メインメニューを開く

はじめしゃちょー

日本のYouTuber

はじめしゃちょー1993年2月14日 - )は、日本YouTuber。2019年12月現在、日本国内でYouTubeチャンネル単体での登録者数が最も多い人物[11]UUUM所属。本名:江田 元(えだ はじめ)[12][動画 1][13]

はじめしゃちょー
人物
生誕 (1993-02-14) 1993年2月14日(26歳)
日本の旗 日本 富山県の旗富山県砺波市[3]
居住地 静岡県の旗 静岡県
東京都の旗 東京都
職業 YouTuber
身長 185 cm (6 ft 1 in)[4]
YouTube
チャンネル
活動期間 2012年 -
ジャンル コメディ
登録者数 はじめしゃちょー
約821万人[5]
はじめしゃちょー2
約244万人[6]
はじめしゃちょーの畑
約184万人[7]
総再生回数 はじめしゃちょー
約66億9413万4451回[8]
はじめしゃちょー2
約8億4390万2577回[9]
はじめしゃちょーの畑
約8億1527万1275回[10]
事務所(MCN UUUM
チャンネル登録者数、総再生回数は2019年10月26日時点。
テンプレートを表示

愛称は、はじめんもやしなど[14]。血液型はAB型[15]

来歴

生い立ち

1993年2月14日富山県砺波市にて出生。元気でいて欲しいとの思いから「元」と名付けられた[3][動画 2]

中高生の頃は生徒会で副会長になるなどし、学校では「グループ内の端っこにいるタイプだった」という[動画 3][16]

動画を撮るのは高校時代から好きで、友達と遊び感覚で「ズボンを履いたままパンツを脱ぐ動画」などを撮影していた[17]

バスケットボール部に打ち込んでいたため大学受験期まで成績は良くなかったが、当時付き合っていた彼女が推薦入学で遠方への進学を決めたため、1日10時間ほどの受験勉強を始め模試で校内1位を出すまでになった。しかしセンター試験本番で模試より150点低い点数を出したため、高校教員からの薦めで第一志望ではなかった静岡大学へ進学した。その後、彼女と別れたことをきっかけに「自分のために何かをしよう」という思いで大学1年生の春休みに友達とYouTubeへの動画投稿を始めた[動画 4][注 1]

YouTube開始後

2012年3月、大学の同級生と動画チーム「はじめカンパニー」を組みYouTubeへ動画投稿を開始。初めて投稿した動画の再生回数は3回だった[18][注 2]。その後、個人チャンネルを開設し、名前を「はじめ社長」から「はじめしゃちょー」へ変更[動画 6][16]

2013年9月から2014年3月までイギリスへ語学留学、帰国後の2014年4月1日にUUUMへの所属を発表した[19]

2015年6月、YouTube JapanのテレビCM「好きなことで、生きていく」に出演。これに伴い『週刊少年ジャンプ』や[20]渋谷109に全面広告が掲載されるなど、YouTube以外の媒体での露出も増加した。テレビCMの撮影日と大学の教育実習の日程が重なり、悩み抜いた末「人生は一度きりだからおもしろい方に行こう」と動画の世界で生きていくことを決めたという[16]

2016年3月にはYouTubeチャンネルの登録者数が日本一となったほか、大学を卒業[21][22]

2017年2月、有料ファンサイトである「はじメーノ」を開設した[23]

2017年3月、動画配信活動を行っているみずにゃんがはじめしゃちょーの二股疑惑を暴露し、同じ事務所のUUUMに所属している木下ゆうかと交際していたことも発覚した[24][25]。その他、モデルの女性を家に泊めたことで交際関係を疑われた[24]。その後、二股疑惑を認める動画を公開し、モデルの女性との交際は否定した[24]。同年3月30日、ファンクラブサイト上で活動休止を発表[26]。5月12日にYouTubeでの活動を再開した[27]

