メインメニューを開く

はい!テレビ朝日です』(はい!テレビあさひです)は、テレビ朝日が関東ローカルにて放送している広報・自己批評番組である。

はい!テレビ朝日です
ジャンル 広報・自己批評番組
出演者 寺崎貴司萩野志保子(共にテレビ朝日アナウンサー)
プロデューサー 上野敦史(テレビ朝日広報局お客様フロント部)
制作 テレビ朝日
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1994年11月 -
放送時間 毎週日曜日5:00 - 5:20
放送分 20分
公式サイト

放送時間は現在、毎週日曜日の朝5:00 - 5:20(JST)。ハイビジョン制作。完全デジタル化以前は、地上デジタル放送はハイビジョン放送、アナログ放送はレターボックス放送だった。

目次

概要編集

テレビをより理解してもらうことを目的に、番組放送開始以前になかった視聴者の声をフィードバックする場として、また視聴者とテレビ朝日との双方向番組として、1994年11月に放送開始した。他局も同様の自己批評番組・自己検証番組を放送開始したことを受け、1997年4月から放送回数を月1回から月2回に増加し、2014年10月から月2回から毎週放送されるようになった。過去に1度だけBS朝日でも放送されたことがあるが、このときは地上デジタル放送に関する内容だった。

タイトルは電話での応答第一声に由来している。

放送内容編集

特集的な内容と、テレビ朝日からの告示事項からなる。

特集的な内容では、放送・番組に関する問題の議論、番組制作の裏側の紹介と番組や放送に対するQ&A、テレビ朝日の番組改編のあらましなど、1つのテーマにあてて放送する。他局の同様の番組に比べ、メディア・リテラシーに関連した内容が多い。

テレビ朝日からの告示事項では、BPO(放送倫理・番組向上機構)やBRC(放送と人権等権利に関する委員会)の発表のほか、月1回、テレビ朝日放送番組審議会の審議内容を報告する。放送番組審議会の審議内容の報告では、主な意見について進行役の女性アナウンサーが代読する形式をとっていた(代読の間、審議の模様をVTR映像で流し、出席委員の氏名を字幕表示する)、2008年から審議会の実音を使っている。

2006年8月13日にはテレビ朝日局舎内で公開録画を行い、スタッフの仕事を会場に来た子供たちに体験させるなど「テレビ番組の作り方」を紹介し、2006年8月20日にその模様が放送された。また、2007年8月10日も同様の公開録画が行われた。

進行役編集

進行役を担当する女性アナウンサーにとっては「報道系アナウンサーの登竜門」であり、その後は報道・情報局制作の番組を担当することが多々ある。

過去の進行役編集

テーマ曲編集

  • 2009年4月5日~2015年3月29日
    • OP:「MIDNIGHT TV」(1000say)
    • ED:「FUTURE DRAMA」(同上)
  • 2015年4月5日~2017年9月3日
    • OP:「Brightening」(Kota)
    • ED:「breeze」(木島彩花)
  • 2017年9月10日~現在
    • OP:「Brightening」(Kota)
    • ED:「svelte」(同上)

外部リンク編集