にっぽんの歌

にっぽんの歌』(にっぽんのうた)は、テレビ東京が毎年大晦日と夏・秋に放送する演歌歌謡曲を中心とした音楽番組である。

目次

レギュラー版(1982年〜1989年)編集

テレビ東京における『にっぽんの歌』レギュラー版は、1982年10月25日から1989年3月28日まで放送された。司会は、玉置宏京唄子(1984年からは渡辺友子、1988年頃から1989年は大場久美子)。第1回よりステレオ放送。放送時間は次の通り。

放送期間 放送時間(JST
1982.10.25 1986.9.26 月曜21:00 - 21:54
1986.10.03 1988.3.25 金曜21:00 - 21:54
1988.4.6 1989.3.28 火曜21:00 - 21:54

なお、1971年から1977年にかけてテレビ朝日(当時:NETテレビ)が同名の番組(⇒にっぽんの歌 (NET)を参照)を放送している。

事実上の復活(2011年〜2016年)編集

レギュラー版の放送終了から22年後の2011年10月13日から『木曜8時のコンサート〜名曲!にっぽんの歌〜』が放送開始。サブタイトルに「にっぽんの歌」が入っており、事実上同番組の復活となっていた。その後2016年4月15日に金曜19時台に移動し『金曜7時のコンサート〜名曲!にっぽんの歌〜』に改題を経て同年9月9日まで5年間続いた。

番組の源流編集

この番組の源流は、1968年4月3日から1974年3月31日に同局の前身・東京12チャンネル[1]コロムビア・トップ・ライトの司会で放送された『なつかしの歌声』、さらに東京12チャンネル開局翌年1965年9月17日から1966年1月7日に放送された芥川隆行司会の『歌謡百年』まで遡ることができる。

この年末特集番組が放送されるようになった時期は1966年12月31日の『歌こそわがふるさと』が最初である[2]。2年後の1968年12月31日に『なつかしの歌声大会』という番組が放送され[3]、この番組が現在まで続く『年忘れにっぽんの歌』の第1回として起算されている。1969年に『なつかしの歌声・年忘れ大行進』というタイトルになりカラー放送へ移行(1969年から映像が残されている)。その後、『輝く日本の歌声・年忘れ大行進』(1975年)、『きらめく日本の歌声・年忘れ大行進』(1976~1979年)と改題。そして1980年より現在の『年忘れにっぽんの歌』というタイトルで放送されている。2000年の『年忘れ-』からハイビジョンで制作されている。

最近ではJ-POPアーティストの出演が多い『NHK紅白歌合戦』に代わって『年忘れ-』を大晦日の音楽祭の出演目標とする演歌歌手が増えている。ただ、常連だった歌手が故人になったり、また高齢化による出演辞退が増えてきたことにより、近年の当番組においてもテツandトモはなわ笑福亭鶴光左とん平(2008年『夏祭り-』)、小松政夫(同)といったコミックソングのヒット曲を持つお笑い芸人や田中健村上弘明(共に2008年『夏祭り-』)といった俳優が出演したり、松平健による「マツケンサンバ」全曲メドレーが行われるなど、これまでとは異なるようなキャスティングが行われるようになりつつある。

年忘れにっぽんの歌編集

 
2017年に『年忘れにっぽんの歌』の公開放送が行われる東京文化会館

『年忘れ-』の放送日は当初より毎年12月31日である(1998年(ここまで検証済み)〜2007年・2009年〜2014年の放送時間は17:00 - 21:30。2008年は後述の通り新宿コマ劇場最終公演記念として放送時間が1時間繰り上げ・拡大となり16:00 - 21:30)。かつては歌舞伎座明治座などで行われていた時期もあった。2008年までは新宿コマ劇場で行われ、同年12月31日閉鎖の際の最終興行として執り行われた。その後の2009年〜2014年は五反田ゆうぽうとホールで開催された。この番組は日本歌手協会会員歌手が一堂に集結する一大イベントでもあり、『NHK紅白歌合戦』(以下紅白)に出場しない演歌歌手も多数出演する。また、テレビ局では珍しい株主でも抽選で招待する番組でもある(もちろん一般視聴者からもはがきで募集して、抽選で招待している〈主要番組で応募要項テロップを流したり、ホームページに載せて紹介している〉)。