2017年、動画を見たとみられる女からストーカー被害に遭う[28]。女は11月にはじめしゃちょー宅に押し掛け、警察からストーカー規制法に基づく付き纏い禁止命令を受けた。しかし12月にも同宅に押し掛け、玄関から無断で室内に入ったため、同法違反および住居侵入の疑いで逮捕された[29]。女は2月にも別のYouTuberにストーカー行為をしたとして逮捕されていた[28]

人物

YouTubeに3つのチャンネルを持ち、メインチャンネルでは実験・ドッキリ・質問への回答・商品紹介などジャンルにかかわらず様々な動画を投稿。サブチャンネルでは日常の小ネタ・ゲーム実況・趣味の遊戯王カード・企業とのタイアップ動画などを中心に取り扱っている。サードチャンネルでは、主なメンバーとの日常動画を取り扱っている。

思い切った動画を投稿するようになったのは、しつけが厳しく遊びが抑圧されることが多い家庭に育った反動だという[動画 7][17]

一人称は「おいら」「ぼく(僕)」「俺」を場合によって使い分けている。

影響力

YouTubeの他にTwitterのフォロワー数が日本国内7位[30]TwitCastingの同時視聴者数が21位[31]となっている(2018年11月時点)。

自身の影響力を活かして大人数参加型の企画を行うことも多く、2015年には横浜市金沢区が行ったイベントにて740名の参加者を募集し、だるまさんがころんだの最大参加人数ギネス世界記録を更新した[32]

また、企業などから依頼を受け、商品レビュー動画の投稿やイベント・キャンペーンへの参加も頻繁に行っている。

一方で、自宅に視聴者が押しかけることに悩まされ引っ越しを繰り返す[33]、「アメリカに3年間留学する」というドッキリ動画を投稿したところニュースサイトで取り上げられてしまう[34]といったトラブルも起き、ニベアクリームを無駄遣いする、先述の二股疑惑、ゴルフクラブの破壊、壊れたパソコンを天ぷらにするといったことで頻繁に炎上している[35][24][36][37]

危険なことは視聴者が真似しないようテロップを入れ、法律の範囲内で動画を撮っているものの、後に問題があると判断した動画は非公開にしていると語っている[18][動画 8]

出演

テレビ番組

インターネットテレビ

映画

  • スクールアウトサイダー(2017年8月31日公開)[42] ※特別出演

CM

声優

イベント

書籍

協力

はじめしゃちょーの畑

2018年5月2日より、はじめしゃちょーの新たな関連チャンネルとして『はじめしゃちょーの畑』が開設された。

概要

主にはじめしゃちょーとその友人や後輩達との日常の出来事や、大人数での企画などを動画にしている。一つの企画を一本の動画として投稿するのではなく、日常の風景やその日の動画のサムネイルになっている大元の企画などの複数の動画を繋ぎ合わせて一本の動画にしていたり、YouTubeに公開される一本の動画の再生時間がはじめしゃちょーのメインチャンネルと比較すると平均10分前後と長かったりと、これまでのグループYouTuberとは一風変わった動画構成となっている。撮影は基本的に2018年まではじめしゃちょーのメインの撮影部屋兼自宅として使用していた静岡市内のマンションの一部屋を『畑』発足と同時に『はじめアミューズメントパーク【通称:HAP(読み:ハップ)】』と称して使用し撮影しており、それによってはじめしゃちょーはメインチャンネルの撮影部屋を同マンションの隣の部屋を契約し移転することとなった。

これまでのはじめしゃちょーのメインチャンネルやサブチャンネルとは異なり、はじめしゃちょーが中心となっているだけではなく他のメンバーが中心となって動画が撮影されていることもある。その際はじめしゃちょーはメインチャンネルの撮影や東京などの遠方での仕事のため不在であることが多い。また週休制やメンバー間のローテーションで行われる休日制を導入しており、基本的に毎週火曜日は動画の投稿や撮影は一切なく、またその他の曜日も常駐メンバー6人中1人は休日であり動画には登場しない。

メンバー

常駐メンバー(レギュラーメンバー)

