のらくろクンとは、1987年10月4日から1988年10月2日までフジテレビ系列で放送されたスタジオぴえろ制作のテレビアニメ田河水泡原作の『のらくろ』を現代版にリメイクしたものである。毎週日曜日の18:00-18:30枠で放送されていた。全50話。

のらくろクン
Norakuro kun logo.png
ジャンル コメディ
アニメ
原作 田河水泡
監督 案納正美
シリーズ構成 浦沢義雄
キャラクターデザイン もりやまゆうじ
音楽 本間勇輔
アニメーション制作 スタジオぴえろ
製作 フジテレビ読売広告社
スタジオぴえろ
放送局 フジテレビ系列
放送期間 1987年10月4日 - 1988年10月2日
話数 全50話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

あらすじ編集

社会を共存する、架空日本。のら山一家のくろ吉(のらくろ大尉)とのらくろ()は、ひょんな事から木下家に同居する事になった。バブル時代を舞台に少年とのらくろクンの生活を描く。

登場人物編集

レギュラー編集

のらくろ一家編集

のらくろクン
声 - 坂本千夏
本作の主人公。元祖のらくろこと、のら山くろ吉の孫。ガンコで元気な祖父に振り回されながら、それでも明るくたくましく生きている。ブレイクダンスが得意。
のら山 くろ吉
声 - 八奈見乗児
のらくろクンの祖父で、バリバリの戦中派。元は陸軍大尉にして中隊長[注 1]。歳はとっているが、軍人としての誇りを失っておらず、まだまだ世の中の役に立てる自信も元気もあると自負している。隣人であるリカに一目ぼれ。

木下家編集

木下 圭太
声 - 三田ゆう子
木下家の一人息子。10歳。おかしな下宿人に最初は戸惑うが、すぐにのらくろと友だちになり、後には騒ぎの中心にいたりするようになる。とても臆病な性格であるが、時にはのらくろクンと共にいじめっ子の嵐暴に立ち向かうなど勇気を見せることがある。
木下 圭子
声 - 土井美加
木下家の主婦で、圭太のママ。30歳。家のローンとくろ吉たちの暴走には頭をいためながら、けなげにも木下家を守る縁の下の力持ち。
木下 圭介
声 - 玄田哲章
木下家の主で、圭太のパパ。眼鏡をかけた39歳の平凡な役所勤めのサラリーマン。一家のよき父、よき夫であるが、のらくろたちが下宿してからは、ややペースが乱れ気味。

沢口家編集

沢口 リカ
声 - 松井菜桜子
木下家の隣家に住んでいる元気印の女の子。日夜エアロビなどスポーツに励み、ナイスバディの発育と保持に余念がない。髪は紫色である。
沢口 お梅
声 - 千葉繁
リカの祖母で、今どきの若者をしのぐスーパーおばあちゃん。その迫力は、くろ吉でさえタジタジになることも。光GENJIの大ファン。
なお、リカの両親に関しては劇中では語られなかった。

元・猛犬連隊編集

ブル
声 - 滝口順平
くろ吉の元上官で当時は連隊長大佐)。品のある老紳士だが、軍隊時代の鉄の気骨はまったく衰えていない。時々くろ吉、犬川を従えて、暴走することもある。
犬川
声 - 亀山助清
くろ吉の元部下で当時は二等兵飛行機パイロットとして抜群の腕を持つ。普段は気のいいおじいちゃんだが、酒グセはけっこう悪かったりする。

準レギュラー編集

ジミーブタ川
声 - 緒方賢一
くろ吉やのらくろの宿敵で関西弁で喋る[注 2]。元は豚軍の大将で、登場当初はヤクザ親分であったが、第21話でマジメに再出発を試みるも、自分には似合わないと感じて以降は怪盗となる。いつもセコイ悪事[注 3]をやっては失敗しているが、それでも貯金はしてたらしく、第49話でキノコ山を切り開いてヘルスセンターをオープンした[注 4]
嵐暴
声 - 安西正弘
圭太のクラスメイトで、大柄な少年。いつも笑顔だが粗暴で陰険ないじめっ子。でも松本先生には敵わない。
新小岩博士
声 - 北村弘一
街のマッドサイエンティスト。第24話から登場した。いつも変な研究に没頭している。
松本 ちぐさ
声 - 中野聖子
圭太と嵐暴のクラスの担任。第26話から登場した。見た目の美貌とは裏腹に、プロレスラー一家に育ったせいか、ゴング音やリング入場曲のような音楽、「赤コーナー、ティーチャー松本!」のようなコールを聞き、興奮すると恐るべき力を発揮する。
末期はのらくろクンとブタ川の話がメインになったため、旧友・金次郎(声 - 関俊彦)との交流を描いた第44話が最後の登場[注 5]