1980年代からオープニングとエンディングには、大東京音頭と最後の曲(1980年代ごろまでは蛍の光)を出演者全員で歌う習慣ができあがった。

2014年には、3元中継として放送。スペシャルゲストとしてはるな愛勢翔太、サポーターには東貴博(「和風総本家」)、柳原可奈子(「THEカラオケ★バトル」、「ドラGO!」)、すたーふらわー(「ふるさと再生 日本の昔ばなし」)が出演。さらに、THE ALFEE坂崎幸之助が進行を務める「フォーク居酒屋」なるコーナーが放送された。

2014年まで『年忘れ-』では、紅白出場歌手は開始からの前半に出演し、終了後順次NHKホールへ移動していた。また後半はこの番組のオリジナル出演者によるステージとなっている。 『夏祭り-』はリニューアルしたが、こちらは2011年も変わらずに放送されている。ただ、2001年より共同制作の名目で行われていたBSジャパンでのサイマル放送は、この回を以って打ち切りとなった。

2015年には上述のゆうぽうとが同年9月30日を以って閉鎖した事から会場をオリンパスホール八王子に変更。加えて従前の生放送から12月10日の事前収録による録画放送に変更となり、放送時間も15:00 - 17:55とそれまでの4時間半から2時間55分に短縮された事に加えてゴールデンタイムの放送から外れた[4]。これはゆうぽうとが閉鎖した事で東京23区内における観客席が2000人規模のホールがほぼ無くなってしまい、開催ホールが遠距離になったことにより当番組の出演者が紅白にも出場する際に間に合わなくなったためである(2016年問題)。2016年も中野サンプラザ12月14日の事前収録となるが、放送時間は16:00 - 19:00と1時間程度繰り下がった。2017年は東京文化会館で12月6・7日の2日間に分けて収録予定。

夏祭りにっぽんの歌編集

 
2006年より『夏祭りにっぽんの歌』の公開放送が行われている中野サンプラザ

他方、毎年夏にも『夏祭りにっぽんの歌』が放送されている。この番組は1970年に『なつかしの歌声・郷愁の歌まつり』として開始。1979年に『なつかしの歌声・第10回記念夏の紅白大行進』と改題されたが翌1980年以降は現在まで続く『夏祭りにっぽんの歌』として定着した。会場は国際劇場練馬文化センター、ゆうぽうとなどを経て2006年からは中野サンプラザで開催されている。こちらの方もかつては藤山一郎らを始めとする「戦前派」(~1950年代頃)の人気歌手が中心となっていたが、近年では1950年代までの流行歌手の出演機会は故人となっている歌手も多いためか減少し、1960年代1980年代に人気を集めた歌手や演歌歌手が主な出演者となっていた。 放送時期は当初から一定していなかったが、第29回(1998年)から7月の第1金曜日〈ただし第30回〈1999年〉は第2)に固定された。なお、第8回(1977年)から第19回(1988年)までの間は2部構成で放送されていた。また、第13回(1982年)からステレオ放送に移行した。

2011年には番組のパワーアップを目的に、タイトルを『プレミア音楽祭2011夏〜頑張ろう!にっぽんの歌〜』に変更、演歌・歌謡曲以外のジャンルのアーティストも出演する特別番組として再出発することになった。なお、『プレミア-』の第1回は2011年7月1日に『夏祭り-』と同じく中野サンプラザで生放送され[5]、地上波(TXN各局と一部独立局)とBSジャパンの同時放送もこれまで通り行われた。

2012年から2015年まではレギュラー番組『木曜8時のコンサート〜名曲!にっぽんの歌〜』の特別版として『木曜8時のコンサート〜夏祭りにっぽんの歌〜』を2週連続で放送。このため結果として第19回(1988年)以来24年ぶりに2部構成での放送となった。また、中野サンプラザでの公開放送こそ継続されるものの、それまで生放送だったものがこれより収録となり、BSジャパンでのサイマル放送も打ち切られた。なお、2013・2016年は1週のみの放送となったほか、2016年は『日曜ビッグバラエティ』枠で放送。2017年は7月5日に収録されたが、放送は8月12日 11:03 - 14:00と2015年以降の『年忘れ-』同様ゴールデンタイムから外れた。

一方、2011年にスタートした『プレミア-』は『夏祭り-』とは別番組として2013年まで放送され、2014年以降は、後継番組となる『テレ東音楽祭』が放送されている。

