アーノルド・シュワルツェネッガーのサインと手型・足型が刻まれたグローマンズ・チャイニーズ・シアターのブロックタイル。サインの下に "I'll be back" の文字が刻まれている。

また戻ってくる」(またもどってくる、英語: I'll be back)は、俳優アーノルド・シュワルツェネッガーが映画で演じる数多くの人物が発する台詞である。日本語訳は翻訳者により若干異なる[注 1]

マイコミジャーナルの「つい口に出してしまう映画の名台詞」では第1位[1]アメリカン・フィルム・インスティチュートの『アメリカ映画の名セリフベスト100』では37位に位置する[2]

この言葉に対し、戻ってきた際に発せられる台詞として「戻ったぞ」(英語: I'm Back[注 2]が存在する。この台詞も、シュワルツェネッガーの出演する映画では多く用いられている。

歴史編集

この台詞が初めて登場した作品は『ターミネーター』(1984年)であり、シュワルツェネッガーの演じたT-800が警察署窓口で発するものである[注 3]。シュワルツェネッガーは当初、「I'll be back」という台詞が砕けていて女性的だと嫌い、監督のジェームス・キャメロンに何度も「I will be back」の方が機械的で、自身のドイツ語訛りを活かせるとして変更を求めたが、「僕は君に演技指導をしないから、君は脚本に口出ししないでくれ」と強硬に突っぱねられ、聞き入られなかった[3]。なお、初期の脚本における台詞は「I'll come back」であり、同年に発売されたノベライズ作品も「I'll come back」のままになっている。

次年に公開された『コマンドー』(1985年)でも、主人公として演じたジョン・メイトリックスが宿敵のベネット(演:ヴァーノン・ウェルズ)に対して発する。

ターミネーター2』(1991年)では第一作目へのオマージュも含め、コナー親子(+ダイソン)とのサイバーダイン社での破壊活動後、警察に包囲されている状況で発する[注 4]

ラスト・アクション・ヒーロー』(1993年)では、主人公であり映画の中(劇中劇)の人物、ジャック・スレイターを演じた際に発し、現実世界の少年ダニー・マディガン(演:オースティン・オブライエン)に「(その台詞を言うのは)あんたの名刺のようなもの」、「(映画を見ている)みんながそれを言うのを待っている」と言われるシーンがある。

なお、「I'll be back」は、かたちを変えて使われることもある。例えば『シックス・デイ』(2000年)では「I might be back」(戻って来たいと思う)、『ターミネーター3』(2003年)では「She'll be back」(彼女は戻って来るさ)となっている。

『ラスト・アクション・ヒーロー』で返される台詞のように、「I'll be back」と「I'm back」はシュワルツェネッガーの代名詞となっており、訪日した際や、マスメディアへのインタビューでは、ほぼ必ず発している。

使用されている作品編集

映画タイトル シリーズ名 公開年 備考
ターミネーター ターミネーターシリーズ 1984年
コマンドー 1985年
ゴリラ 1986年 「I'll be right back」
バトルランナー 1987年
ツインズ 1988年
トータル・リコール 1990年
キンダガートン・コップ 1990年 「I'm back」
ターミネーター2 ターミネーターシリーズ 1991年
ラスト・アクション・ヒーロー 1993年
ジュニア 1994年 「It's nice to be back」
ジングル・オール・ザ・ウェイ 1996年 「I'll be back with the doll」
シックス・デイ 2000年 「I might be back」
ターミネーター3 ターミネーターシリーズ 2003年 「She'll be back」
「I'm back」
ターミネーター4 ターミネーターシリーズ 2009年 [注 5]
エクスペンダブルズ2 エクスペンダブルズシリーズ 2012年 [注 6]
ターミネーター:新起動/ジェニシス ターミネーターシリーズ 2015年
ターミネーター:ニュー・フェイト ターミネーターシリーズ 2019年 「I won't be back」
[注 7]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 「また来る」、「必ず戻ってくるぞ」、「戻ってくるぜ」など。『バトルランナー』のように、「また会おうぜ」と前後の文脈から違ったニュアンスの言葉になった例もある。また、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』では、日本語翻訳せずにそのまま「アイルビーバック」と字幕表示、吹き替えされている。
  2. ^ 翻訳によっては「今戻った」、「戻ってきたぞ」など。
  3. ^ 状況は「サラ・コナーに会わせてくれ。」というT-800に対し、警察官が「現在サラ・コナーは聴取中で会えない。待つならベンチでどうぞ。」と答え、T-800が「また来る。」というもので、いったん外へ出たあと、すぐに文字どおりの意味で、車に乗って警察窓口へ「戻ってくる」。
  4. ^ その後、コナー親子を乗せるために奪ったトラックに乗り「戻ってくる」。なお終盤の溶鉱炉に入っていくシーンでは指を突き出すだけで特に言葉は発しない。
  5. ^ シュワルツェネッガーがCG合成によるカメオ出演のみで、彼の代わりにジョン・コナー(演:クリスチャン・ベール)が「I'll be back」を言う。
  6. ^ トレンチ(演:アーノルド・シュワルツェネッガー)がこの台詞を使うと、会話相手のチャーチ(演:ブルース・ウィリス)に「I'll be back」と言い返され、それに対してトレンチは「yippee yi yea」と発するシーンが存在する。
  7. ^ シュワルツェネッガーの代わりにサラ・コナー(演:リンダ・ハミルトン)が「I'll be back」を言う。

出典編集

  1. ^ つい口に出してしまう映画の名台詞Top10 - 1位は"I'll be back" - マイナビニュース、2007年11月10日配信
  2. ^ AFI'S 100 GREATEST MOVIE QUOTES OF ALL TIME” (英語). AFI.com. 2014年7月15日閲覧。
  3. ^ アーノルド・シュワルツェネッガー、本当は「I'll be back」を言いたくなかった! Archived 2014年7月15日, at the Wayback Machine. - エキサイトニュース、2012年10月5日配信