メインメニューを開く

ぼくは航空管制官シリーズ

ぼくは航空管制官シリーズ』(ぼくはこうくうかんせいかんシリーズ)は、1998年9月から株式会社テクノブレインより順次発売されたWindows対応の日本初の航空管制シミュレーションソフトのシリーズである。通称・略称は『ぼく管シリーズ』(ぼくかんシリーズ)、『ぼく管』である。2015年現在、第4シリーズである『ぼくは航空管制官4』まで発表されている[3]

ぼくは航空管制官シリーズ
ジャンル パズル風シミュレーション[1]航空管制シミュレーション[2]
開発元 テクノブレイン
発売元 テクノブレイン
1作目 ぼくは航空管制官
1998年9月
最新作 ぼくは航空管制官4
2015年9月17日
公式サイト ぼくは航空管制官4-I am an AirTraffic Controller
テンプレートを表示

元々はPCゲームであったが、PlayStation[4]PlayStation Portable版、ゲームボーイアドバンス版、携帯電話PHS[5]ニンテンドーDS版、ニンテンドー3DS[6]iOS[7]など派生ソフトも生まれている。日本国外への移植も行われており、北アメリカヨーロッパ向けに英語版の『I Am An Air Traffic Controller[8][9]や『Air Traffic Chaos[10]がリリースされているほか、台湾向けには中国語版の『夢幻飛機場[11]が発表されている。

概要編集

それまでの航空業界を題材としたシミュレーションゲームは、航空機操縦を目的としたゲーム[12]や、航空会社を題材とした経営シミュレーションゲーム[13]などがあった。前者は飛行機の操縦、後者は航空業界をメインとしていたのに対して、『ぼくは航空管制官シリーズ』では航空交通管制をメインとしたところが最大の特徴である。プレイヤーは航空管制官となって、航空機の飛行・離着陸・地上移動について指示を行う。

一般に、フライトシミュレーションなどの航空系のゲームは多くの専門知識を要求し、操作も高度な技術を要することが多い。さらに航空英語NATOフォネティックコードなど無線交信の知識も要求される。しかし、本ゲームは『お子さんから年配者まで、幅広い年齢層の方にお楽しみいただける、ちょっぴり知的な頭脳ゲームです』[14]と銘打たれており、簡単な操作で気軽にプレイできる工夫がなされている(一部キーボードショートカット機能を利用することも可能だが、基本的にマウス操作でゲームは完結する)。簡単な操作性に加えて、ゲーム初心者・航空初心者向けのチュートリアルも用意されており、ゲームをはじめるにあたって航空に関する知識はほとんど不要である。このように初心者向けに多くの配慮がなされているが、航空の知識をもつ中級者・上級者も楽しむことができ、プロフェッショナルパイロット航空管制官、あるいは、それらを目指す人々にも、このゲームの愛好家がいるという[15]。テクノブレインでは後に航空管制官の訓練に使用するシミュレータ『ULANS』を開発し、国土交通省に納入している。

ゲームのジャンルは航空管制シミュレーションである[2](初期作品はシミュレーター色は強くなかったが、後期の作品では現実を忠実に再現するシミュレーターの要素も強い)。一方で、航空機を配する工夫に知恵を絞るパズル風シミュレータとしての特徴もあわせもっている[1]

開発編集

スタッフ編集

開発の経緯編集

ぼくは航空管制官1編集

1990年代、『ぼくは航空管制官シリーズ』を開発するようになるまでは、テクノブレインPCソフト外注をしていた。当時は、不況の影響で先行きが不透明になる中、芦達剛(代表取締役)らは新しいビジネスモデルを模索していた。そのころ、社員を率いて大阪国際空港へ飛行機を見に行くことがあったという。そこで『飛行機は眺めているだけでも楽しい』[15]と感じた芦達は、『飛行機を眺めるソフト』[15]を創ろうと思いいたった。ただ飛行機を眺めるというだけの商品では芸がないので、そこに航空交通管制の要素を加えることにしたという。しかし、当時のテクノブレインのソフト開発は外注専門で、自社製品を創るノウハウはまだなかった。そんな会社が自社製品を売り出すことはリスクを抱えることになるが、議論の末、初代『ぼくは航空管制官』の制作にのりだすことになった。