『はじめしゃちょーの畑』は基本的にこのメンバーを中心として構成されている。なおはじめしゃちょー曰く「固定メンバーはない」と動画内で発言しており、「必ずしも全員揃うわけではない」とのこと。2019年11月4日投稿の動画ではメンバーの毎週火曜日以外の日替わりでの休日制導入のため「動画内で全員揃うことは基本的に二度とない」ことが発表された。なおどうしても大人数でないと成立しない企画や、『U-FES』などのイベント出演の際には全員揃うとのこと。

はじめしゃちょー
  • 1993年2月14日生まれ
  • 富山県出身
  • メンバーカラー:赤
日本を代表するトップYouTuberの一人。本名:江田元(えだ はじめ)。『畑』を発足した中心人物であり、メンバーからは『ボス』『はじめ(さん・くん)』などと呼ばれている。メインチャンネルなどの個人での仕事もあるため、時には『畑』の動画に一切登場しないこともある。
だいちぃ
  • 1993年2月25日生まれ
  • 静岡県出身
  • メンバーカラー:青
『畑』発足の約2年前からはじめしゃちょーのサポートを陰ながら行っていた友人であり『はじめしゃちょーの畑』のリーダー。静岡英和学院大学卒。はじめしゃちょーとは同い年で誕生日も近い。本名:中野大地(なかの だいち)。『だいちぃ』と名乗ってはいるものの周りからは『だいちくん』などと呼ばれていることがほとんどである。柑橘アレルギー持ちであり、一例としては動画の企画でポン酢を使用した際に、原材料に柑橘系の果物が使用されていたため企画には参加できず動画の撮影のみ行っていた。BiSHのファンであり特にアユニ・Dが好きでライブにも足を運んでいる。元ヤンであることが明かされており、「中学時代の学生証の写真は前髪がスジ盛りだった」ことがはじめしゃちょーの口から明かされている。『ゆめか』と言う元カノがおり、動画内で何度もネタとして名前が挙がっている。お笑いコンビ・オードリー若林正恭に似ているとよく言われており、自他共に認めており、若林の結婚報道の際には自身のTwitterに多数の祝福のコメントが寄せられたこともある。
たなっち
  • 1995年6月27日生まれ
  • 埼玉県出身
  • メンバーカラー:ピンク
はじめしゃちょーの大学時代の後輩の一人。本名:棚澤龍昇(たなざわ りゅうしょう)。だいちぃ同様に『畑』発足前から大学と両立しながらはじめしゃちょーのサポートを行ってきた人物。アイドル・アニメ・漫画・ゲームなどに精通しているオタクで、一例としては動画内にて漫画『五等分の花嫁』を紹介している場面がある他、はじめしゃちょーのメインチャンネルでの企画で声優の芹澤優が静岡のはじめしゃちょーの撮影部屋を訪れていた際には驚きと喜びを隠せない様子を見せた。ヲタ芸グループ『GinyuforcE/ギニュ〜特戦隊』のメンバーでもあり、過去には日本テレビ系列の番組『世界の果てまでイッテQ!』にも出演した経験があるなど、ヲタ芸は大の得意である。実際に動画内のクイズ企画では、あるヲタ芸の技名を挙げ、他のメンバーに即興でその技を実演させると言う問題を出題したこともある。容姿などからメンバーやファンから『河童』と揶揄されることが多く、自身も動画内ではじめしゃちょーに頭頂部に炭酸水をかけられた際には「皿がああああ!!」と叫ぶ様子を見せた。はじめしゃちょーの親分であり日本を代表するトップYouTuberのHIKAKINに似ていると自身が語っている。
やふへゐ先生
  • 6月25日生まれ
  • 富山県出身
  • メンバーカラー:黄色
『畑』の発足にあたって行われたメンバーオーディションを勝ち抜いた人物。名前の『やふへゐ』の読みは『ようへい』であり、本名:釣田洋平(つりた ようへい)慶應義塾大学卒。メンバー内ではトップレベルの美形であり、かつ高学歴であるもののそのような素振りは一切見せずに自由気ままに振る舞っていると言うギャップから、ファンからの人気が高い。メンバーらがHAP内で大量の水をぶちまけた際には「大変です!〇〇(メンバーの名前)によって、はじめアミューズメントパークが大洪水に見舞われています!!」などと焦りながらアナウンサーのごとくリポートするのが恒例となっている。大食いはあまり得意ではないようで、『畑』の動画で大食い企画や早食い企画が行われると他のメンバーらが完食している中、高確率で一番最後まで残ってしまっている。また異臭や悪臭を嗅ぐと誰よりも早く嘔吐してしまう確率も高い。俳優の水嶋ヒロに似ていると言われており、自他共に認めている。
トマトクン
  • 1995年6月10日生まれ
  • 神奈川県出身
  • メンバーカラー:緑
2018年7月30日投稿の動画より正式に『畑』メンバーとして登場した。本名:清水智貴(しみず ともたか)。他のメンバーからは本名の『ともたか』と呼ばれることが多い。動画での登場以前から陰で『畑』メンバーの撮影のサポートを行っていた。加入当初は新メンバー加入に慣れていなかった一部視聴者からの心ない誹謗中傷に苦悩していたこともあったが、はじめしゃちょーや他のメンバーからのフォローや動画でのメンバーについての詳しい説明によって事は収まった。性格は温厚で、常日頃誰よりもしっかり者で礼儀正しく振る舞っている。元々は消防士を目指していたが試験で不合格となり、ある時に映画『グレイテスト・ショーマン』を観て影響を受け、エンターテイナーを目指してYouTuberの道を選んだと語っている。俳優の戸塚純貴に似ていると言われており、自他共に認めている。
テツヤ
  • 1995年4月生まれ
  • 広島県出身
  • メンバーカラー:オレンジ
常駐メンバーの中では一番最後に加入したメンバー。本名:縄稚哲也(なわち てつや)。2019年春に行われた『はじめしゃちょーの畑』新メンバーオーディションを勝ち取った人物。『畑』加入前は普通の会社員だった。加入前の動画で新メンバーであるテツヤのイメージを聞かれた際にたなっちは「畑をアイドルだと思っている人達のイメージを変える」と語っており、実際に容姿は他のメンバーとは異なって肥満体型の言わばデブである。グロテスクな画像に耐性があるのか、動画内でコーンが混ざっているたなっちの排泄物の画像を見せられた他のメンバーは今にも嘔吐しそうなリアクションを見せる中、唯一テツヤのみ高らかと爆笑していた。名前が『テツヤ』ということもあり東海オンエアの『てつや』と比較されることが度々あり、実際にてつやと動画で共演したこともある。性格や言葉遣いは元会社員故に丁寧で、動画内での電話のやり取りからもその丁寧さが判る。