ゲストキャラ編集

ルー兄弟
声 - 関俊彦(ライ太)、難波圭一(マッチ)
第28話でのらくろクン・圭太の行き付けのラーメン屋「来々軒」(主人の声 - 稲葉実、孫・ユカの声 - 渡辺菜生子)の前に、ゴージャスラーメン屋「ルールー亭」をオープンした双子兄弟。赤毛がライ太で緑毛がマッチ。
味自体は大した事はないものの、そのゴージャスさで来々軒の客を根こそぎ奪い、おまけに来々軒をも買収しようと企て、来々軒を守ろうとするのらくろクン・圭太と奥秩父の「ラーメン谷」でラーメン・チャーハン100人分の味勝負。圧倒的な腕で100人前を作り上げるも、犬川の飛行機・ブルの戦車・くろ吉の刀技で作り上げた麺、そしてコンクリートミキサーで作り上げたチャーハンに敗れる。
チャーラーハン
声 - 西川幾雄
第28話で味勝負の見届け人となった料理人。通称「幻の包丁人」。中国の山奥で一人修行に励み、料理の腕は優秀だが彼の料理を食べた人は少ないという。
明々(ミンミン)
声 - 西原久美子
第33話でのらくろが全世界をめぐってジミーを追いかけて中国まで来たとき、出会った中国人女性。のらくろたちを丁重にもてなして食堂で父親の肖像画を見せ、「父は生前、盗みを働いて気配りの一環で偽物とすり替えていたが病気で亡くなる前に「明々よ、あの盗品を本物に戻してくれ…」と遺言を言い残した」と話した後、亡き父に代わってのらくろたちに全ての盗品を現地に戻すように頼んだ。
クエストの遂行後、のらくろに謝礼を上げるどころか落とし穴に落とし[注 6]、自家用機に乗って南の島へ行こうとするが、地下から脱出したのらくろにヘリで追跡されて空中戦になり撃墜される。不時着後、のらくろに探偵棒でお仕置きされそうになったが、ジミーがのらくろをKOして明々に「あの美しい夕日を見て目を覚ましや!」と言い聞かせる。明々は「ブタ川さん…あなた好みの“明々”に…なるわー!」と豚の顔になって更生して、その顔を見て「わても目が覚めた!!」と逃げたジミーを追いかけ続けた。

スタッフ編集

主題歌編集

オープニングテーマ
『You!You!You!』(第1話 - 第32話)
作詞 - 森雪之丞 / 作曲 - 羽田一郎 / 編曲 - 大村雅朗 / 歌 - BaBe
『JUNK BOY』(第33話 - 第50話)
作詞 - MEGU / 作曲 - 多々納好夫 / 編曲 - 佐藤準 / 歌 - MEGU
エンディングテーマ
『Hold Me!』(第1話 - 第32話)
作詞・作曲 - Fonny De Wolf / 日本語詞 - 森雪之丞 / 編曲 - 大村雅朗 / 歌 - BaBe
『BE MY BOY!』(第33話 - 第50話)
作詞 - 浅岡智子 / 作曲 - 大堀薫 / 編曲 - 大村雅朗 / 歌 - MEGU

各話リスト編集

  • サブタイトル読み上げはのらくろクン役の坂本千夏が担当。
  • サブタイトルクレジット部はのらくろクンの顔のアップ映像[注 7]。なお第5話まではBGMが異なっていた。
  • 第1話のみOPとAパートの放送フォーマットが異なっている[注 8]
放送日 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 1987年
10月4日
来たぞ!恐怖の下宿人!! 浦沢義雄 八尋旭 日高麗 大坂竹志
2 10月11日 怪盗出現!石川五ェ門の謎 石山タカ明 川端宏
3 10月18日 恐怖のヤッチャン草野球! 菅良幸 立場良 大坂竹志
4 10月25日 大迷宮!地下財宝を探せ!! 久島一仁 鴫野彰 日高麗 池上裕之
5 11月1日 カンヅメ生まれの桃太郎!? 浦沢義雄 青木佐恵子 大坂竹志
6 11月8日 秋に恋する純情ヤッチャン 菅良幸 石山タカ明 川端宏
7 11月15日 ドラキュラの夢はいつ開く 富田祐弘 立場良 池上裕之
8 11月22日 消えた!?フランス人形 浦沢義雄 鴫野彰 日高麗 増谷三郎
9 11月29日 誕生!?ママさんシンデレラ 久島一仁 石山タカ明 川端宏
10 12月6日 ま昼のニャンニャン騒動!! 富田祐弘 立場良 大坂竹志
11 12月13日 とってもいい奴キント雲 菅良幸 鈴木敏明 内山正幸
12 12月20日 夜空に輝くサンタの星!! 浦沢義雄 阿部紀之 池上裕之
13 12月27日 いきなり!!お坊っちゃま 菅良幸 影山楙倫 吉田恵美子
14 1988年