当初、テクノブレイン社内に航空交通管制の専門知識はほとんどなかったが、一般財団法人航空交通管制協会に監修をしてもらえることになった。空港などにも足しげく通い、取材を重ねた(プレ取材の段階では、特に空港側にアポイントメントを取らずに行くこともあった上、飛行機ではなく建物の写真[31]を重点的に撮影していたため、警察官に職務質問されることもあったという)。取材にあたっては、地元航空ファンから、その空港のマニアックな詳細な情報を仕入れたという。その後、正式に空港事務所に取材に行き、詳細を詰める作業を行った。こうして得た情報を基に開発が進められることになった。

開発にあたっては、当時の芦達はDirectXの詳細な仕組みまでは理解が及んでいなかったという。そこで、DirectXについて勉強に勉強を重ね、ついにはそれを凌駕する自前のライブラリを作り上げるまでになった。結果、グラフィックスからサウンド、オーサリングに至るまで、ほとんどテクノブレインの独自規格が作られたという[15]。こうして、初代『ぼくは航空管制官』は世に出ることになった。

発売後、初代『ぼくは航空管制官』は好調な売り上げを記録し[32]、以後、同社の目玉商品となった。

ぼくは航空管制官2編集

ぼくは航空管制官2』(2001年10月18日発売)の開発では、ちょうどアメリカ同時多発テロ事件(同年9月11日)に時期が重なった。当時、テクノブレインではエアラインとの重要なやりとりを行う時期であったが、エアライン側はそれどころではない事態に陥っていた。ゲームに実在のエアラインを登場させる上で必要な使用許可も危ぶまれていたようだが、忙しい合間を縫って全日本空輸(ANA)の担当者が『(テロで大変なこのようなときにこそ)こういうソフトが必要だ』[15]と芦達に伝え、ゴーサインを出したという。のちになって、『ぼく管』は一介のゲームソフトではなく『航空業界の信頼』[15]を背負うことになったのだ、と芦達は語っている。こうして、アメリカ同時多発テロ事件の約1ヶ月後の10月18日に『ぼくは航空管制官2 東京ビッグウィングA』はリリースされた。

シリーズ編集

ゲームのシステム編集

『ぼくは航空管制官シリーズ』に共通のルールは、おおむね以下のとおりである。

  • ゲームを開始すると、航空管制官であるプレイヤーに各航空機のパイロットから運航の要求が次々と入ってくる。プレイヤーはそれに対応して、航空機に運航許可を与える。
  • プレイヤーの出した運航許可に従って航空機は運行を開始する。順調にフライトが進行すれば、得点が加算される。
  • 通常の航空機の運航以外にも、様々なイベント(曲技飛行事故・トラブルなど)が発生し、それらに正しく対処できれば、さらに得点が加算される。
  • パイロットの要求に長時間応えないなどすると、パイロットのストレス(を数値化したもの・不満度)がたまっていく。ためてしまったストレスの値に応じて、ゲーム終了時に総得点が引かれてしまう。
  • ゲーム内で規定された一定時間が経過した時点でゲーム終了となり、その時点で総得点が一定以上あれば、ゲームクリアとなる。(得点が不足した場合は時間切れが宣告され、ゲームオーバーとなる。)
  • ただし、ゲーム中に以下に示す事態が発生すると、即座にゲームオーバーとなる。
    • ストレスフル - パイロットのストレスの累計値が一定以上にたまってしまうこと。
    • ヘッドオン - 地上の航空機の前方を塞いでしまうこと[33]
    • ニアミス - 滑走路上・上空で航空機同士が異常接近してしまうこと。

以下に、ゲームに登場する一般的な旅客機の出発・到着便の流れを示す[34][35]。ただし、有視界飛行(計器などに頼らない目視での運行)をする航空機や軍用機などはこの限りではない。
また、本来の航空管制は、以下の担当毎にわかれて管制を行うが、当ゲームシリーズでは、プレイヤーは担当に関係なく、ほぼ全て(一部例外[36]はあるものの)の航空管制を担当させられる。

