メインメニューを開く

まなべ ゆきこは、日本の脚本家アプレ所属。

略歴編集

東京都出身。04年、映画『おと・な・り』(09)の原案である「A/PART」が函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞長編部門で佳作受賞。 以来、主に映画を中心に脚本家として活躍する一方、09年には小説「おと・な・り~萌芽のころ~」で、小説にも進出。13年の映画『ジンクス』でも、原作・脚本を担当し、同名の小説も執筆している。

主な作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

  • 義経(NHK大河ドラマ 2005年/脚本協力)
  • ワイルドライフ 〜国境なき獣医師団R.E.D.〜 第2話 パンダの涙 (NHKドラマ 2008年/脚本)
  • バウンサー(BSスカパー!オリジナル連続ドラマ 全10話 2017年4月〜/脚本)
  • 連続殺人鬼カエル男(このミステリーがすごい大賞ドラマシリーズ 関テレ 全8話 2020年1月〜/脚本)

小説編集

  • 「おと・な・り〜萌芽のころ〜」(2009年 角川出版)
  • 「ジンクス!!!」(2013年 角川文庫)

脚注編集

  1. ^ “『心が叫びたがってるんだ。』が実写映画に!中島健人×芳根京子×石井杏奈×寛一郎”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2017年3月15日). http://www.cinematoday.jp/page/N0090288 2017年3月15日閲覧。