メインメニューを開く

来歴編集

本名は福山慶子。1961年生まれ。東京都浅草出身[1]

デパート勤務の傍ら、アニドウのアシスタントとなり、会誌『FILM 1/24』などにイラストを描き、1981年7月にアニドウ発行の同人誌の形で作品集『ふくやまジックヴック - 福山慶子画集 -』を発表しヒット作となる[2]。同年10月に『地下鉄のフォール』で商業誌デビュー、作者名は「ふくやまけいこ」。以降、ファンタジーSF分野を中心に作品を発表。また、小説・児童文学などの挿絵も数多く手がけている。

エピソード編集

かつてアニメ自主制作グループ「グループえびせん」に所属していたことがあり、短篇『錆びた館』(1982年、原作・角銅博之、総時間2分30秒程度)ではキャラクターデザインを担当した。同作は1982年4月23日にテレビ東京系の番組『もんもんドラエティ』内で手塚眞の紹介とともにテレビ放映された。この作品は同年6月24日には東京・恵比寿にあるショープラザ・スペース50にて元となったペーパーアニメ版『錆びた館』とともに上映会が開かれた。

作品リスト編集

漫画編集

アニメ編集

挿絵編集

  • 夏の魔術 (田中芳樹の小説シリーズ)
  • 窓辺には夜の歌(田中芳樹の小説シリーズ)
  • 白い迷宮(田中芳樹の小説シリーズ)
  • 春の魔術(田中芳樹の小説シリーズ)
  • ゆうれいママシリーズ (堀直子作)
  • 真っ赤な扉(覚和歌子作)
  • 野菜畑で会うならば(佐々木禎子作、JUNEノベルズ、2003年)

脚注編集

外部リンク編集