出発便編集

デリバリー
出発を控えた航空機は、まずデリバリーと呼ばれる管制の部門に無線で連絡を取り、出発の許可を求める。実際の航空管制では非常に複雑なやりとり(出発経路無線の設定、飛行高度の通達など)がなされるのであるが、ぼく管では「出発許可」のボタンひとつを押すだけで済む。出発許可を航空機に与えたら、次の部門であるグランド(もしくはランプ)にハンドオフ(管制セクションの引き継ぎ)を行う。
ランプ(成田空港が舞台の作品のみ)
ランプは、空港の地上(駐機場付近のみ)の交通を管理するセクションである。離陸滑走路の指定、プッシュバック許可、地上走行許可などを与える。尚、地上走行を始めた後、駐機場付近の誘導路から離れる前にグランドにハンドオフする。詳細はグランドの項を参照されたい。
グランド
グランドは空港の地上の交通を管理するセクションである。グランドでは、地上の航空機を滑走路の端まで誘導する。航空機は自力で後退できないので、まずは、トーイングカープッシュバックを行って、航空機を駐機場から出す必要がある。このときもグランドの許可が必要である。プッシュバックの際、航空機がどの滑走路を使うのかを決めることになる。航空機が離着陸するときは、基本的にに向かうようにさせる必要がある。ゲーム画面に表示される風向きを見ながら、選択肢のなかから適切な滑走路を選んでやる必要がある。プッシュバックが終わると、グランドは次に滑走路までの地上走行の許可を与える。グランドの指示通りに航空機が滑走路の近くまできたら、次はタワーにハンドオフを行う。
タワー
タワーは、滑走路とその周辺の上空を管理する。離陸着陸の許可を与えるのもタワーである。タワーは滑走路の端で待機する航空機に、滑走路周辺の安全を確認した上で離陸許可を与える。許可を得た航空機は、滑走路に入り、離陸を行う。前述のとおり、離陸は向かい風で行うのが推奨されているが、追い風でも強引に離陸させることもできる。ただし追い風離陸の場合は、パイロットのストレスが発生し、減点となる。航空機が安定して上昇を始めたら、次にディパーチャーにハンドオフを行う。
ディパーチャー
ディパーチャーでは、出発した航空機が安全に空港周辺から離れられるように誘導を行う。こちらも、現実の航空管制では複雑なやりとり(高度や方向などの詳細な指示)がなされるのであるが、ぼく管ではボタンを押すだけである。
航空機が、ゲームの舞台である空港周辺から離れたら、ディパーチャーからコントロールへハンドオフを行い、プレイヤーの仕事は完了である。

到着便編集

アプローチ
アプローチは空港に接近する航空機を管理する部門である。空港への着陸を求める航空機はアプローチの指示に従い、滑走路を目指す。現実の航空管制では、滑走路への進入コースを選び、高度・方角・速度を詳細に指示して、航空機が安全に空港に接近できるように誘導する。ぼく管では、基本的に2~3の選択肢のなかから選んで、ボタンを押すだけである。アプローチでは、航空機がどの滑走路に降りるかを決める。離陸と同様に、ゲーム画面に表示される風向きを見ながら、向かい風となる滑走路を選択する。航空機を滑走路への最終の着陸進入コースまで導いたら、タワーにハンドオフを行う。
タワー
タワーは、滑走路への最終の着陸態勢をとる航空機に着陸許可を与える。離陸の場合と同様に、滑走路周辺の安全を確認した上で着陸許可を与える。他の航空機が滑走路にいるなどの理由で、安全に着陸できないときは、着陸のやり直しを指示することもできる。離陸と同様に、着陸も向かい風の条件が推奨される。追い風であっても着陸の許可を出す事自体はできるが、パイロットが自主的に判断して、着陸のやり直しをすることになる。その場合は、パイロットのストレスが発生するばかりでなく、再度着陸をやり直すので、その時間の分だけフライトに遅延が発生する[37]。航空機が無事に着陸して、滑走路の外に脱出したら、グランドにハンドオフを行う。
グランド
グランドは、到着機を駐機場まで誘導する。空いている駐機場へと、航空機に地上走行の許可を与える。ここでも、ゲームでは、選択肢のなかから選んで、ボタンを押すだけである。尚、成田空港が舞台の作品のみ、駐機場付近に近づいたらランプにハンドオフする。
ランプ(成田空港が舞台の作品のみ)
ランプは、駐機場付近の誘導路内で一時停止や走行再開の指示を行う。ただし、一時停止などの指示を行うのは駐機場付近が混んでいる場合などに限られており、グランドから引き継いだ後は、ほとんど指示をする必要はない。
航空機が駐機場に到着したら、その航空機の運行は終了となる。

