まるや八丁味噌

株式会社まるや八丁味噌(まるやはっちょうみそ)は、愛知県岡崎市に本社を置く八丁味噌メーカー。大田家の口伝によれば創業は1337年延元2年)といわれる[1]。個人、団体どちらでも工場見学もできる(蒟蒻田楽、お土産付)。

株式会社まるや八丁味噌
本社事務所
本社事務所
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
444-0923
愛知県岡崎市八帖町往還通52
設立 1931年(昭和6年)1月16日
業種 食料品
法人番号 8180301001903
事業内容 八丁味噌等の製造販売
代表者 代表取締役社長 浅井信太郎
資本金 1650万円
従業員数 48人
外部リンク http://www.8miso.co.jp/
テンプレートを表示

目次

歴史編集

  • 1337年延元2年) - 太田弥治右衛門が、現在の岡崎市八帖で味噌醸造業を始めた。
  • 1873年(明治6年) - 現在の事務所を建築[2]
  • 1931年(昭和6年) - 合名会社大田商店を設立。
  • 1956年(昭和31年) - 八丁味噌に米こうじみそをあわせた調合味噌(現在の「ゴールド赤だし」)を発売[3]
  • 1987年(昭和62年) - アメリカ有機食品認定機関OCIAの認証取得。
  • 1990年(平成2年) - 合名会社まるや八丁味噌に会社名変更。
  • 1996年(平成8年) - 株式会社まるや八丁味噌に組織変更
  • 2004年(平成16年) - 代表取締役に浅井信太郎が就任(第21代目)[4][5]
  • 2005年(平成17年) - 5月、カクキューとともに八丁味噌協同組合を設立[6]
  • 2009年(平成21年) - 愛知県味噌溜醤油工業協同組合から離脱[7]
  • 2014年(平成26年) - 本社事務所が市の景観重要建造物に指定された[8][2]

主な商品編集

  • 有機八丁味噌
  • 三河三大豆の八丁味噌
  • 無添加八丁味噌
  • ゴールド赤だし
  • 三葉葵赤だし
  • まるやのみそだれ
  • 八丁味噌みそ煮込みうどん

備考編集

  • NHK連続テレビ小説純情きらり』(2006年)では、カクキューとともに撮影現場として、使用された。その時、桶のを竹で作ろうとしたが作れる人がいなかったので、金属製の箍をダミーで覆って撮影した。
  • 豊臣秀吉が泥棒に入った時の逸話がある井戸がある[2]
  • 木桶は約200[9]。石を積める職人は2人。

ギャラリー編集

周辺の道路編集

脚注編集

外部リンク編集