことを忘れないで
著者 川上ますみ
発行日 2009
ジャンル エッセイ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 テレビ映画
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

2009年の『24時間テレビ32 「愛は地球を救う」』(日本テレビ)中で、実写ドラマ化された。

目次

あらすじ編集

川井家の長男・浩輔は開成高校合格後に、頭痛・手の痺れ・二重視などの自覚症状から脳腫瘍ができていることを知る。病気になったことでやりたくてもできないことに苛立ち、家族にきつく当たってしまう事もあった。のちに病気は治ったと思われたが、大学受験を控えた高校3年の時に病気が再発してしまう。もちろん大学を受けることもできず、途方に暮れる毎日。そんな中、彼は彼なりに自分の生きてきた理由を考えていた。そんな彼を父、次男、母が支えていく家族愛と、23歳で彼が没するまでを描いた物語。

ドラマ編集

にぃにのことを忘れないで
-脳腫瘍と闘った8年間-
ジャンル テレビドラマ
出演者 錦戸亮
田中麗奈
山田涼介
白川由美
陣内孝則
黒木瞳
制作 日本テレビ放送網
放送
音声形式 解説放送
放送国・地域   日本
放送期間 2009年8月29日
放送時間 21:29 - 23:29
放送枠 24時間テレビ 「愛は地球を救う」
放送分 120分
回数 1
ドラマ版サイト

特記事項:
24時間テレビ32 「愛は地球を救う」の企画の一部である。
24時間テレビ 「愛は地球を救う」も参考
テンプレートを表示

2009年8月29日の21:29 - 23:29(テレビ宮崎は2009年9月13日13:00 - 14:55、沖縄テレビ放送は2009年9月5日12:00 - 14:00)に、2009年度『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』内でドラマ化された。視聴率は20.5%となった。

キャスト編集

川井恵介:錦戸亮関ジャニ∞
15歳で脳腫瘍を発症した主人公。「にぃに」と呼ばれていた。成績優秀で東京大学を目指していた。発症したことで苛立ちを覚え、家庭内暴力を起こすようになる。原作の川上浩輔氏にあたる。
天宮詩織:田中麗奈
がんセンターの看護師。恵介の憧れの存在。病床でも物理の参考書を手放さない恵介を“物理クン”と呼ぶ。
ちなみに浩輔氏は生前、田中の大ファンだったという。
川井優治:山田涼介Hey! Say! JUMP
恵介の4歳下の弟。兄のことがとても好きで「にぃに」(幼少の頃、口が回らなかったのをそのまま残す)と呼ぶ。
川井チヨ:白川由美
恵介の祖母。腰が痛くても、毎日神社へお参りに行くなどとても家族想い。
川井陽水:陣内孝則
恵介の父。駄洒落が好きで、常に前向きな姿勢を取る。恵介が一番尊敬している頼れる人物。
川井香澄:黒木瞳
恵介の母。息子の病気に悩みながらもその葛藤を糧に生きる。著者の川上ますみ氏にあたる。
土井浩文:山口馬木也
医師:山下容莉枝
その他
金井勇太山崎雄介木咲直人石川裕司

スタッフ編集

外部リンク編集

日本テレビ 24時間テレビスペシャルドラマ
前番組 番組名 次番組
にぃにのことを忘れないで
-脳腫瘍と闘った8年間-