準レギュラーメンバー

主に常駐メンバー以外のはじめしゃちょー後輩や知人で、HAPに出入りしている人物。大食い企画などの大人数で行う企画などに召集されることが多い。

けんすけ
  • 1997年11月3日生まれ
  • 静岡県出身
だいちぃの大学の後輩であり、だいちぃやたなっち同様『畑』発足前からはじめしゃちょーの動画に登場していた。静岡英和学院大学在学中。本名は正式に明かされていはいないが、苗字が『うえむら』であることがはじめしゃちょーの口から明かされている。常駐メンバーや準レギュラーメンバーの中で一番のパリピであり、『畑』のとある動画では効果音にけんすけの「ウェイ」という声を録音し多用していたこともある。また動画内での出演者の発言を簡潔にまとめた字幕テロップでは、けんすけのテロップのみ語尾に『↑』や『↓』などの矢印が記載されていることが多い。準レギュラーという扱いではあるものの『畑』の動画に登場する頻度が非常に高い。口癖は「1番〜」であり、一例としては食べ物を口にして「うまい」と言う際には高確率で「1番うまい」と発言しており、はじめしゃちょーのメインチャンネルでは『一定の時間内でどれだけ「1番〜」と発言するのか?』と言う検証が行われた。現在、留学のため2019年8月より半年間を目処にフィリピンに滞在しており、度々現地での様子を撮影して動画を日本に送っている。
たて面
はじめしゃちょーの後輩で、個人チャンネル『たて面ステーション』を開設してソロで活動している若き駆け出しYouTuber。ソロ活動の傍らHAPに出入りして『畑』の動画のサポートを行ったり、はじめしゃちょーに付き添ってメインチャンネルのアシスタントを担当したりしている。掴みどころのないバカで、はじめしゃちょーとマンションの大家さんによるドッキリにすぐに引っ掛かったり、コンビニへの買い出しの際には指定された商品をちゃんと買って来れるかメンバーに心配されている。笑い方も独特であり「アヒョヒョヒョヒョヒョヒョ」という謎の笑い方をする。またそれらの性格が災いして、ゴンド・ムーが運転する車に同乗した際に高速道路の出入口を間違えたことにあからさまに不機嫌を露わにしたり、ゴンド・ムーと二人で東京に行った際には元々駐車場代などは割り勘にするとお互い合意していたにもかかわらず、「お金がない」と言う理由で払わずに逃げようとしたなどの数々の無礼を働き、当面の間『畑』の動画出演は愚か、HAPへの出入りが禁止となった。しかしそんな状況下の中でも、『畑』のメンバーらは彼を気にかけている様子がうかがえる。2019年11月20日投稿の動画の時点では出禁は解除された模様。
ゴンド・ムー
  • 1990年10月22日生まれ
  • 静岡県出身
本名:松浦有吾(まつうら ゆうご)。以前はお笑い芸人として活動しており、トリオ芸人『キャットマン』、漫才コンビ『ギャンブルもみじ』などを結成し活動していた。『畑』の動画では元々『ゴッチ』と言う名前で登場していたが、はじめしゃちょーの考案で2019年3月より『ゴンド・ムー』に改名した。しかし改名後も相変わらず周りからは『ゴッチさん』『ゴンさん』などと呼ばれている。何かと『畑』メンバーの行く先々に呼んでもいないのに現れるため、たなっちなどからは『ストーカー』呼ばわりされていることもある。2019年春に行われた『はじめしゃちょーの畑』新メンバーオーディションに応募しており、面接も受けていたがあえなく落選してしまった。常駐メンバーらの中では柴田アナウンサー(後述)を除くと最年長であるものの、決して年下であるメンバーらには一切タメ口は利かず、常に敬語で接している。
