まぼろしのペンフレンド

まぼろしのペンフレンド』は、眉村卓SFジュブナイル小説1970年刊)。およびそれを原作とするテレビドラマ作品。

まぼろしのペンフレンド
著者 眉村卓
イラスト 岩淵慶三(挿絵)
発行日 1970年
発行元 岩崎書店
ジャンル 長編小説
SF小説
ジュブナイル小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 283
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

概要編集

1966年に『中学一年コース』(学習研究社)において連載、岩崎書店「SF少年文庫」シリーズとして1970年に刊行された[1]NHK総合少年ドラマシリーズ」で1974年に、NHK教育ドラマ愛の詩」で2001年にそれぞれテレビドラマ化。

あらすじ編集

東京に住む中学生:渡辺明彦は一年ほど前に雑誌の文通欄に名前を載せて日本各地のペンフレンドと手紙をやりとりしていたが今では特定の数名と定期的に便りを交換するだけだった。 ある日大阪から本郷令子という聞き覚えのない差出人名で「あなたの学校や家庭やお友達のことをできるだけ詳しく教えて欲しい」という内容で調査費と称する一万円札が同封された手紙が届く。送付元の住所を調べると存在しない住所だった。手紙をやりとりするうちに明彦の周囲に自分とそっくりの偽者が現れるようになる。やがて本郷令子から東京に来るので駅まで迎えに来てほしいという手紙が来るが…。

書誌情報編集

テレビドラマ編集

NHK『少年ドラマシリーズ』版編集

まぼろしのペンフレンド
ジャンル テレビドラマ
原作 眉村卓
脚本 岩間芳樹
演出 黛叶
出演者 山賀裕二
池上季実子
若山弦蔵
加藤小代子
音楽 広瀬量平
製作
制作 NHK
放送
放送チャンネルNHK総合
放送国・地域  日本
放送期間1974年4月15日 - 5月1日
放送時間月-水曜 18:05 - 18:29
放送枠少年ドラマシリーズ
放送分24分
回数9
テンプレートを表示

1974年4月15日から5月1日に NHK少年ドラマシリーズ」の29作目としてNHK総合にて月曜から水曜の18時5分から18時29分に放送された。全9話。現存する映像は発見されていない[2]

キャスト編集

スタッフ(NHK)編集


NHK総合 少年ドラマシリーズ
前番組 番組名 次番組
ぼくのおじさん
(1974年3月18日 - 4月12日)
なぞの転校生
1974年4月15日 - 5月1日
ユタとふしぎな仲間たち
(1974年5月6日 - 5月8日)

NHK『ドラマ愛の詩』版編集

幻のペンフレンド2001
ジャンル テレビドラマ
原作 眉村卓『まぼろしのペンフレンド』
脚本 山永明子
藤長野火子
製作
制作 NHK
放送
放送チャンネルNHK教育
放送国・地域  日本
放送期間2001年1月6日 - 3月24日
放送時間土曜 18:00 - 18:29
放送枠ドラマ愛の詩
放送分29分
回数12
NHKドラマの紹介ページ
テンプレートを表示

2001年1月6日から3月24日にかけNHK教育の土曜18時から18時29分の「ドラマ愛の詩」枠の一作として『幻のペンフレンド2001』のタイトルで放送された。

キャスト編集

スタッフ編集

この項出典[3]

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ [1] - 国立国会図書館サーチ
  2. ^ 2014年11月の特集 NHK番組発掘プロジェクト通信”. 2020年1月7日閲覧。
  3. ^ 幻のペンフレンド2001 - ドラマ詳細データ - テレビドラマデータベース

参考文献編集

外部リンク編集

小説
テレビドラマ(NHK教育)