メインメニューを開く
ねりくり

ねりくりは、鹿児島県宮崎県郷土料理。地域によってはねったぼねったくりからいも餅などとも呼ばれる[1]

目次

概要編集

ゆでたと蒸したサツマイモを合わせて作る芋餅の一種である[1]。正月に余って硬くなったや水餅などを使って作られ、食べる時にはきな粉をまぶして食する[2]。宮崎県では主に都城市付近で食されるという[1]

製法編集

洗ったあと、皮をむいて粗く切ったサツマイモを鍋に入れ、ひたひたからかぶるくらいの水を張って茹でる。サツマイモが柔らかくなり始めたら餅を加えて、サツマイモと餅が柔らかくなるまで茹でる。茹で上がったらお湯を切り、塩少々を加えてすり鉢で丁寧につき混ぜる。サツマイモと餅がむらなく混ざったら適当な大きさにちぎり、きな粉をまぶして食べる。[3][4]別に小豆餡を作っておき、中に入れる場合もある。

脚注編集

  1. ^ a b c 豊田謙二監修 『九州宝御膳物語 おいしい郷土料理大事典』、西日本新聞社、2006年、75ページ
  2. ^ 全国料理研究会柊会 『日本の郷土料理』、ドメス出版、1974年、340ページ
  3. ^ ねりくり Archived 2016年3月4日, at the Wayback Machine.
  4. ^ ねりくりみんなのきょうの料理

関連項目編集