メインメニューを開く

ふるあめりかに袖はぬらさじ

ふるあめりかに袖はぬらさじ』(ふるあめりかにそではぬらさじ)は、1970年婦人公論で発表された有吉佐和子による短篇「亀遊の死」を、有吉が自身で戯曲化したもの。幕末横浜が舞台の喜劇。初演は1972年の文学座公演、主演・お園は杉村春子が演じた[1]

目次

ストーリー編集

幕末の開港間もない横浜にある遊廓「岩亀楼」。病床にあった花魁の亀遊は恋仲の通訳・藤吉の励ましで快方に向かう。

ある日、薬問屋の大種屋に伴われ岩亀楼に来たアメリカ人イルウスが、大種屋の相手である亀遊を身請したいと言い出す。その交渉を通訳する藤吉は苦悩するが、結局イルウスが亀遊を身請することになる。しかし身請されることにより藤吉との恋が成就しないこと知った亀遊は自殺してしまった。

尊王攘夷派と開国派とが激しく争っていた当時、亀遊の死は異人に買われる事を嫌ったためと瓦版に書かれ、もてはやされた。読み書きできない亀遊の「露をだにいとふ倭(やまと)の女郎花(おみなえし)ふるあめりかに袖はぬらさじ」という辞世まで捏造される。「攘夷女郎」のいた岩亀楼はその話を聞きつけた客で賑わい、亀遊の幼馴染みである芸者のお園は亀遊の自殺の真相を知りながらも「攘夷のヒロイン」の話を客に語る事になり、その話も次第に脚色が重ねられることになる。

登場人物編集

  • お園(芸者)
  • 亀遊(お園の幼馴染、遊女)
  • 藤吉(通訳、亀遊の恋人)
  • イルウス(アメリカ人)
  • 大種屋(薬問屋の主人)

舞台編集

脚注編集

関連項目編集