メインメニューを開く

ひるがの高原(ひるがのこうげん)は岐阜県郡上市高鷲町にある高原。主に、同市高鷲町蛭ヶ野地内にある「蛭ヶ野高原」と鷲見地内にある「上野高原」のことを指すが、現在では、切立地内にある「明野高原」も含めて、高鷲町にある高原を総称して平仮名で表して呼ぶことがある。

ひるがの高原 
ひるがの高原から望む大日ヶ岳(2015年4月28日)
ひるがの高原から望む大日ヶ岳
標高 860 m
所在地 岐阜県郡上市
位置 北緯35度59分49.83秒
東経136度54分45.54秒
種類 高原

地理院地図 Googleマップ ひるがの高原

Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

同市高鷲町にある各高原名は地名では無いため、位置や範囲は明確にされておらず、ひらがなで表した「ひるがの高原」に明確な定義はない。

蛭ヶ野高原は「ひるがの高原」と、「蛭ヶ野」を平仮名にして表記されることが多く、地図にはこのように書かれていることが多い。キャンプ場やスキー場の名前は「ひるがの高原」と平仮名で書かれているが、「蛭ヶ野簡易郵便局」のように漢字表記の施設もある。

また、鷲見地内にある東海北陸自動車道サービスエリアは上野高原にあるが「ひるがの高原」と平仮名で名前が付けられている。上野高原や明野高原で採れる夏大根は、「ひるがの高原だいこん」と呼ばれ、平仮名で商標登録がされている。

蛭ヶ野地内にある蛭ヶ野高層湿原植物群落では、岐阜県の天然記念物の指定を受けていて[1]、その周辺にはひるがの湿原植物園がある。夏は避暑地として、秋は紅葉狩り、スキー場があり、冬はスキーが楽しめる。アクセスは東海北陸自動車道高鷲IC荘川ICひるがの高原サービスエリアスマートICが至近。

ひるがの高原分水嶺

国道156号沿いに中央分水嶺と分水嶺公園があり、この分水嶺から北へ流れる水は庄川、南へ流れる水は長良川となる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 蛭ヶ野高層湿原植物群落”. 岐阜県教育委員会社会教育文化課. 2016年3月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集