その他編集

架空の航空会社編集

テクノエア編集

ぼくは航空管制官2以降のシリーズを通して登場する、お馴染みの架空の航空会社。ゲーム中において、ステージによっては機体などにトラブルが発生する場合があるが、ゲーム中とはいえ実在の航空会社に深刻なトラブルを発生させることを避けるため、このテクノエアがシナリオ上のトラブルを発生させる役割を担っている[38][39]。これまでに、テクノエアは大小様々なトラブルを起こしているものの、機体を全損したり、死傷者を出したりするような大事故は起こしていない。ぼくは航空管制官3 大阪パラレルコンタクトに特に多く登場している。ただ、最近では制作に当たって許諾を得られなかった航空会社の代用として、トラブルなしで登場することもあり、ぼくは航空管制官3 成田ワールドウィングスでは、一度も事故やトラブルを起こさなかった。その理由は、全日本空輸が登場できなかったことから、その代用であるため。

テクノエア(TechnoAir)は略称・愛称、コールサインであり、正式名称はTechnobrain Airlinesである(航空会社コードTBA)。航空事業者としてのテクノエアは、DHC-8のような小型機からボーイング747のような大型機、ボーイング727Fを中心とした貨物機、飛行船コンコルドドリームリフター、果てはF/A-18Eなどといった戦闘機まで保有している。路線は日本国内の長距離・短距離路線から国際線までと幅広く就航しているという設定になっている。ノーマルカラー(ホワイトライトブルー)、”エコボン”さながらのグリーン塗装、ましてやゴールド塗装機まである。

