メインメニューを開く

ぶらり信兵衛 -道場破り-』(ぶらりしんべえ どうじょうやぶり)は、フジテレビ系列1973年10月4日から1974年9月26日まで毎週木曜21:00 - 21:55(JST)に放映されたフジテレビ東映東映京都撮影所)製作の時代劇である。全50回。

ぶらり信兵衛
-道場破り-
ジャンル 時代劇
原作 山本周五郎人情裏長屋』より
企画 白川文造
脚本 倉本聰
土井行夫
飛鳥ひろし
野波静雄
田上雄
土橋成男
監督 斎藤武市
松尾正武
井沢雅彦
出演者 高橋英樹
浜木綿子 ほか
オープニング ボニー・ジャックス
プロデューサー 渡辺大年(フジテレビ)
田村嘉(東映
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1973年10月4日 - 1974年9月26日
放送時間 木曜21:00 - 21:55
放送枠 フジテレビ木曜夜9時枠時代劇
放送分 55分
回数 50

目次

概要編集

「十六店(じゅうろくだな)」という裏店長屋にある日、松村信兵衛と名乗る浪人が住み着く。素性は知れないが、仕官する気もなく、どうやら社会に愛想を尽かして出奔したらしい。信義に厚いが、腰の物は竹光で、長屋の連中からはお人好しだが少々頼りなく思われている。この信兵衛、実は神道無念流の達人であり、長屋の連中がお金に絡んだ困り事に巻き込まれると連中には内緒で「取手呉兵衛(とってくれべえ)」と名乗り、道場破りで人助けのための金を工面して都合をつける、一話完結型の人情譚。

途中から道場破りのシーンでは独特のSE(銃の流れ弾のような「ズギューン」と言った擬音など)が入るようになるほか、信兵衛に思いを寄せ、また妄想癖があるおぶんが中国皇帝源氏物語光源氏宮本武蔵などの扮装をしている信兵衛を夢想する。また、時代劇であるにもかかわらず全編を通じて人が斬られる殺陣が皆無に等しいなど、従来の時代劇とは異なる独自の演出が施された。

当初、放映期間は半年(2クール)の予定だったが、それまでにないスタイルの時代劇が好評となり、放映期間1年、全50回へ延長されることとなり、そのため、重助役の大宮敏充、おぶん役の武原英子のスケジュール調整がつかず、第27回から重助役は藤原釜足、おぶん役は葉山葉子へ交代となった。

最終回では長屋の住人が吉良邸討入り事件に遭遇し、赤穂義士の中に意外な人物を見つける。松村信兵衛とは世を忍ぶ仮の姿であった…!?

あらすじ編集

キャスト編集

主要人物編集

ゲスト編集

スタッフ編集

放送日程編集

放送回 放送日 サブタイトル 監督 脚本 ゲスト
1 1973年10月04日 人情裏長屋 斎藤武市 倉本聰 植木等五味龍太郎山根久幸
2 10月11日 さむらいの子 松尾正武 財津一郎村井国夫西村晃
3 10月18日 大当り千両長屋 井沢雅彦 土井行夫 桜むつ子宍戸錠
4 10月25日 かあちゃん頑張れ 松尾正武 飛鳥ひろし 市原悦子寺田農
5 11月01日 奇妙な仇討ち 井沢雅彦 野波静雄 河原崎長一郎葉山良二赤座美代子
6 11月08日 危うし!鼠小僧 斎藤武市 高城丈二藤山喜子波多野博
7 11月15日 大砲がやってきた 松尾正武 飛鳥ひろし 菊容子住吉正博長門裕之黒部進
8 11月22日 二十三人の裸侍 野波静雄 鳥居恵子亀石征一郎
9 11月29日 九年目の浮気 飛鳥ひろし 亀井光代富田仲次郎
10 12月06日 居候が恋をした 斎藤武市 山本学中村英子中村孝雄志賀勝
11 12月13日 立ち退き大作戦 松尾正武 野波静雄 金子信雄人見明
12 12月20日 金太の嫁さん 飛鳥ひろし 真山知子村田知栄子
13 12月27日 はきだめの鶴坊 斎藤武市 土井行夫 小池朝雄、土屋靖男
14 1974年01月03日 迷刀関の孫八 松尾正武 田上雄 多々良純有島一郎
15 01月10日 泣くな又平 斎藤武市 飛鳥ひろし 谷啓今井健二新橋耐子