後輩須田
  • 1998年9月25日生まれ
はじめしゃちょーの大学の後輩で現役大学生。見かけによらず根っからの大食いであり、『畑』の大食い企画などには助っ人としてほとんど参加している。
つる兄
  • 2000年2月5日生まれ
  • 愛知県出身
名古屋を拠点に活動しているYouTuberグループ『つるつるTV』のリーダー。本名:今井龍汰(いまい りゅうた)。何かとHAPを訪れては何日もの間滞在している。また滞在中の様子を動画にし、自身のチャンネルで『畑』風にアレンジした『ツタケ』を度々投稿している。HAPを訪問する度にメンバーへの自作のプレゼントを持参しており、メンバーからは毎回絶賛されている。その他、期間限定の『畑』加入をかけた挑戦でたなっち、やふへゐ先生、だいちぃを笑わせたり、自身が考案したゲームなどを『畑』メンバーに紹介して挑戦させるなど、若きエンターテイナーとしての手腕も発揮している。静岡から名古屋へ帰る際には、女性アイドルグループ・ゆるめるモ!の元メンバーでつる兄の推しのあのに対するメッセージをたなっちが撮影している動画に残しているものの、毎回途中でカットが入る。
またぞう
  • 1993年7月18日生まれ
ソロで活動しているYouTuber。本名:木俣祐介(きまた ゆうすけ)。2019年春に行われた『はじめしゃちょーの畑』新メンバーオーディションに応募し、面接を受けたものの惜しくも落選。新メンバーの座はテツヤに取られるという結果となった。しかし落選したものの、大食い企画やショッピングモールの飲食店完全制覇を目指す企画などに出演しメンバーらに協力しているなど、『畑』メンバーとは現在も良好な関係を築いている。現在、はじめしゃちょーより持ちかけられた『畑』の新メンバー採用をかけたメンバー全員との『スマブラ』対決に向けて1日5時間もの練習に励んでいる。
ゆまお
はじめしゃちょーとだいちぃの友人でソロとして活動しているYouTuberでもある。だいちぃからは『ゆうま』と呼ばれていることがある。普段はJR静岡駅構内にあるカフェバーで働いており、一度だけ『畑』の動画で勤務中の様子が撮影されたこともある。妻子持ちであり、はじめしゃちょーのメインチャンネルには生まれて間もないゆまおの第1子をあやす様子を写した動画が投稿されている。『畑』発足前からはじめしゃちょーをだいちぃと共にサポートしていたメンバーの一人であり、2016年にはじめしゃちょーがスキャンダル報道によって活動休止となった際には自身のチャンネルで一連の騒動に関して言及する動画も投稿していた。後輩須田同様大食いであり、『畑』の大食い企画には度々参加している。
柴田将平
  • 1990年1月2日生まれ
  • 千葉県出身
静岡第一テレビアナウンサーであり、2018年7月に退職。現在はeスポーツキャスターとして主に活動しているフリーアナウンサー。法政大学卒。2019年4月頃からはじめしゃちょーのメインチャンネル、および『畑』の動画に登場し、その後HAPに何度も出入りしている。時にはメンバーの誕生日プレゼントを持って来たりと、メンバーを気にかけている様子が見られる。苗字が『柴田』だからか、某YouTuberよろしく『シバターさん』と度々呼ばれることがある。

