ひむか神話街道

ひむか神話街道(ひむかしんわかいどう、HIMUKA MYTH ROAD)は、日本の宮崎県にある広域観光ルート。西臼杵郡高千穂町天岩戸神社を起点に宮崎県内各地を通過し、西諸県郡高原町皇子原公園で終点となる。総延長はおよそ300キロメートル。指定路線の関係上、一部熊本県を通過する区間がある。

沿線には天孫降臨日本書紀古事記にまつわる神話平家落人伝説の舞台となる場所があり、神楽などの伝統芸能などが残されている。

「ひむか歴史ロマン街道形成構想」内のプロジェクト「広域歴史ルートの設定」で掲げられた8ルートのひとつである「神話・伝説の道」が基となっており、モデルルートとして2003年6月8日に全線開通・供用した。

目次

通過市町村編集

カッコ内の自治体名は2003年の開通当時のもの。

主な路線編集

一般国道主要地方道のみ掲載した。詳細はみやざき観光コンベンション協会ホームページ内のマップ[1]を参照。最後の開通区間となった『ふるさと林道中山・夜狩内線』など椎葉村 - 西都市間は大型バスの通行が不可能。「中山・夜狩内線」はトンネル部分を除いて幅員が3.4メートルしかなく、国道388号の区間は大型バスでなくても離合ができない[2]

経緯編集

1990年10月「日本の針路ラリーin宮崎」(松下政経塾主催・宮崎コンベンションビューロー後援、宮崎厚生年金会館)にて、松下政経塾8期生で宮崎県出身の田丸拓也が塾時代宮崎の観光のあり方を研究した成果を「宮崎神話街道構想」としてはじめて発表。注目をあびる。それは、大規模施設に依存することのない観光開発であり、具体的には神話の里を結び、街道を整備し、物語性のある周遊型、長期計画にもとづく観光開発である。「宮崎神話街道」構想を県・市・県民に提言を行った。

1999年4月に国が掲げた「生活空間倍増プラン」の地域戦略プランを受けて、宮崎県は広域観光ルートの設定を決定。2ヶ年計画で「ひむか歴史ロマン街道形成調査事業」を実施した。

2001年3月に調査結果をふまえて「ひむか歴史ロマン街道形成構想」を策定した。宮崎県内の各所を8種類のテーマに基づき「歴史交流ゾーン」として分類し、各ゾーンを結ぶ8種類のルートを設定した。

歴史交流ゾーン

カッコ内の自治体名は現在のもの。

延岡藩を題材に江戸時代の文化を体感することを目的とする。延岡城や水郷の街として知られた城下町を中心とする。
天孫降臨などを題材に「日本のふるさと」を体感することを目的とする。
耳川の河口部の街、美々津などを題材に「心の安らぎ」を体感することを目的とする。
西都原古墳群などを題材に、ロマンなどを体感することを目的とする。
 
田の神さあ(画像は鹿児島県内のもの)
宮崎県諸県地方と鹿児島県本土に点在する田の神の偶像『田の神さあ』(たのかんさあ)などを題材に、霧島山麓の大地の恵みを体感することを目的とする。
島津家の基となった島津荘(しまづのそう)の発祥地として、薩摩藩独自の歴史ある史跡・風俗を体感することを目的とする。
江戸時代、大淀川の河口部は延岡藩・佐土原藩・薩摩藩・飫肥藩高鍋藩の領地が点在していた。ここから各藩の文化が混在することを基に、多種多様な文化の再認知を目的とする。
飫肥城やその城下町、飫肥に至る街道などを題材に、かつての人の往来を体感することを目的とする。
広域歴史ルート
  • 海神の道
宮崎県内の海岸線を南下する路線。国道10号国道220号など、整備済みの道路が最大限活用できたことが利点であった。
  • 明治大正ロマンの道
宮崎県北部の中央部を縦断する。
  • 神話・伝説の道
宮崎県内の各所を直線的に周遊する路線。特に椎葉村 - 西都市の区間の整備が重点項目とされた。
  • 山里神楽の道
起点からは神話・伝説の道とやや重複するが、椎葉村以南は国道265号を活用する点が異なる。
  • 天孫降臨の道
北ルートと南ルートに分かれる。北ルートは国道218号が中心。それぞれ熊本県と鹿児島県への接続路線としての活用も示唆されていた。
  • 百済王伝説の道
宮崎県の中央部を横断するかたちとなる路線。
  • 島津文化の道
宮崎県南部を横断する路線。宮崎市高岡町からは分岐し、諸県地方を周遊するかたちとなる。
  • 飫肥の道
かつての飫肥街道(県道27号宮崎北郷線など)と志布志街道(県道3号日南志布志線など)を中心とした路線。

2002年2月にはこの中から「神話・伝説の道」をモデルルートとして決定。同年10月に公募により愛称を「ひむか神話街道」と決定し、2003年6月に全線開通となった。

脚注編集

  1. ^ 詳細ルート図
  2. ^ 宮崎日日新聞』 宮崎日日新聞社、2003年6月10日25面。

参考資料編集

外部リンク編集