メインメニューを開く

まいづるは、西日本旅客鉄道(JR西日本)が京都駅 - 東舞鶴駅間を山陰本線嵯峨野線)・舞鶴線経由で運行する特別急行列車である。

まいづる
KTR 8000 series in Tango-no-umi design (at Amanohashidate station).jpg
KTR8000形による「まいづる」
概要
種類 特別急行列車
現況 運行中
地域 京都府
前身 急行丹後
運行開始 1999年10月2日
運営者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
路線
起点 京都駅
終点 東舞鶴駅
営業距離 102.6 km (63.8 mi) (京都 - 東舞鶴間)
運行間隔 7.5往復
使用路線 JR西日本:山陰本線嵯峨野線)・舞鶴線
車内サービス
クラス 普通車
座席 普通車指定席:
6・7号車(287系)
6号車(KTR8000系)
普通車自由席
5号車(287系・KTR8000系)
技術
車両 287系電車(JR西日本福知山電車区
KTR8000形気動車KTR西舞鶴運転区
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 直流1,500V(287系)
非電化(KTR8000系)
運行速度 最高120 km/h (75 mph)
テンプレートを表示
183系のヘッドマーク

北近畿ビッグXネットワークを形成する列車の一つである。イメージカラーは橙色)で、京都府舞鶴市にある赤れんが倉庫群にちなんでいる。

目次

概要編集

特急「まいづる」の前身は、1972年10月のダイヤ改正で急行「丹後」の増発により新設された、山陰本線京都方面からの東舞鶴駅直通列車である。その後、1985年(昭和60年)には特急「あさしお」が東舞鶴駅までの運転を開始した。

1996年3月に山陰本線の園部駅 - 綾部駅間が電化され、京都駅 - 城崎駅(現在の城崎温泉駅)間が全線電化されると同時に、特急「あさしお」と急行「丹後」は廃止され、京都駅と東舞鶴駅を直通する列車は、夏季・冬季に走った臨時列車である急行「舞鶴」などの一部を除いて廃止された(西舞鶴駅までは、当時京都駅発着だった「タンゴエクスプローラー」が乗り入れていた)。

1999年10月2日舞鶴線電化開業に伴い、現在の特急「まいづる」が新設された。2004年(平成16年)にさらに1往復増発され、「タンゴディスカバリー」と合わせて京都駅 - 東舞鶴駅間には5往復の特急列車が走るようになった。2011年には列車名統合によって「タンゴディスカバリー」の一部を吸収している。

「まいづる」はJRの特急列車では珍しく複数の都道府県を跨いで走らない列車であり、運行区間全てが京都府内で完結する。一つの都府県だけで運行区間が完結するJRの特急列車はJR北海道の特急を除けば本州では「まいづる」の他には新潟上越妙高新井を結ぶ「しらゆき」と東京新宿八王子を結ぶ「はちおうじ」、東京・新宿と青梅を結ぶ「おうめ」と金沢和倉温泉を結ぶ「能登かがり火」があり、JR四国では松山宇和島を結ぶ「宇和海」、高知中村宿毛を結ぶ「あしずり」、徳島阿波池田を結ぶ「剣山」、徳島と牟岐海部を結ぶ「むろと」が、JR九州では博多門司港を結ぶ「きらめき」、博多と直方を結ぶ「かいおう」、延岡宮崎南宮崎宮崎空港を結ぶ「ひゅうが」がある。

運行概況編集

2015年3月14日現在、京都駅 - 東舞鶴駅間に下り8本、上り7本が運転されており、全列車が京都駅 - 綾部駅間は福知山・豊岡方面発着の特急「きのさき」または「はしだて」と連結運転を行っている。綾部駅ではスイッチバックを行って列車の進行方向が変わる。

夜間滞泊西舞鶴駅で行っている。ただし、福知山電車区まで回送される運用が1本ある。

2003年春から「まいづる」のうち1往復が、観光シーズン(特に、松葉ガニシーズンがピークとなる11月から翌3月まで)や祝休日などの多客期に臨時列車として、東舞鶴駅 - 小浜駅間で延長運転が行われていたが[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12]、この延長運転は現在行われておらず、その代替として東舞鶴駅で小浜線普通列車と相互接続させることで、利便性をカバーしている。