テクノエア以外にも、海外版や特定の航空会社の協力のみで制作された作品では、実在の航空会社を元にした架空の航空会社が登場する場合もある。

テクノエアの保有機材一覧(ゲーム中で存在が確認されているもののみ)
便番号 就航区間(発-着) 機種 備考
96 羽田-女満別 A300 東京ビッグウィングAに登場。6:10分発のダイヤが組まれている。
326 羽田-帯広 DC-10 東京ビッグウィングAに登場。11:38分発のダイヤが組まれている。
662 伊丹-福岡 747-400 福岡オリエンタルウイングスに登場。12:40分着のダイヤが組まれている。
153 福岡-伊丹 DHC8-400 大阪インターシティエアポートに登場。16:00分着のダイヤが組まれている。青を基調とする配色のテクノエアの機材にあって珍しく、なぜか金色の塗装がなされている。
2007 関空-アンカレッジ 727 関西ブライトリーパスに登場。8:36分発のダイヤが組まれている。
- ツェッペリンNT 関西ブライトリーパスに登場。18:08分着の飛行計画が組まれている。左舷にはテクノエアのA300、右舷には同社の747が描かれている。機体番号はJA02TA。架空の関連会社Technobrain Airship Services(航空会社コードはTAS)の所属。
2232 那覇-福岡 A300貨物機 沖縄ブルーコリドーのファンステージに登場。10:05分発のダイヤが組まれている。登録番号はJA5963。
8864 関空-那覇 A300貨物機 沖縄ブルーコリドーのファンステージに登場。13:05分着のダイヤが組まれている。登録番号は同じくJA5963。
1998 遊覧飛行 F/A-18E 沖縄ブルーコリドーのファンステージに登場。13:10分発の飛行計画が組まれている。登録番号はJA3396。
9696 那覇-羽田 747-100 沖縄ブルーコリドーのファンステージに登場。13:30分発の飛行計画が組まれている。黒一色に「デクノ省」の塗装で、NASAのスペースシャトル輸送機を模した機体。登録番号はJA4649。
305 伊丹-羽田 737-500 大阪パラレルコンタクトに登場。移動のみで出発はしない。登録番号はJA600I。
270 伊丹-三沢 A300-600 大阪パラレルコンタクトに登場。10:05分発のダイヤが組まれている。登録番号はJA8080。
441 伊丹-長崎 A300-600 大阪パラレルコンタクトに登場。10:15分発のダイヤが組まれている。登録番号はJA8086。
8210 松本-伊丹 737-500 大阪パラレルコンタクトに登場。11:10分着のダイヤが組まれている。登録番号はJA2413。
1002 新千歳-伊丹 777-300 大阪パラレルコンタクトに登場。12:20分着のダイヤが組まれている。登録番号はJA386I。
829 伊丹-羽田 A300-600 大阪パラレルコンタクトに登場。11:45発のダイヤが組まれている。登録番号はJA8080。
12 福岡-伊丹 777-300 大阪パラレルコンタクトに登場。14:25着のダイヤが組まれている。登録番号はJA286I。テクノエアは通常青色系だが、この機体は珍しく緑色ベースの塗装となっている。
7065 但馬-伊丹 DHC8-400 大阪パラレルコンタクトに登場。14:19着のダイヤが組まれている。登録番号はJA3526。153便と同じく金色の塗装。
5073 伊丹-隠岐 DHC8-400 大阪パラレルコンタクトに登場。13:55発のダイヤが組まれている。登録番号はJA2413。
296 伊丹-鹿児島 A300-600 大阪パラレルコンタクトに登場。16:45発のダイヤが組まれている。登録番号はJA8080。
523 伊丹-宮崎 A300-600 大阪パラレルコンタクトに登場。16:20発のダイヤが組まれている。登録番号はJA8086。
765 羽田-伊丹 777-300 大阪パラレルコンタクトに登場。18:40着のダイヤが組まれている。登録番号はJA386I。
