メインメニューを開く

ふたりのロッテ』(Das doppelte Lottchen)は、児童文学作家エーリッヒ・ケストナー1949年に発表した小説。元はナチス・ドイツ時代に当局に追われていたケストナーが変名を用いて映画の脚本として書いたものであったが、当局に発覚して製作が中止となり、戦後になってから公表された。ちなみに2人の主人公・ルイーゼとロッテの名前は、ケストナーの内縁の妻であったルイーゼロッテ・エンダーレの名前を半分にして名づけられている。

この作品を原作とした演劇・映画・アニメなどが多数作られている。

目次

あらすじ編集

オーストリアのケーニッヒ湖畔にある「こどもの家」には、毎年夏になると多くの子供たちが国内各地からやってきて、夏休みを過ごす(サマーキャンプ)。ウィーンから来たルイーゼ・パルフィー(ややがさつでお転婆)とミュンヘンから来たロッテ・ケルナー(母親思いの優しい性格)は、お互いがあまりにも似ていることに驚き、仲良くなる。そして、互いの生まれた日や生まれた場所が同じことから、自分たちが実は双子であり、音楽家である父親の仕事中毒が原因で離婚した両親が、シングルマザー・シングルファザーを装って、子供を一人ずつ育てていたということを知る。

自分たちの両親がどういう生活を送っているかを知るために、双子は髪形を相互に入れ替え、相手に成りすまして帰宅し、状況を報告しあった。ロッテの病気でふたりの入れ替わりがばれてしまい、最終的には両親は再婚する。

日本語訳編集

  • エーリヒ・ケストナー『ふたりのロッテ』 高橋健二訳、岩波書店〈岩波少年文庫〉、1982年。ISBN 4001120135
  • エーリヒ・ケストナー『ふたりのロッテ』 高橋健二訳、岩波書店〈ケストナー少年文学全集〉、1962年。ISBN 4001150565
  • エーリヒ・ケストナー『ふたりのロッテ』 池田香代子訳、岩波書店〈岩波少年文庫〉、2006年。ISBN 4001141388

劇団四季版編集

劇団四季初演は1971年のニッセイ名作劇場(開催される劇場近郊の小学校6年生を招待対象としたミュージカル)。それから何回か全国公演等の公演を繰り返している。

スタッフ編集

主要キャスト編集

大月悠と大月恵は実の双子である。

公演記録編集

NHKこどもミュージカル編集

NHKこどもミュージカル』のタイトルで、1974年・1984年・2000年に公演・放送されている。

テレビアニメ編集

わたしとわたし ふたりのロッテ』のタイトルで、1991年から1992年まで日本テレビの『三井不動産アニメワールド』枠で放送。全29話。

映画編集

ドイツを中心に、何度も映画化されている。

翻案では以下の映画がある。

類似作品編集

外部リンク編集