ひとり狼』(ひとりおおかみ)は、1968年4月20日に大映が配給した、池広一夫監督による股旅時代劇映画である[1][2][3]。監督を務めた池広一夫は、この作品を『おんな極悪帖』と並ぶ自身の最高傑作であるとしている[4]

ひとり狼
監督 池広一夫
脚本 直居欽哉
原作 村上元三
出演者 市川雷蔵
長門勇
小川真由美
音楽 渡辺岳夫
撮影 今井ひろし
編集 菅沼完二
製作会社 大映京都
配給 大映
公開 日本の旗1968年4月20日
上映時間 83分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
テンプレートを表示

あらすじ編集

配役編集

スタッフ編集

倂映作品編集

脚注編集

  1. ^ ひとり狼|組に属さず裏街道を生きる一匹狼を描く「股旅もの]”. サライ (2018年4月13日). 2022年6月23日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報1968年5月下旬号 p.72
  3. ^ ひとり狼”. 日本映画情報システム. 2022年6月21日閲覧。
  4. ^ 本当に面白い時代劇 1945-2015 メディアックス p.170-171

外部リンク編集