1102 奄美-伊丹 737-500 大阪パラレルコンタクトに登場。18:40着のダイヤが組まれている。登録番号はJA600I。
遊覧飛行 セスナ172 仙台エアマンシップに登場。8:30分発、11:23発の飛行計画が組まれている。登録番号はJA77TB。
遊覧飛行 セスナ172 仙台エアマンシップに登場。11:06分発の飛行計画が組まれている。登録番号はJA78TB。
羽田-新千歳 747-400 ゲームのステージではなく、チュートリアルに登場。
110 アンカレッジ-羽田 747-400F 東京ドリームゲートウェイに登場。9:20着のダイヤが組まれている。登録番号はJA01TB。
125 羽田-香港 747-400F 東京ドリームゲートウェイに登場。16:35発のダイヤが組まれている。登録番号はJA02TB。
119 アンカレッジ-羽田 747-400F 東京ドリームゲートウェイに登場。17:50着のダイヤが組まれている。登録番号はJA01TB。
6550 パリ-関空 787-8 ぼくは航空管制官4関空のAirShopステージに登場。09:05着のダイヤが組まれている。登録番号はJA7882。
6044 上海/浦東-関空 787-8 ぼくは航空管制官4関空のAirShopステージに登場。09:10着のダイヤが組まれている。登録番号はJA7889。この機体は珍しくオレンジ色の塗装となっている。
9429 アンカレッジ-関空 767-300F ぼくは航空管制官4関空に登場。08:20着のダイヤが組まれている。
6546 パリ-関空 787-8 ぼくは航空管制官4関空に登場。12:25着のダイヤが組まれている。
1716 那覇-伊丹 787-8 ぼくは航空管制官4関空に登場。13:15着のダイヤが組まれている。
9525 関空-上海/浦東 767-300F ぼくは航空管制官4関空に登場。23:35発のダイヤが組まれている。
9540 上海/浦東-関空 767-300F ぼくは航空管制官4関空に登場。14:15着のダイヤが組まれている。
1715 伊丹-那覇 787-8 ぼくは航空管制官4関空に登場。13:55発のダイヤが組まれている。
6395 関空-ドバイ 787-8 ぼくは航空管制官4関空に登場。14:30発のダイヤが組まれている。
9443 関空-成田 767-300F ぼくは航空管制官4関空に登場。17:50発のダイヤが組まれている。
1578 那覇-伊丹 787-8 ぼくは航空管制官4関空に登場。20:45着のダイヤが組まれている。登録番号はJA7880。
6710 福岡-マニラ 787-8 ぼくは航空管制官4福岡に登場。18:55発のダイヤが組まれている。登録番号はJA7887。
7445 福岡-釜山 737-800 ぼくは航空管制官4福岡に登場。20:25発のダイヤが組まれている。
6641 福岡-上海/浦東 737-800 ぼくは航空管制官4福岡に登場。10:10発のダイヤが組まれている。登録番号はJA7380。
6758 北京-福岡 787-8 ぼくは航空管制官4福岡に登場。12:25着のダイヤが組まれている。登録番号はJA788H。
1101 名古屋-福岡 737-800 ぼくは航空管制官4福岡に登場。11:20着のダイヤが組まれている。登録番号はJA7386。
1891 福岡-小松 737-800 ぼくは航空管制官4福岡に登場。08:05発のダイヤが組まれている。登録番号はJA7380。
8632 タッチアンドゴー訓練 787-8 ぼくは航空管制官4セントレアに登場。12:00で訓練終了の飛行計画が組まれている。登録番号はJA788F。
2324 北京-名古屋 A330-300 ぼくは航空管制官4セントレアに登場。18:10着のダイヤが組まれている。登録番号はJA3388。
2241 羽田-香港 737-800 ぼくは航空管制官4羽田2エクステンドシナリオ1に登場。07:10発のダイヤが組まれている。登録番号はJA738X。

