メインメニューを開く

にちようチャップリン

にちようチャップリン』は、2017年4月9日から2018年9月23日までテレビ東京系列で放送されていたバラエティ番組である。2015年6月13日に特番として放送された『内村光良の新・お笑いライブ!そこそこチャップリン』を、レギュラー化した番組。2015年10月4日から2016年3月27日までは『こそこそチャップリン』、2016年4月2日から2017年3月25日までは『じわじわチャップリン』のタイトルで放送されていた。2018年10月6日からは、『そろそろ にちようチャップリン』のタイトルで放送される。

にちようチャップリン
NICHIYOU CHAPLIN
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
出演者 内村光良
土田晃之
千鳥
ハリセンボン
井戸田潤
田中卓志
角谷暁子
音声 ステレオ放送
エンディング The Clash「I Fought the Law」
こそこそチャップリン
放送時間 日曜日 2:10 - 2:35
土曜日 26:10 - 26:35)(25分)
放送期間 2015年10月4日 - 2016年3月27日(25回)
外部リンク 公式サイト
じわじわチャップリン
放送時間 土曜日 23:55 - 翌0:20(25分)
放送期間 2016年4月2日 - 2017年3月25日(50回)
外部リンク 公式サイト
にちようチャップリン
放送時間 日曜日 22:00 - 22:48(48分)
放送期間 2017年4月9日 - 2018年9月23日(72回)
そろそろ にちようチャップリン
放送時間 土曜日 23:55 - 翌0:20(25分)
放送期間 2018年10月6日 -
外部リンク 公式サイト
そこそこチャップリン(シリーズ特番)
放送時間 (第1回)土曜日 13:00 - 14:30(90分)
(第2回)日曜日 23:30 - 25:00(90分)
(第3回)日曜日 22:09 - 23:18(69分)
(第4回)日曜日 21:54 - 22:48(54分)
放送期間 (第1回)2015年6月13日
(第2回)2015年12月27日
(第3回)2016年4月3日
(第4回)2016年8月21日
外部リンク 公式サイト
ぐいぐいチャップリン(単回特番)
放送時間 金曜日18:55 - 20:50(115分)
放送期間 2016年9月23日(1回)
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

目次

概要編集

番組の発端は、同局で放送していた『そうだ旅(どっか)に行こう。』の打ち上げの席で、内村が「テレビ東京で若手芸人がネタ見せできる機会が作れたらいいよね」と呟いたことがきっかけ。その言葉をスタッフが真に受け、『そこそこチャップリン』(特番第1回)を実現させた。その際に内村は、「酔った勢いで軽く言ったんだけどね(笑)。それを水面下でここまでやっているとは」とコメントをしている[1]

この特番が好評だったことを受けて、2015年10月4日から深夜枠(日曜日 2:10 - 2:35)で『こそこそチャップリン』がレギュラー化された。

特番である『そこそこチャップリン』の第2回と第3回では、『こそこそチャップリン』で勝ち抜いて出場権を得た芸人と、テレビで“そこそこ”見かける人気芸人が出演した。

『こそこそチャップリン』は2016年4月2日から『じわじわチャップリン』として放送枠を移動(→土曜日 23:55 - 翌0:20)、同時に全国ネット化された[2]。 なお、全国ネット化後は、Cygamesの一社提供番組として放送されている。

2016年9月23日(18:55 - 20:50枠)には、初のゴールデンタイム特番として『ぐいぐいチャップリン』が放送された。

2017年4月9日からは、『にちようチャップリン』として放送時間帯を日曜日のプライムタイム枠(22:00 - 22:48)に移動、放送時間が拡大(→48分)された。

2017年7月30日(20:54 - 22:42枠)には、『にちようチャップリン』として初のゴールデン2時間特番『にちようチャップリン テレ東お笑いフェス2017』を放送する[3](通常より66分繰り上げ・60分拡大)。

2017年10月29日からは、12月24日までの9週にかけて「お笑い王決定戦2017」が開催された。

2018年3月には今一番面白い芸人16組からチャンピオンを決める「天下一トーナメント」が開催された。なお、この「天下一トーナメント」からゲストの出演が基本的には無くなった。

2018年4月1日からは、年末に開催予定のグランドチャンピオン大会で「お笑い王2018」を決めるネタバトル「1年ぶっ通し!お笑い王決定戦2018」[4]が開始された。同年10月から放送枠(→土曜日 23:55 - 翌0:20)と放送時間(→25分)が急遽[5]変更となり、それにともなって番組名も『そろそろ にちようチャップリン』と改題されたが、「1年ぶっ通し!お笑い王決定戦2018」は規模を縮小[6]して継続した。

