メインメニューを開く

まんがライフオリジナル

まんがライフオリジナル』は、竹書房発行の4コマ誌。略称はライオリ。発売日は毎月11日(ただし、流通事情により前後する)。定価は330円(290円から数度改定)でB5版、中綴じ。共通雑誌コード:18319。

1988年7月11日に『まんがライフオリジナル8月号』として創刊。

目次

概要編集

まんがライフ』同様、ファミリー向け4コマ誌として創刊。2000年前後から新世代作家を中心とした青年・女性向け4コマの要素も取り入れつつあるが、竹書房刊の他誌と比較して作品群のスタイルの変化は少なく、姉妹誌の中ではファミリー向け4コマ誌としての色合いを最も強く残している。萌え系4コマ路線の取り入れについては、ももせたまみ作の『せんせいのお時間』の連載が1997年よりスタートするなど、他誌よりも早めであったが、2003年6月に創刊された『まんがライフMOMO』への同作品の移籍と同時に、その役割も同誌へと移された。

2006年10月号より、ふきだし・見出しなどに使われる書体が写植系のものからDTPのものに切り替わっている。

表紙の変遷編集

4コマ誌においては、他のジャンルの漫画雑誌と異なり、メインとなる表紙イラストが1名の作家によって複数月連続して担当される、という特徴がある。また、竹書房の同種雑誌の場合は通常、表紙は巻頭カラー作品と同一であり、文字どおり看板作品である。ここでは、本誌の表紙イラストを担当していた作家・作品と、その担当していた期間を記す。

  1. 田中しょう(はっさく君)(創刊号 - 19xx年x月号)
  2. 秋月りす(かしましハウス)(199x年x月号 - 2003年5月号)
  3. 秋月りす(おうちがいちばん)(2003年6月号 - 2016年1月号)
    • 2005年6月号よりロゴなどのリニューアル
  4. 宮成楽 / 唐草ミチル(晴れのちシンデレラ / 銀子の窓口)[1](2016年2月号)
  5. 秋月りす / 東屋めめ(おうちがいちばん / リコーダーとランドセル)[2](2016年3月号)
  6. むんこ(だから美代子です)[3](2016年4月号)
  7. 迂闊(のみじょし)[4](2016年5月号)
  8. 深谷かほる(エデンの東北)[5](2016年6月号)
  9. 大井昌和(ちぃちゃんのおしながき)[6](2016年7月号 - 現在)

現在連載されている主な作品編集

連載開始号の古い順(2016年11月号時点)

企画編集

現在定期的にゲスト掲載されている主な作品編集

  • 母と息子シリーズ(仙石寛子、2010年8月号 - )
  • プレゼントフォーユー(四宮しの、2015年1月号 - )

現在断続的に掲載されている主な企画編集

  • ライオリコレクション(2015年4月号 - )※多数の漫画家により1ページずつ競作された企画記事

長期休載中の作品編集

  • なっちゃんはね!?(南ひろこ、19xx年x月号 - 2008年1月号・休載中)
  • はるまち・ダンス佐藤両々、2013年5月号 - 2014年7月号・10月号 - 2015年2月号・7月号 - 8月号・10月号・休載中)『まんがくらぶオリジナル』にて並行連載(終了。最終号まで)