この他にも多くの人物がHAPに出入りし動画に登場している。なお、長きにわたってはじめしゃちょーと共に動画投稿をサポートしてきたまさき取締役は2018年3月の大学卒業・長野県内の中学校への講師としての就職によって惜しまれつつもはじめしゃちょーの元を去ったが、2019年4月18日公開の『畑』の動画にて強調はされなかったものの再登場を果たし、ファンを感激させた。

脚注

注釈

  1. ^ YouTubeを始めた理由については、他にも「彼女を見返したかったから」[動画 5]、「大学のサークルがつまらなかった」[16]、「今までできなかったことに挑戦しようと思った」[18]などとも述べている。
  2. ^ 本人曰く「自分で9回再生したから確か12回です。これ間違ってますよ」[動画 2]

出典

  1. ^ https://www.youtube.com/watch?v=Kf2J2hQoVPI
  2. ^ はじめしゃちょー (hajime) さんのツイート”. Twitter. 2016年5月27日閲覧。
  3. ^ a b はじめしゃちょー (hajime) さんのツイート”. Twitter. 2016年6月11日閲覧。
  4. ^ はじめしゃちょー (hajime) さんのツイート”. Twitter. 2016年5月23日閲覧。
  5. ^ YouTubeランキング はじめしゃちょー 登録・再生数
  6. ^ YouTubeランキング はじめしゃちょー2 登録・再生数
  7. ^ YouTubeランキング はじめしゃちょーの畑 登録・再生数
  8. ^ YouTubeランキング はじめしゃちょー 登録・再生数
  9. ^ YouTubeランキング はじめしゃちょー2 登録・再生数
  10. ^ YouTubeランキング はじめしゃちょーの畑 登録・再生数
  11. ^ a b 大人気YouTuber・はじめしゃちょーが『紙兎ロペ』で声優デビュー決定!今後も準レギュラーとして参加予定”. Aol News. 2016年5月25日閲覧。
  12. ^ はじめしゃちょーの本名は「江田」だと本人の口から明かされる”. youtubeニュース+. 2019年2月14日閲覧。
  13. ^ 元気をシャッター街に 富山県出身ユーチューバー はじめしゃちょーさん” (日本語). 中日新聞 CHUNICHI Web. 2019年3月29日閲覧。
  14. ^ 【聞いてみた】はじめしゃちょーがもやしになった理由は?”. AppBank. 2016年7月14日閲覧。
  15. ^ はじめしゃちょー (hajime) (@hajimesyacho)さん”. Twitter. 2016年5月23日閲覧。
  16. ^ a b c d はじめしゃちょーが明かすYouTuberとしての決意「誰がなんと言おうと、自分の好きなことをやる!」”. Livedoor ニュース. 2016年5月27日閲覧。
  17. ^ a b 日本のクリエイティブ「独特の強み」の正体”. 東洋経済新報社 (2015年7月10日). 2016年5月27日閲覧。
  18. ^ a b c 人気ユーチューバー初投稿は再生3回 視聴者目線を意識”. 朝日新聞 (2015年12月21日). 2016年5月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年5月23日閲覧。
  19. ^ はじめしゃちょー、アシヤがUUUMに加入!”. UUUM. 2016年9月4日閲覧。
  20. ^ 『週刊少年ジャンプ』2015年7月6日号 30号裏表紙
  21. ^ はじめしゃちょー (hajime) さんのツイート”. Twitter. 2016年5月27日閲覧。
  22. ^ はじめしゃちょーの卒業記念Tシャツ発売中!”. UUUM株式会社. 2016年5月27日閲覧。
  23. ^ 人気ユーチューバー「はじめしゃちょー」 有料ファンサイト開設に賛否の声”. 株式会社NEWSY. 2017年7月6日閲覧。
  24. ^ a b c d はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪 モデル宿泊には「やましいことは一切していない」 J-CASTニュース 2017年 3月23日 12時27分 配信
  25. ^ はじめしゃちょーが活動休止 二股疑惑やゴルフクラブ破壊などで炎上続く BIGLOBEニュース 2017年 3月31日 11時00分 配信
  26. ^ はじめしゃちょーが活動休止 新設したファンクラブ会員から辛辣な声”. 日刊サイゾー. 2017年10月20日閲覧。
  27. ^ はじめしゃちょーが約1カ月半ぶりに動画を投稿 「こんな僕でも動画を待ってくれている人がいる」”. ねとらぼ. 2017年10月20日閲覧。
