はぐろローマ字JS Haguro, DDG-180)は海上自衛隊護衛艦まや型護衛艦の2番艦。艦名は山形県出羽三山の一つである羽黒山に因み、妙高型重巡洋艦4番艦「羽黒」に続き、日本の艦艇としては2代目。

はぐろ
艤装中の「はぐろ」(2019年7月撮影)
艤装中の「はぐろ」(2019年7月撮影)
基本情報
建造所 ジャパン マリンユナイテッド横浜事業所 磯子工場
運用者  海上自衛隊
艦種 ミサイル護衛艦(DDG)
級名 まや型護衛艦
建造費 約1,730億円
母港 佐世保
所属 第4護衛隊群第8護衛隊
艦歴
発注 2016年
起工 2018年1月23日
進水 2019年7月17日
就役 2021年3月19日
要目
基準排水量 8,200 トン
満載排水量 10,250 トン
全長 170 m
最大幅 21.0 m
深さ 12.0 m
吃水 6.2 m
機関 COGLAG方式
主機 LM2500IECガスタービンエンジン × 2基
電動機 × 2基
出力 69000PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
速力 約30 ノット
兵装 62口径5インチ単装砲 × 1門
高性能20mm機関砲CIWS)× 2基
90式/17式SSM 4連装発射筒 × 2基
Mk.41 VLS(64+32セル)
68式3連装短魚雷発射管 × 2基
搭載機 ヘリコプター × 1機[注釈 1]
C4ISTAR イージス武器システム
レーダー AN/SPY-1D(V) 多機能型
AN/SPQ-9B 対水上(後日装備)
Mk.99/SPG-62ミサイル誘導用 × 3基
ソナー AN/SQS-53C × 1基
MFTA 曳航式 × 1基
電子戦
対抗手段
NOLQ-2C ESM/ECM
Mk.137 デコイ発射機 × 4基
その他 曳航具4型 対魚雷デコイ
テンプレートを表示

艦歴編集

「はぐろ」は中期防衛整備計画に基づく平成28年度計画8200トン型護衛艦1616号艦として、ジャパンマリンユナイテッド横浜事業所磯子工場で2018年1月23日に起工され、2019年7月17日に命名され進水[1]、艤装工事と海上公試を経た後、2021年3月19日に就役し[2]第4護衛隊群第8護衛隊に編入され、佐世保に配備された。建造費は約1,730億円[1]。海上自衛隊では8隻目となるイージス艦であり、本艦の就役により、安倍内閣が2013年12月に閣議決定した防衛大綱(25大綱)以来、目指していたイージス艦8隻体制が確立した[2]

2020年3月に就役した まやと同型で、他のイージス艦や航空自衛隊の早期警戒機などと敵ミサイルの位置情報を共有できる共同交戦能力(CEC)を備える[3]。従来のこんごう型あたご型のイージス艦よりも、まや型は高い防空能力を有しており、海自の艦隊防空の中核を担うこととなる[3]

「はぐろ」は、日米が共同開発した新型迎撃ミサイル「SM-3 block2A」を搭載する予定であり、迎撃できる高度はSM-3の倍の約1000キロメートル超となり、防衛範囲も倍増する。また、従来の対空ミサイルのSM-2よりも射程の長いSM-6も搭載される。SM-6は、低空を高速で飛来する巡航ミサイルなどに対処する迎撃ミサイルで、射程は300キロメートル以上とされる[2]

2021年6月23日から24日にかけて、関東南方海域において護衛艦「きりしま」、「まや」、補給艦「ときわ」とともに米海軍駆逐艦マスティン」と日米共同訓練を実施した[4]

 
「はぐろ」ロゴマーク

歴代艦長編集

歴代艦長(特記ない限り1等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
艤装員長
- 倉光啓介 2019.7.17 - 2021.3.18 防大41期 海上幕僚監部防衛部
運用支援課企画班長
はぐろ艦長
艦長
1 倉光啓介 2021.3.19 - 防大41期 はぐろ艤装員長

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 常時搭載機なし

出典編集

関連項目編集