メインメニューを開く

ひさご塚古墳(ひさごづかこふん)は、長崎県東彼杵郡東彼杵町にある古墳であり、形式は前方後円墳である。ひょうたん塚とも呼ばれる。1950年、県指定の文化財史跡)となった。

ひさご塚古墳
所在地 長崎県東彼杵郡東彼杵町彼杵宿郷字古金屋道上430番地5[1]
位置 北緯33度2分8秒
東経129度55分12秒
形状 前方後円墳
規模 全長58.8m(後円部直径37.7m、高さ6.3m、くびれ部の幅11.0m、前方部長さ21.1m、幅18.5m、高さ2.6m)
築造時期 5世紀
史跡 1950年(昭和25年)県指定史跡
テンプレートを表示

現在は、道の駅彼杵の荘に隣接する「歴史公園 彼杵の荘」内にある。復元が行われたため、完全な形の前方後円墳を見学することができる。また、同公園内の歴史民俗資料館に副葬品などが展示されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 長崎県の文化財(彼杵の古墳)
    ※上記リンク先の所在地は、文化財登録当時の自治体である彼杵町時代の郷の地名(住所表記)のままとなっているため注意。

関連項目編集

外部リンク編集