1月10日

ブタ川からお年玉を守れ!! 浦沢義雄 青木佐恵子 大坂竹志
15 1月17日 ホッカホカ!!嵐を呼ぶ温泉 久島一仁 河原祐二 大坂竹志
池上裕之
16 1月24日 猛特訓!早起きはつらいよ 浦沢義雄 立場良 増谷三郎
17 1月31日 怪奇五つ墓村のタタリじゃ 菅良幸 石山タカ明 大坂竹志
18 2月7日 ユリちゃんはズボンがお好き 小西川博 鈴木敏明 平岡正幸
19 2月14日 涙!!涙のバレンタイン!! 菅良幸 阿部紀之 増谷三郎
20 2月21日 圭太くんの日曜日はダメよ 橋本裕志 影山楙倫 吉田恵美子
21 2月28日 悪の不死鳥ジミー・ブタ川 浦沢義雄 青木佐恵子 大坂竹志
22 3月6日 戦え!ウルトラ圭太マン 久島一仁 河原祐二 増谷三郎
23 3月13日 リカのオバケ・バスターズ 金堂修一 石山タカ明 戸部敦夫
24 3月20日 JR宗武線新小岩博士!! 浦沢義雄 八尋旭 阿部紀之 大坂竹志
25 3月27日 ブタ川さんはデブの女王!? 鈴木敏明 平岡正幸
26 4月10日 史上最強の熱血先生!! 菅良幸 広川和之 豊増隆寛
27 4月17日 エッ!のらくろがいっぱい 小西川博 青木佐恵子 増谷三郎
28 4月24日 熱湯!ラーメン谷の決戦!! 橋本裕志 石山タカ明 石山タカ明
阿部紀之
戸部敦夫
29 5月1日 ナマズのぼりの子供の日! 久島一仁 鈴木敏明 平岡正幸
30 5月8日 恋しのパンダ大レース!! 富田祐弘 河原祐二 大坂竹志
31 5月15日 激突!お見合いバトル!! 浦沢義雄 阿部紀之
32 5月22日 帰って来た迷惑ロボット! 菅良幸 河原祐二
33 5月29日 あぶない中華トリック!! 浦沢義雄 青木佐恵子 増谷三郎
34 6月5日 花の大江戸のらくろ親分!! 小西川博 石山タカ明 大坂竹志
35 6月12日 お見合いスターウォーズ!! 菅良幸 鈴木敏明 平岡正幸
36 6月19日 新小岩のパパと呼ばないで 久島一仁 香川豊 大坂竹志
37 6月26日 母よ、あなたもブタだった 浦沢義雄 阿部紀之
38 7月3日 ボクはママにしかられたい 河原祐二 戸部敦夫
39 7月10日 ナント!圭太君は信玄!! 橋本裕志 立場良 青木佐恵子 増谷三郎
40 7月24日 走れ!パパのラーメン屋台 菅良幸 河原祐二 鈴木敏明 平岡正幸
41 7月31日 完全攻略!のらクエIII!! 小西川博 石山タカ明 大坂竹志
42 8月7日 名作!!老人とボクと海 久島一仁 阿部紀之 戸部敦夫
43 8月14日 君は心のウシだから 浦沢義雄 河原祐二 大坂竹志
44 8月21日 ちぐさ先生、愛の伝説 菅良幸 青木佐恵子
45 8月28日 マヨネーズは友情の味!! 浦沢義雄 河原祐二 鈴木敏明 平岡正幸
46 9月4日 わかった!メダルの秘密 久島一仁 阿部紀之 増谷三郎
47 9月11日 兄弟ってむつかしい!? 菅良幸 河原祐二 戸部敦夫
48 9月18日 リカちゃんの恋人選び! 浦沢義雄 石山タカ明 大坂竹志
49 9月25日 自然を返せ!妖怪大キノコ 河原祐二
50 10月2日 さよならなんて言えない 八尋旭 青木佐恵子