ルール編集

『こそこそチャップリン』では毎回10数組の芸人を呼び、抽選で選ばれた4組の芸人がネタを披露できた。

抽選で選ばれた芸人が観客30人の前でネタを披露して、30人のうち20人以上が「面白い」と判定すれば勝ち抜きとなり、3週連続で勝ち抜いた芸人は、その後放送予定の特番への出演権が与えられた。なお、出演権を具象化したものとして、『こそこそチャップリン』では「ちっちゃい内村さん」(内村の全身写真を切り抜いた、胸ポケットに入る大きさの札)、『じわじわチャップリン』では相内が描いた内村の似顔絵バッジが与えられていた。しかし「面白い」と思う人が20人に満たなければ敗退となり、「たまり」と呼ばれる控えスペースにいる別の芸人と入れ替わった。入れ替わる芸人は、再度抽選によって選ばれた。

リニューアル後の『じわじわチャップリン』では観客が50人に増やされ、そのうちの30人以上が「面白い」と判定すれば勝ち抜きとなり、3週連続で勝ち抜いた芸人は、その後放送予定の「チャンピオン大会」への出場権が与えられた。また、番組最後にはふきだまり芸人数組から選抜された一発ギャグ披露のコーナーもあった。

さらに放送時間をそれまでの25分から48分に拡大してリニューアルした『にちようチャップリン』では、各回ごとにテーマにそった芸人による大会を開催したほか、「お笑い王決定戦」や「天下一トーナメント」などの田中卓志、井戸田潤と一般審査員(2017年度は100人、2018年度は46人)の審査による勝ち抜き戦も開催された。2018年度の「お笑い王決定戦2018」では、第1週から第3週までの予選では投票の得票上位2組が決勝進出となり、月毎の最終第4週に行われる決勝大会で月間チャンピオンを決めて、年末に開催予定の「グランドチャンピオン大会」で優勝を争う事になった。しかし、番組改編により放送時間が短縮された『そろそろ にちようチャップリン』では、10月と11月をあわせて第7回として予選3ブロック・決勝の各回を2週ずつ(前半・後半)に分けて開催する。

出演者編集

そろそろ にちようチャップリン編集

【MC】

【進行】

【特別審査員】

【出陣ブース担当】

【ナレーター】

過去の出演者編集

  • 綾部祐二ピース) 『じわじわチャップリン』まで進行を担当していた。ただし、『じわじわチャップリン』初回の2016年4月2日から2016年7月16日放送までは「大人の事情[7]」で出演していなかったが、2016年7月23日放送から復帰した。
  • 澤部佑ハライチ) 『じわじわチャップリン』まで進行を担当していた。ただし、『そこそこチャップリン』の第3回と第4回は裏番組に出演したため欠席した。
  • 十枝梨菜 第2回『そこそこチャップリン』では”そこそこガール”、『こそこそチャップリン』では”得点ガール”、『じわじわチャップリン』では”小悪魔ちゃん”として出演していた。
  • 日村勇紀バナナマン) 『にちようチャップリン』の2017年8月6日放送回から12月24日放送回まで番組の応援団長として、「応援団日村が行く タイトルコール100人言えるかな?」(街ゆく老若男女や芸人さんに声をかけて合計100人にタイトルコールをしてもらえたらロケ終了となるという番組のオープニング企画)を担当した。
  • 相内優香(テレビ東京アナウンサー) 『にちようチャップリン』2017年度まで進行などを担当していた。
  • 増田晋 『にちようチャップリン』でナレーションを担当した。
  • 黒人バックコーラス隊(ルツ、シャニータ、ジョニー) 『そこそこチャップリン』『じわじわチャップリン』でジングルや呼び出しを担当していた。[8]

放送リスト編集

特番放送編集

そこそこチャップリン編集

ぐいぐいチャップリン編集

定枠放送編集

こそこそチャップリン編集

じわじわチャップリン編集

にちようチャップリン編集

そろそろ にちようチャップリン編集

ネット局編集

じわじわチャップリン編集

放送対象地域 放送局 系列 放送時間 放送開始日 ネット状況
関東広域圏 テレビ東京 テレビ東京系列 土曜 23:55 - 翌0:20 2016年4月2日 制作局
北海道 テレビ北海道 同時ネット
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
長野県 信越放送 TBS系列 木曜 1:02 - 1:27 2016年4月21日 遅れネット