過去に連載されていた主な作品編集

連載開始号の古い順

  • がんばる父さん(田中しょう、「はっさく君」より改題、創刊号 - 2009年12月号)
  • オバタリアン堀田かつひこ、創刊号 - 199x年x月号)
  • あしたは晴れっ!!(なりゆきわかこ、創刊号 - 2005年5月号)
  • えんかい君(松田まさお、創刊号 - 2007年11月号)
  • ときめきカップル(窪田まり子、19xx年x月号 - 2006年12月号)
  • 家庭の事情(おだ辰夫、原作:西ゆうじ、1990年x月号 - 1992年x月号)※『ビッグコミックスペリオール』(小学館)より移籍、ショートストーリー
  • かしましハウス(秋月りす、199x年x月号 - 2003年5月号)
  • おバカさん(平岡奈津子、19xx年x月号 - 2009年10月号)
  • だってヤンママすみれいこ、1994年x月号 - 2010年4月号)※『まんがライフ』にて継続
  • あしたもゲンキ!(丹沢恵、1994年7月号 - 2001年2月号)※『まんがライフ』にて並行連載(1994年7月号 - 1995年12月号まで)
  • 今日のおススメ!(新田朋子、1994年x月号 - 2005年5月号)
  • 奥様うでまくりっ!(野中のばら、1994年x月号 - 2012年12月号)※2013年1月号に追悼再録
  • ラブミーてんだい!(有間しのぶ、1995年x月号 - 200x年x月号)
  • なにわOL奮戦記(胡桃ちの、1996年1月号 - 2005年4月号)
  • るすばんの達人大橋ツヨシ、1996年x月号 - 1999年5月号)
  • くろくま日記(寺島令子、1996年x月号 - 2001年x月号)※エッセイ
  • のぞみちゃん(山田大吉、1996年x月号 - 2003年6月号)
  • 幕張サボテンキャンパスみずしな孝之、1996年9月号? - 1999年5月号)※『まんがくらぶオリジナル』に移籍後、終了
  • せんせいのお時間ももせたまみ、1997年3月号 - 2003年6月号)※『まんがライフMOMO』に移籍
  • どんぐりの丘(五十沢友郎、1997年x月号 - 2005年8月号)
  • 味噌屋さぶれの板前日記(小道迷子、1998年x月号 - 1999年x月号)
  • ピヨピヨぶらざ〜ず(内田かずひろ、1998年x月号 - 2007年6月号)
  • パソコン・カフェ(陸奥A子、1998年2月号? - 2000年x月号)※ショートストーリー
  • 転がる石のように→中島OL営業中!(高田三加、1998年3月号? - 2002年4月号)※2000年頃改題
  • 犬先生カルテ(森真理、1998年5月号 - 2002年7月号?)
  • 若奥様はテスト中(吉田美紀子、1998年x月号 - 2004年9月号)
  • ちびとぼく私屋カヲル、1999年1月号ゲスト・5月号 - 2007年5月号)
  • 喜怒愛楽一家(大橋ツヨシ、1999年6月号 - 2001年2月号)
  • めもるは何もメモらない(真右衛門、1999年x月号 - 2006年6月号)
  • サークルコレクション(小坂俊史、1999年x月号 - 2003年10月号)
  • デパートへようこそ!→ひかるちゃんのデパートへようこそ!(奥谷かひろ、1999年x月号 - 2005年2月号)※2002年頃改題
  • エブリデイズ(長崎さゆり、2000年x月号 - 2003年4月号)
  • ころんでもころっけ(小道迷子、2000年x月号 - 2000年x月号)
  • どきどき姉弟ライフ後藤羽矢子、2000年9月号 - 2003年4月号)※高校編
  • 天使じゃないもん(丹沢恵、2001年5月号 - 2005年6月号)
  • ウワサのふたり(小笠原朋子、2001年5月号 - 2006年9月号)
  • リビング東京(寺島令子、2001年10月号? - 2007年6月号)
  • 貴美tallest→貴美TALLEST(美月李予、200x年x月号 - 2012年10月号)※2004年7月号より改題、『まんがライフ』にて並行連載(終了)
  • うららか de 暮らそ♥(月原こなん、2002年x月号 - 2004年3月号)
  • のほほんのりさん(森真理、2002年8月号 - 2005年2月号)※『まんがライフ』より移籍
  • ちとせげっちゅ!!真島悦也、2002年9月号ゲスト・2003年1月号 - 2007年8月号)※『まんがライフMOMO』へ統合
  • ういうい♥days犬上すくね、2002年5月号ゲスト・2003年2月号ゲスト・2003年5月号 - 2012年4月号)※ショートストーリー、ゲスト作改題
  • 耕して♥フォーリンLOVE(後藤羽矢子、2003年6月号 - 2006年8月号)
  • フンティーとレポンちゃん(いがらしみきお、2003年10月号 - 2006年10月号)
  • ハルコビヨリ(小坂俊史、2003年11月号 - 2008年2月号)
  • ダメ姉ってよばないで!(新居さとし、2004年10月号ゲスト・2005年2月号 - 2006年1月号)※ゲスト「ダメ姉って呼ばないで!」改題、『まんがライフMOMO』に移籍
  • よにんぐらし(宇仁田ゆみ、2003年11月号ゲスト・2004年3月号 - 2006年10月号・2007年2月号 - 2008年5月号)
  • ファイト!息ぎれOL(吉田美紀子、2004年10月号 - 2013年10月号)
  • お目覚め!メグちゃん(新田朋子、2005年6月号 - 2006年7月号)
  • みえちゃうの♥(なりゆきわかこ、2005年6月号 - 2006年5月号)
  • 本日も上場なり(丹沢恵、2005年7月号 - 2007年5月号)
  • ぼくと姉とオバケたち押切蓮介、2004年11月号ゲスト・2005年6月号ゲスト・8月号ゲスト・11月号 - 2009年1月号)※隔月連載→2006年7月号より毎月連載
