メインメニューを開く

ふしぎ工房症候群』(ふしぎこうぼうしょうこうぐん)は、人気男性声優を起用した朗読CDシリーズの総称。当初、朗読版はアニメイトが独占販売していたが、続・朗読版より一般CD店でも販売されるようになった。後にドラマCDも発売されている。朗読版はオーディオブック配信サイトのFeBe!でも配信されている。また、Premiumシリーズからは女性声優も起用している。

悩みをかかえた人物が、願い事を売っている「ふしぎ工房」に迷い込んだことからはじまる多様な人間模様が語られる。 原作・脚本は竹内葵。発売元 Cosmic★Gate、販売元 avex marketing。

ラインナップ編集

朗読版編集

続・朗読版編集

  • EPISODE.1 「鬱の行方」 語り:置鮎龍太郎(2007年8月22日)
  • EPISODE.2 「もう誰も愛せない」 語り:小西克幸(2007年9月26日)
  • EPISODE.3 「いのちの期限」 語り:小野大輔(2007年12月26日)
  • EPISODE.4 「兄からの手紙」 語り:神谷浩史(2008年5月28日)
  • EPISODE.5 「一日だけのラブストーリー」 語り:宮野真守(2008年7月23日)
  • EPISODE.6 「母さん、ごめんね」 語り:吉野裕行(2008年9月24日)
  • EPISODE.7 「拝啓、御主人様」 語り:柿原徹也(2009年2月25日)

Premium・朗読版編集

ドラマCD版編集

  • 第1弾 「一緒に死んでくれますか?」(2006年8月11日)
キャスト:僕(石田彰)、彼(保志総一朗)、老人(大木民夫)、父さん(小杉十郎太)、母さん(吉田小南美
  • 第2弾 「ひとりぼっちの誕生日」(2006年11月24日
キャスト:僕(櫻井孝宏)、彼奴(鳥海浩輔)、彼(鈴村健一)、彼女(荒木香恵)、老人(大木民夫)
  • 第3弾 「女性恐怖症なおします」(2006年11月24日)
キャスト:僕(鈴村健一)、彼女(浅野真澄)、彼(諏訪部順一)、老人(大木民夫)、社長(高木渉
  • 第4弾 「クリスマスの出来事」(2006年12月22日
キャスト:僕(三木眞一郎)、彼女(榎本温子)、後輩(倉田雅世)、老人(大木民夫)
キャスト:僕(諏訪部順一)、彼女(折笠富美子)、彼女の兄(速水奨)、老人(大木民夫)
  • 第6弾 「あの日の約束」(2012年6月27日)※「居場所をください」のアナザーストーリー
キャスト:私(竹達彩奈)、彼女(MAKO)、少女(能登麻美子)、老人(大木民夫)、彼女の父(てらそままさき)、私の母(根谷美智子)、私の兄(吉田真弓
  • 第7弾 「風の軌跡」(2012年11月14日)※「あの日の約束」の続編
キャスト:私(竹達彩奈)、彼女(MAKO)、少女(能登麻美子)、老人(大木民夫)、彼女の父(てらそままさき)、主治医(氷青)、先輩(片桐勇介)、主任看護師(山川琴美

関連商品編集

CD編集

  • ふしぎ工房症候群 オリジナルサウンドトラックアルバム(2006年8月11日

書籍編集

  • ふしぎ工房症候群(2006年8月11日)
  • 続・ふしぎ工房症候群(2010年2月5日)

外部リンク編集