テレビ東京では、『夏祭りにっぽんの歌』の放送回数について、1970年放送の『なつかしの歌声・郷愁の歌まつり』を第1回として起算し、上述の『プレミア-』の2011年放送分を含みカウントしている。

秋祭りにっぽんの歌編集

2016年9月19日の14:00 - 16:00の枠にて『秋祭りにっぽんの歌2016』と題して[6]放送された。 収録は、中野サンプラザを会場に7月13日に『夏祭りにっぽんの歌2016』(8月14日放送)、翌7月14日に当番組と2日連続で行われた。

春祭りにっぽんの歌編集

2017年3月9日テレビ大阪開局35周年記念として梅田芸術劇場で収録され、同年3月16日19:58 - 21:48に放送された[7]

スペシャル版放送日編集

夏祭りにっぽんの歌
放送日 会場 大トリ 大トリ(第2部時)
1 1970年8月4日 サンケイホール 東海林太郎「野崎小唄」
2 1971年8月8日 東海林太郎「野崎小唄」
3 1972年8月13日 東京厚生年金会館 東海林太郎「国境の町」
4 1973年7月15日 藤山一郎酒は涙か溜息か
5 1974年7月7日 中野サンプラザ 藤山一郎「夢淡き東京」
6 1975年7月6日 文京公会堂 藤山一郎「長崎の鐘
7 1976年7月4日
8 1977年7月3日7月10日 国際劇場 田端義夫「ふるさとの燈台」 藤山一郎「東京ラプソディー
9 1978年7月8日7月9日 霧島昇誰か故郷を想わざる 藤山一郎「夢淡き東京」
10 1979年7月14日7月15日
11 1980年7月5日7月6日
12 1981年7月11日7月12日
13 1982年7月18日7月19日 ゆうぽうと
14 1983年7月17日7月18日 練馬文化センター
15 1984年7月13日7月14日
16 1985年7月22日7月26日
17 1986年7月21日7月28日 中野サンプラザ
18 1987年7月20日7月27日
19 1988年7月21日・7月23日
20 1989年7月25日
21 1990年7月16日 ゆうぽうと
22 1991年7月15日
23 1992年7月13日
24 1993年7月20日
25 1994年7月26日
26 1995年7月26日
27 1996年7月5日 ゆうぽうと 二葉あき子恋の曼珠沙華
28 1997年7月14日 二葉あき子「夜のプラットホーム
29 1998年7月3日
30 1999年7月9日
31 2000年7月7日
32 2001年7月6日 島倉千代子人生いろいろ
33 2002年7月5日 大津美子ここに幸あり
34 2003年7月4日 ペギー葉山学生時代
35 2004年7月2日 五木ひろし山河
36 2005年7月1日 橋幸夫いつでも夢を
37 2006年7月7日 中野サンプラザ 橋幸夫「盆ダンス」
38 2007年7月6日 五木ひろし「夜空
39 2008年7月4日 前川清「男と女の破片」
40 2009年7月3日 北島三郎まつり
41 2010年7月2日 オペラ歌手4人「
42 2011年7月1日 五木ひろし・小椋佳山河
43 2012年8月2日8月9日 石川さゆり風の盆恋歌 五木ひろし「契り
44 2013年8月1日 八代亜紀「おんな港町
45 2014年7月31日8月7日 大月みやこ「女の駅」 八代亜紀「もう一度逢いたい
46 2015年8月13日・8月20日 五木ひろし「長良川艶歌 小林幸子おもいで酒
47 2016年8月14日 八代亜紀「しのび恋
48 2017年8月12日 小林幸子「千本桜
 
