メインメニューを開く

ひだ高山号(ひだたかやまごう)は、東海北陸自動車道などを経由して愛知県名古屋市岐阜県高山市を結ぶ昼行高速バス路線である。別名高山 - 名古屋線メイヒライナー

概説編集

名古屋市中村区名鉄バスセンター名古屋駅(新幹線口)から、名古屋高速道路名神高速道路・東海北陸自動車道・国道158号を経由して高山市の高山濃飛バスセンターまで運行。

1往復は岐阜県飛騨市飛騨古川駅まで乗り入れていたが、2008年7月5日をもって運行を終了し、高山濃飛バスセンター行となった。同年7月6日以降は2号(濃飛乗合自動車担当)に限り、連絡便として飛騨古川駅始発で運行され、高山 - 郡上八幡・名古屋の運賃に210円を追加することで乗車できる[1]

名古屋 - 高山間の運賃は片道2,980円、往復5,140円で、同区間を運行するJR東海の特急列車「(ワイドビュー)ひだ」片道の普通車指定席運賃料金(通常期5,870円)のおよそ半額という運賃設定になっている。

2009年3月19日のダイヤ改正で名古屋高速道路経由に変更されるまでは、名神一宮インターまでは国道22号名岐バイパス)を走行していた。

2019年12月1日より15往復へ増便予定。 また、1往復が、中部国際空港乗り入れを開始する。

運行会社編集

停留所編集

  • ▼:高山行は乗車のみ、名古屋行は降車のみ
  • ▲:名古屋行は乗車のみ、高山行は降車のみ
  • ◆:乗車・降車とも
停車停留所名 停留所所在地   備考
名鉄バスセンター 愛知県 名古屋市中村区   3階7番のりば
名古屋駅   新幹線口3番のりば
郡上八幡IC 岐阜県 郡上市    
清見 高山市   道の駅ななもり清見
崇教真光総本山前    
高山濃飛バスセンター 高山駅東口
飛騨古川駅 飛騨市   連絡便(2号のみ)

沿線ギャラリー編集

運行回数編集

  • 1日12往復(各社4往復)。

歴史編集

  • 2000年平成12年)10月8日 - 運行開始[2]。当時は1日6往復(各社2往復ずつ。冬季は4往復で濃飛乗合自動車のみ2往復、その他は1往復)[2]
  • 2001年(平成13年)4月14日 - 1日9往復(冬季は6往復)に増便。1往復を飛騨古川駅まで延長。
  • 2004年(平成16年)10月1日 - 名鉄バス、名古屋鉄道から分社して営業開始。
  • 2008年(平成20年)7月6日 - 飛騨古川駅乗り入れおよび荘川バス停を廃止。連絡便として飛騨古川駅発のみ1便運行。
  • 2009年(平成21年)3月19日 - 名古屋高速道路経由になり所要時間が10分短縮。あわせてハイウェイバスドットコムに加えて、高速バスネットでも取扱を開始。 
  • 2010年(平成22年)12月9日 - 名古屋駅JRハイウェイバスターミナルが桜通り口から新幹線口(太閤口)へ移転。
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 消費税率改定に伴い、運賃改定。
  • 2015年(平成27年)7月1日 - 1日12往復に増便[3]

使用車両編集

  • トイレ付きの4列シート車両
  • JR東海と濃飛は40席+補助席付き、名鉄バスは座席ACコンセントや空気清浄機・パウダールーム・Wi-Fiを搭載した補助席なしワイドシート36席の車両で運行。

関連項目編集

当路線の運行開始が決定打となって、廃止された。

脚注編集

  1. ^ 濃飛バスの路線案内ページの記載より Archived 2011年7月13日, at the Wayback Machine.
  2. ^ a b 鈴木文彦、2001、「BUS★CORNER - 東海北陸道で高山のアクセス向上」、『鉄道ジャーナル』(通巻411号)、鉄道ジャーナル社、2001年1月 p. 145
  3. ^ 高速名古屋線 増便のお知らせ Archived 2015年7月4日, at the Wayback Machine.(濃飛バス 2015年5月22日)2015年7月4日閲覧。
[ヘルプ]

外部リンク編集