にちようチャップリン編集

放送対象地域 放送局 系列 放送時間 放送開始日 ネット状況
関東広域圏 テレビ東京[45] テレビ東京系列 日曜 22:00 - 22:48 2017年4月9日 制作局
北海道 テレビ北海道 同時ネット
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
滋賀県 びわ湖放送 独立局
奈良県 奈良テレビ
和歌山県 テレビ和歌山
三重県 三重テレビ 火曜 21:00 - 21:50 2017年5月23日 遅れネット
長野県 信越放送 TBS系列 火曜 23:56 - 翌 0:46 2017年5月9日
山形県 テレビユー山形 金曜 1:25 - 2:13 2017年5月12日
広島県 広島テレビ 日本テレビ系列 日曜 1:30 - 2:20 2018年3月18日[46]
  • 遅れネット局の三重テレビでは日曜放送ではないため、番組名の冒頭の放送曜日を意味する『にちよう』を取った『チャップリン』のタイトルで放送しているが、他の遅れネット局では番組名改題を行っていない(広島テレビでは遅れネットではあるも、テレビ東京系列同様に暦日上の日曜日に放送している)。
  • 三重テレビを除く独立局では、通常時同時ネットではあるが、あくまで番販ネットのため、自主編成(高校野球ハイライトなど)のために臨時非ネットまたは遅れネットとなることがある。

そろそろ にちようチャップリン編集

放送対象地域 放送局 系列 放送時間 放送開始日 ネット状況
関東広域圏 テレビ東京 テレビ東京系列 土曜 23:55 - 翌 0:20 2018年10月6日 制作局
北海道 テレビ北海道 同時ネット
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
滋賀県 びわ湖放送 独立局 日曜 0:30 - 0:55 2018年10月13日 遅れネット
奈良県 奈良テレビ 木曜 1:00 - 1:25[47] 2018年10月24日
和歌山県 テレビ和歌山 月曜 0:00 - 0:25[47] 2018年10月15日
三重県 三重テレビ 火曜 21:00 - 21:50[48] 2018年10月30日
山形県 テレビユー山形 TBS系列 土曜 1:25 - 2:13[49] 2018年11月3日
広島県 広島テレビ 日本テレビ系列 日曜 1:40 - 2:30[50] 2018年11月4日
長野県 信越放送 TBS系列 土曜 1:25 - 1:50 [49] 2018年11月17日[51]

スタッフ編集

※は『にちようチャップリン』から
  • ナレーター:増田晋(※)
  • 構成:内村宏幸鮫肌文殊(内村・鮫肌→共に途中から)、たかはC、松本健(建)一、水野守啓、小川でやんす、長谷川優(水野以降→※)
  • TD:吉田健吾、野瀬一成、村上岳文(村上→※)
  • VE:佐久間元貴、中山祐、長沼伸明、葛西雅弘、小出一貴、若林学、入江俊之(小出~入江→共に※)
  • CAM:野瀬一成、菊地裕介、丸山真平、吉田和雄、村上岳文、西村光平、吉田健吾、滝瀬勝彦、田中圭介、小張雄三
  • 音声:五十嵐公彦、佐藤達也、永久保仁志、星川真視、湯面由香里、光山由貴子、松岡努(光山・松岡→※)
  • 照明:井町成宏、長治憲明、宮尾淳一(長治・宮尾→※)
  • 美術:小野清菜(テレビ東京アート
  • 美術進行:仙田拓也(テレビ東京アート)
  • ロゴデザイン:木村郁也(※)
  • イラスト:ディビッド森(※)
  • 編集:木村有宏、幸山愛、沖野浩平(エスユー)、森聖治(BEAM)、平井剛、白田進児(アンサーズ)、今田隆之、三上大貴(ザ・チューブ
  • MA:阿世知貴彦、平山達也(エスユー)
  • TK(※):伊藤美紀
  • 音効:松田創(Thee BLUEBEAT、※)
  • 番宣:高倉木綿子(※)
  • デスク:門田理沙
  • AD:芝隆一、藤澤太朗、ホードル麻里奈、藤田紗矢香、川島崇史、小平翔之介、堀内春菜、志良堂ひかる、伊藤広大、前田柊子(芝~ホー、川島~前田→※)
  • AP:名古屋宏明、桑原美幸、長谷川侑里(名古屋~長谷川→※、長谷川→以前はAD)
  • ディレクター:丹川祥一、阿部和孝、山﨑(崎)博、徳江雄一、長谷川美典、植田郁子、河原一貴(阿部~植田→※、河原→以前はAD)
  • 演出:小比類巻将範、佐藤稔久
  • プロデューサー:清水俊雄、荻野和人(荻野→※)、西崎修一、安田友里(西崎・安田→※、安田→以前はAP)
  • 総合プロデューサー:伊藤隆行
  • チーフ・プロデューサー:髙野学(※)
  • 制作協力:極東電視台
  • 制作著作:テレビ東京

