ひらどローマ字JDS Hirado, MSC-614AGS-5114)は、海上自衛隊掃海艇かさど型掃海艇の11番艇。艇名は平戸島に由来する。旧海軍筑摩型防護巡洋艦平戸」、択捉型海防艦平戸」に次いで日本の艦艇としては3代目。

ひらど
基本情報
建造所 日立造船神奈川工場
運用者  海上自衛隊
艦種 掃海艇
級名 かさど型掃海艇
艦歴
発注 1959年
起工 1960年3月14日
進水 1960年10月3日
就役 1960年12月17日
1976年3月31日(海洋観測艇に転籍)
除籍 1985年3月27日
要目
基準排水量 基準 320トン
満載排水量 満載 346トン
全長 45.5m
最大幅 8.4m
深さ 3.9m
吃水 2.3m
機関 三菱YV10ZC15/201ディーゼル × 2基
出力 1,200仏馬力 (0.88 MW)
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
最大速力 13.5ノット
乗員 43名
兵装 Mk.10 20mm機銃×1門
レーダー OPS-4 水上
ソナー ZQS-1 機雷探知機
その他 掃海装備
53式普通掃海具一式
浮上式掃海電線一式
音響掃海具一式
テンプレートを表示

艦歴編集

「ひらど」は、第1次防衛力整備計画に基づく昭和34年度計画掃海艇314号艇として、日立造船神奈川工場で1960年3月14日に起工され、1960年10月3日に進水、1960年12月17日に就役し、佐世保地方隊に編入された。

1961年2月1日、佐世保地方隊隷下に第35掃海隊が新編され「しきね」とともに編入。同年6月1日、第35掃海隊が第1掃海隊群に編入。

1972年12月21日、第35掃海隊が佐世保地方隊沖縄基地隊に編入。

1976年3月31日、海洋観測艇に種別変更され、艇名が海洋観測艇4号(AGS-5114)に改称。舞鶴地方隊に編入。

1985年3月27日、除籍。

参考文献編集

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)

関連項目編集