年忘れにっぽんの歌
放送日 会場 大トリ
1 1968年12月31日 神田共立講堂 東海林太郎「野崎小唄」
2 1969年12月31日 歌舞伎座 東海林太郎「赤城の子守唄
3 1970年12月31日 東海林太郎「野崎小唄」
4 1971年12月31日 東海林太郎「野崎小唄」
5 1972年12月31日 藤山一郎「東京ラプソディー」
6 1973年12月31日 藤山一郎「東京ラプソディー」
7 1974年12月31日 藤山一郎「丘を越えて」
8 1975年12月31日 藤山一郎「丘を越えて」
9 1976年12月31日 藤山一郎「東京ラプソディー」
10 1977年12月31日 藤山一郎「丘を越えて」
11 1978年12月31日 藤山一郎「青い山脈」
12 1979年12月31日 淡谷のり子別れのブルース
13 1980年12月31日 淡谷のり子「愛の賛歌」
14 1981年12月31日 藤山一郎「青い山脈」
15 1982年12月31日
16 1983年12月31日
17 1984年12月31日
18 1985年12月31日 歌舞伎座・テレビ東京
19 1986年12月31日 歌舞伎座
20 1987年12月31日
21 1988年12月31日
22 1989年12月31日
23 1990年12月31日 藤山一郎「夢淡き東京」
24 1991年12月31日 新宿コマ劇場
25 1992年12月31日
26 1993年12月31日
27 1994年12月31日
28 1995年12月31日 並木路子「リンゴの唄」/「いつでも夢を」
29 1996年12月31日 新宿コマ劇場・テレビ東京 二葉あき子「さよならルンバ」
30 1997年12月31日 明治座・テレビ東京
31 1998年12月31日 明治座
32 1999年12月31日 並木路子「リンゴの唄」
33 2000年12月31日 並木路子「リンゴの唄」
34 2001年12月31日 新宿コマ劇場
35 2002年12月31日
36 2003年12月31日 松山恵子お別れ公衆電話
37 2004年12月31日 青木光一柿の木坂の家
38 2005年12月31日 水前寺清子365歩のマーチ
39 2006年12月31日 橋幸夫「恋をするなら
40 2007年12月31日 ペギー葉山「南国土佐を後にして
41 2008年12月31日 八代亜紀舟唄
42 2009年12月31日 ゆうぽうと ペギー葉山「学生時代」
43 2010年12月31日 八代亜紀「おんな港町」
44 2011年12月31日 大津美子ここに幸あり
45 2012年12月31日 島倉千代子「からたち日記
46 2013年12月31日 ペギー葉山学生時代
47 2014年12月31日 八代亜紀「もう一度逢いたい
48 2015年12月31日 オリンパスホール八王子 北島三郎風雪ながれ旅
49 2016年12月31日 中野サンプラザ 五木ひろし山河
50 2017年12月 東京文化会館 (未定)

参考資料編集

  • 第41回「年忘れ-」は放送日が新宿コマ劇場営業最終日となったため、番組のエンディングで「新宿コマ劇場 52年間夢をありがとう」というテロップが表示された。

歴代の司会者編集

レギュラー版(1982年~1989年)編集

夏祭り・年忘れ(スペシャル)版編集

大東京音頭編集

  • かつて、「夏祭り~」では『大東京音頭』(作詞:滝田常晴、補作:藤田まさと、作曲:遠藤実)を出演者全員で歌うことが慣わしだった。この曲は東京12チャンネル(現・テレビ東京)の企画で制作されたもので、レコード各社により競作された。

レコード編集

スタッフ編集

第49回年忘れにっぽんの歌編集

  • 構成:青島利幸
  • 音楽・指揮:義野裕明福嶋頼秀
  • 演奏:サウンドギャラクシー、フラワーアンサンブル
  • 演出補:真船佳奈、杉田美都
  • ディレクター:柴幸伸、宇賀神敬行、沼尻高明、三富達郎(沼尻・三富→以前は共にロケディレクター)
  • 演出:山田耕三
  • プロデューサー:井関勇人、宮川幸二、牛原隆一(牛原→一時離脱→復帰)、星俊一(星→以前はディレクター)
  • チーフプロデューサー:縄谷太郎(第49回)
  • 製作著作:テレビ東京
過去のスタッフ
  • 構成:松原史明
  • 音楽・指揮:荒木圭男京建輔
  • 演出補:板川侑右、佐藤裕奈、植田郁子、藤井和真
  • チーフプロデューサー:大原潤三、関光晴(関→以前はプロデューサー)

第48回夏祭りにっぽんの歌編集

  • 構成:松原史明(松原→以前は構成→スーパーバイザー)、青島利幸
  • 音楽・指揮:義野裕明(義野→以前は音楽のみ)、福嶋頼秀
  • 演奏:サウンドギャラクシー、フラワーアンサンブル
  • 演出:横矢直樹
  • プロデューサー:井関勇人、宮川幸二、勝田昭、長田剛
  • 制作協力:ウィニング・ランエムファーム
  • 製作著作:テレビ東京
過去のスタッフ(夏祭りにっぽんの歌)
  • 音楽:蔦将包、京建輔
  • 指揮:豊岡豊
  • ディレクター:只野研治
  • 演出:吉川正孝、山田耕三
  • プロデューサー:高橋康久、倉持輝男、大島信彦、関光晴、牛原隆一
  • チーフプロデューサー:大原潤三
  • 制作協力:BSジャパン