過去のスタッフ編集

  • ナレーター:相内優香・小島秀公(テレビ東京アナウンサー)
  • 構成:北本かつら
  • 美術:金森明日香(テレビ東京アート)
  • ロゴデザイン:定宗飛鳥、ドラゴンプーピクチャーズ
  • TK(※):山口佳奈絵
  • 音効:遠藤治朗(ネクストライ
  • 番宣:河村彩子
  • AD:小野木里穂、シッティコンロークリッサニー、大塚里美マリア
  • AP:井島あおい、宮木千佳、川島道子
  • ディレクター:内田潔、山際梨紗、小林圭子、三宅優樹、千葉博史、鈴木大二郎(鈴木→一時離脱)、赤堀哲也、高橋久直、中村慎吾、島袋亮太(島袋→一時離脱)、松本好恵(松本→以前はAD)(三宅~赤堀・島袋→※)
  • プロデューサー:中附智貴、中村昌哉、内藤三保子
  • チーフ・プロデューサー:加藤正敏(※)

脚注編集

  1. ^ 内村光良の“軽い一言”から誕生、テレ東ネタ番組「そこそこチャップリン」ナタリー 2015年5月27日
  2. ^ テレ東改編で内村がネタ番組レギュラーに、若林の文学バラエティはBSで始動ナタリー 2016年3月2日
  3. ^ “テレ東“祭り”第3弾は「お笑いフェス」 伊藤P「ブームに乗っかって」”. スポーツニッポン. (2017年7月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/16/kiji/20170716s00041000409000c.html 2017年7月24日閲覧。 
  4. ^ “「にちようチャップリン」通年バトルで“お笑い王”を決定!伊藤P「テレ東を“笑いの始まり”に」”. スポニチ Sponichi Annex. (2018年4月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/01/kiji/20180331s00041000563000c.html 2018年4月23日閲覧。 
  5. ^ 番組公式サイトのurlや舞台背景の裝飾が”nichiyou chaplin”のままだったり、”出陣ブース”の様子がまれで担当の近藤春菜や角谷アナウンサーの露出がほとんど無くなる等、もともと『にちようチャップリン』の10月分として撮り溜めた予選3週分を6週分に編集し直した事による影響が見られた。
  6. ^ 当初は10月と11月にもそれまでと同様に1回ずつ予選を開催する予定だったが、10月と11月で1回の予選を開催するとした。
  7. ^ コンビで直前の時間帯の追跡LIVE! Sports ウォッチャーに出演するなど。
  8. ^ “黒人バックコーラス隊 TV収録&コンサート出演!”. NGOゴスペル広場 (NGO Gospel-Hiroba). http://www.gospelhiroba.com/html/news_backchorus.html 2018年8月6日閲覧。 
  9. ^ 第3回と第4回は【プレゼンター】。
  10. ^ 第3回と第4回は裏番組出演の為、プレゼンターとしての出演はない。
  11. ^ 第3回と第4回は【見届け人】。
  12. ^ 第2回のみ。
  13. ^ 模範ネタとして出演。
  14. ^ 採点なし。
  15. ^ "モストそこそこパーソン"の略。
  16. ^ a b 裏番組出演の為、ハライチ澤部欠席。
  17. ^ 賞品としてCygamesより夢のタヒチ旅行が贈呈された。
  18. ^ 第1回から第9回まで多忙の為、等身大パネルでの出演。
  19. ^ 永野欠場のため、急遽出場。
  20. ^ 営業とのダブルブッキングを起こし、収録を欠場したため。
  21. ^ 番組のオープニングでは相内優香が内村光良の楽屋を訪れ、番組の年末特番「そこそこチャップリン」に出場予定者について報告した。エンディングでは内村に年末特番への出演を要請、了承を得て契約書を作成した。
  22. ^ 多忙の為、第16回まで欠席。
  23. ^ a b こそこそチャップリン勝ち抜きのため優先出場。ただし勝ち抜き数はリセット。
  24. ^ ふきだまり芸人の中から内村光良が指名した。
