メインメニューを開く

べっぴんの町』(べっぴんのまち)は、1989年東映の配給で公開された日本映画

べっぴんの町
監督 原隆仁
脚本 柏原寛司
原作 軒上泊
音楽 埜邑紀見男
撮影 宗田喜久松
編集 冨田功
配給 東映
公開 1989年10月14日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

軒上泊の同名小説の映画化作品である。

元・法務教官という経歴を持つアマチュアのオプ(探偵)。“べっぴん”亜紀子から依頼された家出娘の捜索から、殺人事件にまで巻き込まれてゆく。

神戸(一部、芦屋市横浜市でのロケもあり)を舞台にハードボイルドタッチで描くミステリー。背景の様々な場面に阪神・淡路大震災以前の神戸の風景が収められており、現在では見ることの出来ない建物や風景を伺い知ることが出来る。

スタッフ編集

キャスト編集

ロケ地編集

関連項目編集

外部リンク編集