備考・その他編集

  • 1985年7月福島テレビでは『三枝の愛ラブ!爆笑クリニック』(関西テレビ)を打ち切り、新番組として『にっぽんの歌』を最終回の直前回まで放送した(最終回は2時間特番であるため分割されず放送もされなかった)。ここでの後番組は『クイズ地球まるかじり』(テレビ東京)となり、長らく火曜22時はフジ系番組の差し替えが続いた。
  • 「年忘れ〜」においては、 平成新局が多数開局されるまで、また『NHK紅白歌合戦』や『日本レコード大賞』が高視聴率をあげ自系列局にキラーコンテンツがない頃は準キー局・マストバイ局以外のNET~テレビ朝日・フジ・日テレ系の地方局(特に2~3局地域のクロスネット局)が同時・時差ネットを、同時ネット不可能なマストバイ局のみの地域では深夜枠で時差ネットをして全国をほぼカバーしていた。またテレビ大阪開局前はサンテレビKBS京都にも同時ネットし、MBSでも日付が変わって元旦になってから未明に放送していた他、テレビ愛知開局前は中京テレビでも元旦未明に放送されていた。これはテレビ東京が中京広域圏の多くの人に見てもらうため、以前から関係の深かった中京テレビに優先してネットさせたためで、このためテレビ東京からの同時ネット率が高かった岐阜放送三重テレビでは放送されなかった。
  • 現在はTXN系列の他、びわ湖放送奈良テレビテレビ和歌山ぎふチャン三重テレビで同時ネットで放送されている(放送局の編成の都合により非ネットの場合もある)。
  • 一部系列外局では後日番組販売の形で通しで、あるいは前・後編に分けて録画放送する局(石川テレビなど)や、短縮編集版を放送する局もある。
  • 青森テレビ東北放送などでは『年忘れ-』を1月1日未明(12月31日深夜)に時差・短縮放送していたが、2006年(2005年)以降は行われていない[8]。現在1月1日未明に時差ネットを行っていた局における当該時間帯は、キー局番組の同時ネットなどを放送している。
  • 2001年に共同制作の名目でBSジャパンとのサイマル放送を開始。以降BS受信設備さえあれば日本全国隈なく視聴可能となり、地上波との間で共通化が図られていたが、そのCM枠も、2008年の『第39回夏祭り-』頃(世界金融危機の影響が表面化し始めた時期とほぼ重なる)よりBS側への番組提供を取り止めるスポンサーが急増。その傾向が更に顕著となった2010年の『第41回夏祭り-』では、BSジャパンでもCMの放映を行った地上波スポンサーは僅か2社に留まった。
  • 加えてBSジャパンでの放送も2011年を最後に終了。TXN系列の放送エリア内でありながら中継局がなくケーブルテレビを含めて直接受信できない地域やTXN系列がなく、かつ番組販売も行われない地域では再び視聴できない状況となっている。なお、2012年にテレビ北海道の中継局が開局済あるいは試験放送を行なっている地区では滑り込みで実質BSから地上波へ引き継がれる形となった。

脚注編集

  1. ^ 当時は日本科学技術振興財団テレビ事業本部が運営。1973年11月1日から株式会社東京十二チャンネルに放送免許継承。
  2. ^ 朝日新聞(東京版) 1966年(昭和41年)12月31日朝刊テレビ欄参照
  3. ^ 朝日新聞(東京版) 1968年12月31日朝刊テレビ欄参照
  4. ^ 「年忘れにっぽんの歌」事前収録で放送 デイリースポーツ 2015年11月27日閲覧。
  5. ^ テレ東“夏の風物詩”42年目のリニューアル スポーツニッポン 2011年5月27日
  6. ^ 秋祭りにっぽんの歌2016 テレビ東京番組表、2016年9月12日閲覧
  7. ^ テレビ東京のみ19:53 - 19:58に『春祭りにっぽんの歌 みどころ』も別途放送。
  8. ^ 2011年の『年忘れ-』は北陸放送が2012年2月12日に短縮編集されたものを放送。ただし、タイトルは『恒例!にっぽんのうた ヒットパレード』と改題されていた。

外部リンク編集