  25. ^ 内村の監督映画作品「金メダル男」の宣伝を兼ねての出演。
  26. ^ 毎回10組程度が30秒のネタ動画を、番組ホームページ及び動画配信サイト(YouTube)にアップ。公開後およそ1ヶ月間で最も視聴回数が多く、人気のあったNo.1芸人(YouTubeの視聴回数、再生時間、高評価といった数値をもとに番組独自の勝ち抜き指標を設定。番組推薦によって番組に出演する場合もある。)が、番組内のコーナー「これからチャップリン」の出演権を獲得するという企画。
  27. ^ 元祖!大食い王決定戦『爆食女王 下剋上戦記!!』 2017年5月14日(日)19:54~22:24
  28. ^ 『池上彰の都議選ライブ』 2017年7月2日(日)19:54~22:24
  29. ^ プロボクシング『ダブル世界タイトルマッチ』 2017年7月23日(日)19:54~22:09
  30. ^ ゴールデン2時間SP
  31. ^ 若手の「持て余している、素晴らしきかな無駄な特技」を数珠つなぎ式に紹介する企画。
  32. ^ 井戸田潤(スピードワゴン)欠席
  33. ^ テレビ出場権を賭けたインターネットネタ見せバトル「これからチャップリン」ネットオーディションで勝者となった人たち。
  34. ^ 同点のジャンケンで負ける。
  35. ^ 同点のジャンケンで勝つ。
  36. ^ 翌日4月16日から放送開始のドラマ『ヘッドハンター』の番宣で出演。
  37. ^ a b 同点1位の決勝ジャンケンで勝つ。
  38. ^ a b c 同点1位の決勝ジャンケンで負ける。
  39. ^ 『全仏オープンテニス』中継の延長で、90分繰り下げで放送。
  40. ^ 『全仏オープンテニス』中継の延長で、30分繰り下げで放送。
  41. ^ a b 『世界女子ソフトボール』中継の延長で、20分繰り下げで放送。
  42. ^ 同点2位の決勝ジャンケンで勝つ。
  43. ^ 同点2位の決勝ジャンケンで負ける。
  44. ^ 番組改編にともない、これまでの呼称を改める。
    4月チャンピオン→第1回チャンピオン
    5月チャンピオン→第2回チャンピオン
    6月チャンピオン→第3回チャンピオン
    7月チャンピオン→第4回チャンピオン
    8月チャンピオン→第5回チャンピオン
    9月チャンピオン→第6回チャンピオン
  45. ^ 21:54 - 22:00 でオープニングコーナー「みどころチャップリン」(以前は「にちようチャップリンみどころ」)を放送。
  46. ^ 音楽・バラエティ|広テレ!Web.広島テレビ.2018年3月16日閲覧。
  47. ^ a b タイトルは『そろそろ にちようチャップリン』のままで放送。
  48. ^ タイトルは『チャップリン』で変則放送。
  49. ^ a b タイトルは『にちようチャップリン』で変則放送。
  50. ^ タイトルは『そろそろ にちようチャップリン』のままで変則放送。
  51. ^ 2018年11月16日 信濃毎日新聞 テレビ欄

外部リンク編集

テレビ東京 日曜2:10 - 2:35(土曜深夜)枠
前番組 番組名 次番組
買物の時間
※2:10 - 2:40
【25分繰り下げて継続】
こそこそチャップリン
(2015年10月 - 2016年3月)
買物の時間
※2:10 - 2:40
【25分繰り上げて継続】
テレビ東京系列 土曜23:55 - 翌0:20枠
家、ついて行ってイイですか?
※23:55 - 翌0:50
【土曜19:54 - 20:54枠に移動】
じわじわチャップリン
(2016年4月 - 2017年3月 )
そろそろ にちようチャップリン
(2018年10月 - )
-
テレビ東京 日曜21:54 - 22:00枠
にちようチャップリンみどころ

みどころチャップリン
(2017年4月 - 2018年9月)
テレビ東京系列 日曜22:00 - 22:48枠
イチゲンさん“おはつ”できますか?
※21:54 - 22:48
にちようチャップリン
(2017年4月 - 2018年9月)
有吉ぃぃeeeee!
そうだ!今からお前んチでゲームしない?