  28. ^ a b “Xmasに人気YouTuberにストーカー 29歳女逮捕”. テレ朝NEWS (テレビ朝日). (2017年12月26日). オリジナルの2017年12月27日時点によるアーカイブ。. https://archive.today/20171227095409/http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000117481.html 2017年12月27日閲覧。 
  29. ^ “人気ユーチューバーの男性宅に押しかけた疑い 女を逮捕”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2017年12月26日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171226/k10011271941000.html 2017年12月27日閲覧。 
  30. ^ Twitter日本 フォロワー数 総合ランキング”. 2018年11月1日閲覧。
  31. ^ ランキング - ツイキャス”. TwitCasting. 2018年11月1日閲覧。
  32. ^ “はじめしゃちょーが740人で「だるまさんが転んだ」ギネス世界記録達成!!” (プレスリリース), UUUM, (2015年11月27日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000008567.html 2017年7月6日閲覧。 
  33. ^ 人気YouTuberはじめしゃちょーさん、自宅に押しかける視聴者に「もう怒った!」”. ねとらぼ. 2016年5月27日閲覧。
  34. ^ YouTuberはじめしゃちょーのドッキリが大ヒンシュク 「もう日本に帰ってくんな」”. シー・エス・ティー・エンターテインメント株式会社. 2017年7月6日閲覧。
  35. ^ 人気YouTuber・はじめしゃちょーが謝罪 「ハンドクリーム風呂」動画、「もったいない」と視聴者から批判受け”. jcastニュース. 2017年11月2日閲覧。
  36. ^ 【悲報】はじめしゃちょー、また炎上 / ネットの声「まじで危ない…」「ゴルフクラブの件で学ばなかったのですか?」”. rocketnews24. 2017年11月2日閲覧。
  37. ^ 【また炎上】はじめしゃちょー、浴槽で作ったカレーをガチで食う!?”. ニコニコニュース. 2017年11月2日閲覧。
  38. ^ 第66回NHK紅白歌合戦と総勢68名のYouTuberによるタイアップ動画公開!”. UUUM株式会社. 2016年5月23日閲覧。
  39. ^ 【オッサンのためのYouTuber講座】「はじめしゃちょー」中高生人気はワンピース並”. BIGOBEニュース. 2016年6月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年5月23日閲覧。
  40. ^ オリジナル番組 「みんチャン!」スタート!YouTube Liveと地上波同時視聴可能!”. UUUM. 2016年6月24日閲覧。
  41. ^ “AbemaTV「ウルトラゲームス」のラインナップが公開、『ポケモン』専門番組や開設記念特番も”. インサイド. (2018年1月11日). https://www.inside-games.jp/article/2018/01/11/112087.html 2018年3月6日閲覧。 
  42. ^ YouTuberがついに劇場映画を!『スクールアウトサイダー』アバンティーズにインタビュー”. シネマズ by 松竹 (2017年9月17日). 2018年5月9日閲覧。
  43. ^ HIKAKIN、はじめしゃちょーとのTVCM初共演は「新鮮」USJ貸切の壮大な夢も語る”. ORICON NEWS (2019年8月30日). 2019年9月6日閲覧。
  44. ^ トム・クルーズが“サムライギタリスト”に出演オファー!? 『ミッション:インポッシブル』ジャパンプレミアにMIYAVIが登場!”. LINE BLOG. 2016年6月23日閲覧。
  45. ^ HIKAKINさんなど人気動画配信者が実況テクニックを披露【東京ゲームショウ 2015】”. 日経トレンディネット. 2016年5月23日閲覧。
  46. ^ はじめしゃちょーがブルーアイズ召喚で粉砕!玉砕!大喝采!『遊戯王 デュエルリンクス』ステージ【TGS 2016】”. ファミ通. 2016年10月9日閲覧。
  47. ^ 講談社とUUUMが「ボンボンTV」開設 YouTuberが意気込み”. スポニチ. 2016年5月23日閲覧。
  48. ^ 「はじめしゃちょー Photo Book -卒業-」2016年7月22日(金)発売!”. UUUM. 2016年8月1日閲覧。