公式グッズ編集

  • 『のらくろクン 音楽編』
    • オリジナルのサウンドトラックCDで、1987年11月21日にポニーキャニオンより発売された。どの曲も秀逸な完成度で評判が高いが、現在は廃盤になっているためプレミアが付いている。なお「サスペンス・タッチ?」の曲は、現在『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)で「鑑定中」のBGMとして使用されている。
  • 『のらくろクン』時計シリーズ
    • リズム時計工業から発売されたが、アニメの放送終了と同時に発売休止となっている。
  • 『のらくろクン』ビデオシリーズ
    • テレビアニメ放送時に、傑作選として発売されたが、現在は廃盤。発売元はエスピーオー
  • 『のらくろロック』(製造・販売元 / 株式会社 タカラ(現・タカラトミー))
    • 音楽に合わせて踊る。
  • ショウワのぬりえ『のらくろクン』(製造・販売元 / ショウワノート株式会社)
    • B5サイズ・ページ数は32。

放送局編集

※放送日時は1988年10月終了時点、放送系列は放送当時のものとする[1]

放送地域 放送局 放送日時 放送系列 備考
関東広域圏 フジテレビ 日曜 18:00 - 18:30 フジテレビ系列 制作局
北海道 北海道文化放送
宮城県 仙台放送
秋田県 秋田テレビ
山形県 山形テレビ
福島県 福島テレビ
新潟県 新潟総合テレビ 現・NST新潟総合テレビ
長野県 長野放送
静岡県 テレビ静岡
富山県 富山テレビ
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
島根県鳥取県 山陰中央テレビ
岡山県・香川県 岡山放送
広島県 テレビ新広島
愛媛県 愛媛放送 現・テレビ愛媛
福岡県 テレビ西日本
佐賀県 サガテレビ
熊本県 テレビ熊本 フジテレビ系列
テレビ朝日系列
沖縄県 沖縄テレビ フジテレビ系列
青森県 青森放送 木曜 17:00 - 17:30 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
山梨県 山梨放送 火曜 16:00 - 16:30 日本テレビ系列 1988年9月までは火曜 17:00 - 17:30に放映。
山口県 テレビ山口 月曜 17:00 - 17:30 TBS系列

漫画版編集

コミックボンボン講談社)1987年10月号 - 1988年08月号にて連載された(作画・かぶと虫太郎)。

その他編集

  • 原作者の田河は存命中であった[注 10]
  • テレビ雑誌の中には、「のらくろン」と誤植した誌もあった。
  • 当番組開始時、サンテレビがフジテレビの旧作『のらくろ』を購入して放送を開始した。
  • 前作『あんみつ姫』のあんみつ姫が、第30話で源内・ジュリーと共に通行人役でカメオ出演、また第36話では夜店で売られているお面の一つとして登場している。
  • おそ松くん』の第15話「命の恩は高くつくザンス」で、のらくろクンがカメオ出演している。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ アニメでは上等兵となっている。
  2. ^ 一人称は「ミー」
  3. ^ パラボラアンテナを盗むなど。
  4. ^ ゆくゆくは一大観光施設に発展させようとしていたが、この行動は自然の怒りを買う結果となり、施設が破壊されるなどの甚大な被害を受けた。
  5. ^ この回で年齢が「23歳」である事が判明している。
  6. ^ 実は明々が話したのは全くの作り話で、のらくろを利用して偽物と摩り替えさせた。
  7. ^ 第23・34・48話は別バージョンが使用された。
  8. ^ 第2話以降は「OP」→「提供クレジット」→「CM」→「サブタイトル&Aパート」だが、第1話は「サブタイトル&Aパート前半」→「OP」→「提供クレジット」→「CM」→「Aパート後半」となっている。
  9. ^ 放送では旧社名の「キャニオン・レコード」とクレジット。これは初回放送当時が社名変更前だったためで、実際の発売日は社名変更当日の1987年10月21日である。
  10. ^ 放送終了後の1989年に90歳で没した。

出典編集

  1. ^ アニメディア 1988年10月号』 1988年、学習研究社(現:学研プラス)、テレビ局ネットワーク pp.79 - 81。

外部リンク編集

フジテレビ系 日曜18時台前半
前番組 番組名 次番組
あんみつ姫
(アニメ版)
のらくろクン
(第2作)