まらそん侍』(まらそんざむらい)は、1956年に公開された森一生監督の日本映画

まらそん侍
監督 森一生
脚本 八木隆一郎
原作 伊馬春部
製作 酒井箴
出演者 勝新太郎
音楽 鈴木静一
撮影 本多省三
製作会社 大映大映京都撮影所
配給 大映
公開 日本の旗1956年2月5日[1]
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1855年(安政2年)に安中藩板倉勝明が藩士に鍛錬のために行わせた「安政遠足とおあし」を題材の下敷きとしている。「安政遠足」は1955年に関連古文書が発見されたことでその存在が知られ、「日本最初のマラソン」として当時大きなニュースになった[2]:80。これを受けて1955年11月に劇作家伊馬春部の原作による放送劇(ラジオドラマ)『安政奇聞まらそん侍』がNHKで放送された(1956年に伊馬の手で『まらそん侍』の題で小説版が刊行されている)。この放送劇を八木隆一郎が脚色し、映画化したのが本作である[3]

藩校に通う若侍たちが、名誉と恋の行方をかけて「遠足の儀」で競う物語で、これに藩の秘宝を盗み出して逃亡を図る盗賊や、若侍たちを妨害しようとする悪漢・悪家老の陰謀もからむ、娯楽作品である[3]

キャスト編集

同時上映編集

映像ソフト編集

1985年9月25日に、本作を収録したVHSビデオソフトが発売された。

脚注編集

  1. ^ まらそん侍 - 日本映画データベース
  2. ^ 安政遠足侍マラソンにみる文化資源化」『スポーツ史研究』第30号、2017年、2020年1月23日閲覧。
  3. ^ a b まらそん侍”. KADOKAWA. 2021年1月23日閲覧。

関連項目編集

  • 幕末まらそん侍 - 2014年に刊行された土橋章宏の小説。安政遠足を題材とする。『サムライマラソン』の題で映画化された。

外部リンク編集