動画

  1. ^ オレがいじめられてた時の話をしよう。”. YouTube. 2019年2月14日閲覧。
  2. ^ a b 誰だ勝手にはじめしゃちょークイズ作ったのは!!!”. YouTube. 2016年9月4日閲覧。
  3. ^ 【恋愛】オレの成人式と中学の黒歴史の話をしてやろう...”. YouTube. 2016年5月23日閲覧。
  4. ^ はじめの恋愛と受験失敗の話”. YouTube. 2016年5月23日閲覧。
  5. ^ a b 好きなことで、生きていく - はじめしゃちょー - YouTube TVCM”. YouTube Japan 公式チャンネル. 2016年5月27日閲覧。
  6. ^ はじめ社長の新しい名前 【後編】 I change my name”. YouTube. 2016年5月23日閲覧。
  7. ^ YouTuberになりたい小学生に物申す!”. YouTube. 2016年5月27日閲覧。
  8. ^ はじめしゃちょーのスマホ内の動画がひどい件。”. YouTube. 2016年6月24日閲覧。
  9. ^ 映画「メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮」TV CM(はじめしゃちょー編)”. YouTube 20世紀フォックス映画 公式チャンネル. 2016年5月27日閲覧。
  10. ^ 【はじめしゃちょー】「七つの大罪」コラボCMが地上波放送!”. ボンボンTV. 2016年8月30日閲覧。

外部リンク