ばん澤歩

日本の経済史・経営史研究者
本来の表記は「鴋澤歩」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

鴋澤 歩(ばんざわ あゆむ、1966年4月9日 - )は、日本の経済史経営史研究者。専攻は近現代ドイツ経済史・経営史。大阪大学大学院経済学研究科教授。大阪大学博士(経済学)。19世紀-20世紀ドイツ語圏の鉄道業を主要な研究対象とする[1]

人物編集

1966年、大阪府大阪市に生まれる。青少年期にはドイツ文学やドイツ音楽に興味をもち、大学学部生時は「ドイツ文化研究会」に参加していた[2]竹岡敬温大阪大学教授(フランス経済史)に師事[3]。大阪大学大学院経済学研究科在学中、「ベルリンの壁」崩壊のニュースに接し、翌年はじめてドイツに旅行、解体直前の旧東独地域もみる[4]。その後、工業化期ドイツにおける鉄道業の展開を中心に研究している。学会として、社会経済史学会経営史学会鉄道史学会企業家研究フォーラム等に所属。大のSF、マンガ好きで、共編著(『ドイツ現代史探訪』)の表紙イラストは漫画家の有馬啓太郎に依頼。[5]

経歴編集

著書編集

単著編集

  • 『ドイツ工業化における鉄道業』(有斐閣,2006年) 第50回日経・経済図書文化賞
  • 『鉄道人とナチス ードイツ国鉄総裁ユリウス・ドルプミュラーの二十世紀』(国書刊行会,2018年)  第44回交通図書賞(第3部、歴史部門)、第10回鉄道史学会住田奨励賞(図書の部)

共編著編集

  • (奥西孝至、堀田隆司、山本千映)『西洋経済史』(有斐閣,2010年)
  • (山根徹也、奥波一秀、北島瑞穂、田中ひかる、宗像せぴ)『ドイツ現代史探訪 -社会・政治・経済ー』(大阪大学出版会、2011年)
  • (沢井実The Development of Railway Technology in East Asia in Comparative Perspective, Springer Nature 2017.

翻訳編集

  • (猪木武徳、山本貴之)ピーター・テミン(Peter Temin)『大恐慌の教訓(Lessons from the Great Depression)』(東洋経済新報社、1994年)

受賞編集

  • 経営史学会賞(2006年)[6]
  • 大阪大学研究・教育功績賞(2007年)
  • 交通図書賞(第3部、歴史部門)(2019年)[8]
  • 鉄道史学会住田奨励賞(図書の部)(2019年)[9]

脚注編集

  1. ^ ばん澤 歩 研究者詳細”. 大阪大学. 2018年4月7日閲覧。
  2. ^ 「阪大の先生⑦ばん澤歩さん ドイツを知り、学ぼう」マチゴト 豊中池田ニュース 2012年4月12日更新。 鴋澤歩「『魔の山』をおりて、その先へ:ナチス・ドイツと音楽、その周辺」学際 第4号(2017年)、47-61ページ
  3. ^ 鴋澤歩『ドイツ工業化における鉄道業』あとがき、p.354。
  4. ^ 鴋澤歩「歴史学からとらえる『ドイツ再統一』:経済史研究者の視点から」ドイツニュースダイジェスト、Nr.1010(2015年)、pp.12-13.
  5. ^ 上記「阪大の先生⑦ばん澤歩さん ドイツを知り、学ぼう」
  6. ^ 過去の受賞論文リスト(1996-2017)”. 経営史学会. 2018年4月7日閲覧。
  7. ^ 『日経・経済図書文化賞』 受賞図書一覧”. 日本経済研究センター (2017年11月3日). 2018年4月7日閲覧。
  8. ^ 【第44回交通図書賞受賞作品】”. 公益財団法人 交通協力会ホームページ. 2019年4月24日閲覧。
  9. ^ 鉄道史学会”. www.nikkeihyo.co.jp. 2020年2月3日閲覧。