AirShop編集

ゲーム中でテクノブレインのオンラインショップであるAirShopの商品を運送する架空の航空会社AirShop(えあしょっぷ)が登場する。AirShopはコールサインでもある。また航空会社コードはASPである。

ユーザー特典の先行予約販売編集

ユーザー登録者のみを対象として行なわれている販売形態で、一般発売の概ね1ヶ月前にはユーザーへ先行予約の通知メールが届く。メール内で指定されたアドレスから申し込みすると、一般発売の1週間程度前にはユーザーの手元に届くというもの。このため、ユーザー登録者は一般発売前に無理なく全ステージをクリアすることも可能である。メーカー公認のフライングゲットといえる事例であり、ユーザー登録者への特典としてのみならず、不正コピー防止策としての側面もある。

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ a b c ぼくは航空管制官3”. テクノブレイン. 2013年8月23日閲覧。
  2. ^ a b 羽田 with JAL ぼくは航空管制官 エアポートヒーロー3D”. ソニックパワード. 2013年8月23日閲覧。
  3. ^ ぼくは航空管制官4【公式サイト】”. テクノブレイン. 2015年4月11日閲覧。
  4. ^ PSアーカイブスに『ぼくは航空管制官』『PIPE DREAM 3D』が登場”. ファミ通. 2013年8月28日閲覧。
  5. ^ 『ぼくは航空管制官』がau用コンテンツに - ファミ通.com”. ファミ通. 2013年8月28日閲覧。
  6. ^ 『ぼくは航空管制官/エアポートヒーロー3D 成田 with ANA』2012年12月20日発売決定”. ファミ通. 2013年8月28日閲覧。
  7. ^ iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 ぼくは航空管制官 RUNWAY STORY 大阪”. アップル. 2013年8月28日閲覧。
  8. ^ I am an Air Traffic Controller 3 - Tokyo Big Wing Product Page”. aerostudios. 2013年8月30日閲覧。
  9. ^ I am an Air Traffic Controller Airport Hero Haneda Game”. ソニー. 2013年8月30日閲覧。
  10. ^ Air Traffic Chaos | Majesco Entertainment”. マジェスコ・エンターテインメント. 2013年8月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月30日閲覧。
  11. ^ 「ぼくは航空管制官2」(中文版)が台湾で発売決定”. テクノブレイン. 2013年8月30日閲覧。
  12. ^ Microsoft Flight Simulatorのようなフライトシミュレータエースコンバットシリーズサイドワインダーシリーズのようなフライトシューティング
  13. ^ エアーマネジメントシリーズ
  14. ^ ぼくは航空管制官2 新千歳Snowscape”. テクノブレイン. 2013年8月23日閲覧。
  15. ^ a b c d e f 一台のパソコンから全てが始まる | Vol.14 | バックナンバー | アキューム”. 京都コンピュータ学院. 2013年8月23日閲覧。
  16. ^ a b ぼくは航空管制官3 大阪パラレルコンタクト”. テクノブレイン. 2013年8月23日閲覧。
  17. ^ 株式会社テクノブレイン 企業情報”. テクノブレイン. 2013年8月23日閲覧。
  18. ^ CONTRAIL ぼくは航空管制官サウンドトラック”. テクノブレイン. 2013年8月23日閲覧。
  19. ^ NHK みんなのうた - いたずラッコ - 水森亜土”. NHK. 2013年8月23日閲覧。
  20. ^ NHK みんなのうた - なっとうダ! - 松居直美”. NHK. 2013年8月23日閲覧。
  21. ^ ぼくは航空管制官サウンドトラックVol.2|ATC3 BGM Collection”. テクノブレイン. 2013年8月23日閲覧。
  22. ^ ぼくは航空管制官3 東京ビッグウイング”. テクノブレイン. 2013年8月23日閲覧。
  23. ^ セプテンバー [September]”. ユーキャン. 2013年8月23日閲覧。
  24. ^ 【ゲームジェネラル】 『ぼく管2』にはかわいいキャラも!! 弊誌キャラ企画スタート間近!!”. ゲームジェネラル. 2013年8月23日閲覧。
  25. ^ 【ゲームジェネラル】 虹色エアライン”. ゲームジェネラル. 2013年8月23日閲覧。
  26. ^ なにわ?のほーむぺーじ <今までのおしごと>”. なにわ?. 2013年8月23日閲覧。
  27. ^ 安國 愛菜 | 声優・アニソン・キャラソン|プロダクション・エース”. プロダクション・エース. 2016年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  28. ^ 帆足 桃子 | 声優・アニソン・キャラソン|プロダクション・エース”. プロダクション・エース. 2013年8月26日閲覧。
  29. ^ 三宅 亜依 | 声優・アニソン・キャラソン|プロダクション・エース”. プロダクション・エース. 2013年9月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  30. ^ 夏水 erico (なつみ えりこ) - プロフィール”. 夏水erico. 2013年8月26日閲覧。
  31. ^ もちろん、建物の写真はゲームの空港モデルの制作のためである。
  32. ^ ぼくは航空管制官シリーズ”. テクノブレイン. 2013年8月23日閲覧。
  33. ^ 通常、航空機は自力で後退できないため、航空機の前方を他機などで塞ぐと、ゲームオーバーになる。
  34. ^ 猫でも遊べる!カンタン!「ぼく管2-東京ビッグウイングA」”. テクノブレイン. 2010年4月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月25日閲覧。
  35. ^ 管制官”. ソニックパワード. 2013年8月25日閲覧。
  36. ^ ぼくは航空管制官4シリーズの一部シナリオ等
  37. ^ 到着便が予定到着時間を大幅に過ぎて空港に到着すると、ここでもまたストレスが発生する。
  38. ^ ぼくは航空管制官2 大阪パラレルコンタクト”. テクノブレイン. 2013年8月27日閲覧。
  39. ^ 4Gamer.net ― 航空管制官となり、大阪の空の安全を守れ! 「ぼくは航空管制官3 大阪パラレルコンタクト」を紹介”. 4Gamer.net. 2013年8月27日閲覧。