停車駅編集

京都駅 - 二条駅 - 亀岡駅 - 園部駅 - (日吉駅) - 綾部駅 - 西舞鶴駅 - 東舞鶴駅

  • ( )は2・11号のみ停車。
  • かつては一部列車が胡麻駅和知駅に停車していたが、2011年3月11日を最後に全列車通過となった。

使用車両・編成編集

2013年3月16日現在の編成図
まいづる
← 綾部
東舞鶴/京都 →
287系
5 6 7
KTR
8000形
5 6
  • 全車禁煙
  • 綾部駅 - 京都駅間は逆向き
凡例
指=普通車座席指定席
自=普通車自由席

2011年3月12日のダイヤ改正より、JR西日本287系電車(FC編成、下り6本/上り5本)および、北近畿タンゴ鉄道KTR8000形気動車(2往復)が使用されている。前日の11日までは183系電車が使用されていた[13]

全列車が普通車のみで、グリーン車は連結されていない。綾部駅で方向転換を行うが、舞鶴線内での走行は30分に満たないため、東舞鶴駅始発の列車の座席は進行方向と逆向きにセットされている。

また、KTR8000形の新デザイン編成「丹後の海」(テンプレートの画像)も導入されている。

沿革編集

 
舞鶴には、赤れんが倉庫群など旧帝国海軍の遺跡が多数残っており、特急「まいづる」のイメージカラーも赤れんがにちなむ。
  • 1999年(平成11年)10月2日:京都駅 - 東舞鶴駅間で「まいづる」が3往復運転開始[14]。当時は全区間単独運転で、グリーン車が連結された6両または4両編成で運行されていた。
  • 2003年(平成15年)10月1日:下り2本・上り1本が増発される[15]。また、このダイヤ改正から京都駅 - 綾部駅間は全列車「たんば」「はしだて」との併結運転を開始し、普通車のみの3両編成になる。
  • 2004年(平成16年)3月13日:1往復が増発[16]
  • 2007年(平成19年)3月18日:全車禁煙になる[17]
  • 2011年(平成23年)3月12日:183系の運用を終了し、287系およびKTR8000形が投入される。また、列車名統合によって併結運転の相手を「たんば」から「きのさき」に変更し、一部列車が行っていた胡麻駅和知駅への停車を取りやめる[13]

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平成15年 春の臨時列車運転についてインターネットアーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年1月16日
  2. ^ 平成15年度 【 夏 】の臨時列車の運転(福知山支社)(インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年5月16日
  3. ^ 平成16年春季臨時列車の運転計画について (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道福知山支社プレスリリース 2004年1月16日
  4. ^ 平成16年 【 夏 】 の臨時列車運転について (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道福知山支社プレスリリース 2004年5月14日
  5. ^ 平成17年春季臨時列車の運転計画について (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道福知山支社プレスリリース 2005年1月14日
  6. ^ 平成17年【夏】の臨時列車の運転(別紙詳細) (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2005年5月20日
  7. ^ 平成17年度冬季臨時列車の運転計画について (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2005年10月14日
  8. ^ 平成18年【春】の臨時列車の運転(別紙詳細) (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2006年2月1日
  9. ^ 平成18年【夏】の臨時列車の運転について (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道福知山支社プレスリリース 2006年5月19日
  10. ^ 平成18年 【 秋 】 の臨時列車の運転について(北近畿エリア) (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道福知山支社プレスリリース 2006年8月24日
  11. ^ 平成18年度冬季臨時列車の運転計画について (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道福知山支社プレスリリース 2006年10月13日
  12. ^ 平成19年【春】の臨時列車の運転 (PDF) (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2007年1月19日
  13. ^ a b 平成23年春ダイヤ改正について (PDF) - 西日本旅客鉄道福知山支社プレスリリース 2010年12月17日
  14. ^ 平成11年秋 ダイヤ改正について(別紙詳細)(インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 1999年7月30日
  15. ^ 平成15年秋 ダイヤ改正(福知山エリア)(インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年7月30日
  16. ^ 『JR気動車客車編成表』'04年版 ジェー・アール・アール 2004年 ISBN 4-88283-125-2
  17. ^ 平成19年春ダイヤ改正(詳細別紙) (PDF) (インターネット・アーカイブ) - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2006年12月22日

関連項目編集

外部リンク編集