メインメニューを開く

ひまわりの道』(ひまわりのみち)は、日本テレビ系の月曜スター劇場1976年10月18日から1977年5月2日まで放映されたテレビドラマ

ひまわりの道
ジャンル テレビドラマ
脚本 楠田芳子
演出 細野英延
出演者 池内淳子
三浦友和
杉村春子
岡田奈々 ほか
プロデューサー 早川恒夫
藤原千晶
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1976年10月18日 - 1977年5月2日
放送時間 月曜21:00 - 21:54
放送枠 月曜スター劇場
放送分 54分
回数 29
テンプレートを表示

目次

概要編集

磯村真紀は、太田染色株式会社社長と再婚。社長の信義は既に4人の子連れであった。血のつながらない母と子供との情愛とその関係、そしてその周りの人々との人間関係を描いた[1][2][3]

同じ池内淳子主演による、『ひまわりの詩』に続く『ひまわりシリーズ』第2弾[3]

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 読売新聞 1976年10月18日 テレビ欄での本作の紹介記事より。
  2. ^ 京都新聞 1976年10月18日 テレビ欄での本作の紹介記事より。
  3. ^ a b c 週刊TVガイド 1976年10月22日号 p.22(本作の紹介記事)より
日本テレビ 月曜スター劇場
前番組 番組名 次番組
たんぽぽ
(第3シリーズ)
ひまわりの道
たんぽぽ
(第4シリーズ)