上野山功一阿波地大輔

16 01月17日 大騒ぎ芝居見物 土井行夫 砂塚秀夫高田敏江近藤宏安部徹
17 01月24日 やきいもや 野波静雄 津川雅彦美川陽一郎梶三和子

山本麟一西川敬三郎

18 01月31日 おぶん可愛や孫娘 松尾正武 田上雄 桑山正一堺左千夫幾野道子

有川正治国一太郎

19 02月07日 乞食はつらいよ[注 1] 飛鳥ひろし 山田吾一大友柳太郎西山辰夫

宇南山宏金井由美

20 02月14日 石になった道場主 斎藤武市 野波静雄 島田正吾石山律雄
21 02月21日 追って沙汰する 土井行夫 ハナ肇太宰久雄小松方正
22 02月28日 ちちんぷいぷい 松尾正武 土橋成男 浜美枝長谷川明男原口剛

伊藤るり子近江輝子

23 03月07日 意地豆腐 飛鳥ひろし 松山省二緑魔子中田博久

清川新吾西田良山口朱美新海なつ

24 03月14日 片想い未練橋 斎藤武市 田上雄 御木本伸介
25 03月21日 妻と呼びたい 飛鳥ひろし 栗塚旭 藤岡重慶 永井秀明

五味龍太郎 明石潮 和田一壮

26 03月28日 悪い道場 良い道場 井沢雅彦 土井行夫 南原宏治、鳥居恵子、加藤嘉山岡徹也
27 04月11日 まごころ 松尾正武 飛鳥ひろし 京塚昌子谷村昌彦
28 04月18日 鶴が泣くとき酒が降る 野波静雄 芦屋雁之助
29 04月25日 ともしび 斎藤武市 土橋成男 森次晃嗣大川栄子吉川雅恵遠藤太津朗
30 05月02日 あるとき払い 松尾正武 飛鳥ひろし 鈴木瑞穂石橋蓮司
31 05月09日 もらい水 斎藤武市 土井行夫 横山道代井上昭文福本清三
32 05月16日 おりんと村次 松尾正武 土橋成男 吉行和子入川保則
33 05月23日 ころび茶碗 斎藤武市 野波静雄 酒井修、稲葉義男松木聖
34 05月30日 むかしも今も 飛鳥ひろし 赤座美代子小林勝彦高津住男
35 06月06日 平七おあきに首ったけ 松尾正武 土井行夫 佐藤蛾次郎
36 06月13日 ふり袖娘剣法 土橋成男 宮園純子
37 06月20日 通しゃんせ 中村玉緒梅野泰靖大泉滉
38 06月27日 ガマの油 斎藤武市 野波静雄 大山克巳江幡高志
39 07月04日 かんにん袋 飛鳥ひろし 穂積隆信工藤堅太郎
40 07月11日 めぐりあい 松尾正武 土橋成男 和泉雅子津島恵子
41 07月25日 とまれ銀太 斎藤武市 野波静雄 今井健二田崎潤千代田進一波多野博
42 08月01日 わらじ 飛鳥ひろし 津川雅彦
43 08月08日 侍だましい 松尾正武 中田博久、市毛良枝小鹿番
44 08月15日 うちへおいで 斎藤武市 土井行夫 草笛光子
45 08月22日 植木屋辰造 土橋成男 桂小金治藤岡重慶坂口徹

小柳圭子天王寺虎之助沢美鶴

46 08月29日 鍔鳴り浪人 松尾正武 田上雄 岡崎二朗光川環世沼田曜一
47 09月05日 当らぬも八卦 土井行夫 花沢徳衛
48 09月12日 五分の虫 野波静雄 三上真一郎服部妙子、黒部進
49 09月19日 いもうと 斎藤武市 土橋成男 竹下景子富川澈夫曽根晴美川谷拓三
50 09月26日 十六店は異状なし 飛鳥ひろし 高橋英樹(二役)、村井国夫

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ サブタイトルに差別用語を含み、また劇中にも今日では不適切な表現があるため、時代劇専門チャンネルでは、本作品が放送される度毎に、本編前にオリジナルのまま放送する旨のテロップが付されている。
  2. ^ この時期の『オールスター紅白大運動会』は、通常は『火曜ワイドスペシャル』での放送だが、この回は2時間番組となったため、この枠で放送された。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集