  • おとなになったら。(k.m.p.、2004年6月号ゲスト・2005年10月号 - 2006年9月号・2007年12月号ゲスト)
  • ふたつぶいちご♪(逸架ぱずる、2006年4月号 - 2007年4月号)
  • 12月生まれの少年(施川ユウキ、2005年12月号ゲスト・2006年9月号 - 2011年12月号)※4コマ形式の回とショートストーリーの回がある
  • おいしい日曜日♥(小笠原朋子、2006年10月号 - 2008年12月号)
  • ゴーイン!!マイクック♥(後藤羽矢子、2006年10月号 - 2008年12月号)
  • ひとねこペネ(いがらしみきお、2006年11月号 - 2009年11月号)※ショートストーリー
  • 東京眼鏡(あらい・まりこ、2006年2月号・7月号ゲスト・2007年1月号 - 2010年7月号)※『まんがくらぶオリジナル』にて並行連載(終了)
  • ご契約ください!東屋めめ、2006年6月号ゲスト・9月号 - 11月号短期連載・2007年2月号 - 2011年4月号)
  • あくまCalling(秋吉由美子、2007年1月号 - 3月号短期連載・5月号 - 2008年10月号)
  • カギっこ山口舞子、2007年3月号 - 2009年4月号)※『まんがライフMOMO』にて並行連載(終了)
  • 全力委員長のしお、2007年2月号ゲスト・5月号 - 7月号短期連載・10月号 - 2011年1月号)
  • クロジとマーブル(富永ゆかり、2007年4月号ゲスト・7月号 - 2011年2月号、2011年1月号は休載し『にゃんだほーデイズ』を再録)※過去に『まんがくらぶオリジナル』にも並行連載されていた
  • 猫実カフェ(丹沢恵、2007年7月号 - 2009年4月号)
  • 合金さんちの日常(松田円、2006年10月号・12月号ゲスト・2007年8月号 - 2010年7月号)
  • 中央モノローグ線(小坂俊史、2008年3月号 - 2009年10月号)
  • 店長の憂鬱(碓井尻尾、2007年6月号ゲスト・11月号 - 2008年1月号短期連載・5月号 - 2011年11月号)
  • 野生のじかん(カラスヤサトシ、2008年6月号ゲスト・9月号 - 2010年6月号)
  • しょっぴんブギ(佐藤両々、2005年11月号ゲスト・2008年5月号ゲスト・9月号 - 11月号短期連載・2009年1月号 - 2012年11月号)※『まんがくらぶオリジナル』2004年2月号-7月号ゲストを経て
  • ふたごもんじゃ(矢直ちなみ、2008年8月号ゲスト・2009年3月号 - 5月号短期連載・10月号 - 2012年8月号)
  • ひなちゃんが王子!(山口舞子、2009年6月号 - 2010年3月号)※『まんがライフMOMO』にて並行連載(終了)
  • パパ★Lv1(小笠原朋子、2009年9月号 - 2011年3月号)
  • 遠野モノがたり(小坂俊史、2009年11月号 - 2011年5月号)※「中央モノローグ線」の続編
  • わたしのハテナちゃん(柘植文、2009年11月号 - 2013年7月号)※エッセイ漫画、非4コマ
  • ひみつの花園みなづき忍、2009年4月号ゲスト・6月号 - 8月号短期連載・12月号 - 2012年10月号)
  • なりきりコスピーちゃん(いがらしみきお、2010年3月号 - 2013年1月号)
  • MEDIGIRL(道端千揺、原案監修:有好從桜、2010年8月号 - 2014年10月号)※第3回livedoorデイリー4コマY-1グランプリ佳作受賞作、デイリー4コマと並行連載(終了。当初はデイリー4コマ2nd)
  • よこしま♥ゼミナール(松田円、2010年8月号 - 2013年11月号)
  • 大カラスヤサトシの大発明大王(カラスヤサトシ、2010年9月号 - 2013年11月号)
  • ねこまねき(桜沢エリカ、2010年9月号 - 2011年5月号)※ショートストーリー
  • けんもほろろ(ハトポポコ)2010年10月号ゲスト、2011年2月号 - 4月号短期連載、2011年9月号 - 2016年11月)[8]
  • 野村24時板倉梓、2009年11月号ゲスト・2010年3月号 - 5月号短期連載・11月号 - 2014年9月号)
  • ゆにいる(渡邉、2010年9月号 - 11月号短期連載・2011年2月号 - 2015年3月号)※2015年5月号にゲスト掲載あり
  • GBパーク(オノ・ナツメ、2011年4月号 - 2013年4月号)※ショートストーリーの回と4コマ形式の回あり
  • モノローグジェネレーション(小坂俊史、2011年8月号 - 2013年3月号)
  • 惑い星と花(野広実由)2011年6月号 - 8月号短期連載、2012年1月号 - 2013年7月号)
  • 星降り村事件ファイル(碓井尻尾)2012年6月号 - 2015年8月号)
  • 明日もコトコト(犬上すくね、2012年10月号 - 2015年3月号)※ショートストーリー
  • まつりごよみ(曙はる、2012年11月号 - 2013年1月号ゲスト・6月号 - 2014年11月号)
  • 月刊すてきな終活(小坂俊史、2013年7月号 - 2014年11月号)
  • 先生ロックオン!(神堂あらし、2012年5月号ゲスト・2013年2月号ゲスト・5月号ゲスト、11月号 - 2015年11月号)
  • しばいぬ子さんうず、2012年6月号ゲスト、2012年9月号 - 2015年12月号)※『まんがくらぶオリジナル』にて並行連載(終了。最終号まで)

過去の企画編集

  • レッツ!おヨメさん!!(深谷かほる、199x年x月号 - 2002年9月号)
  • 南央美の通販BINちゃん生活(南央美、2000年x月号 - 2003年6月号)※『まんがライフMOMO』に移籍、イラスト担当:ももせたまみ
  • かしましハウスでイングリッシュ!!(秋月りす、2001年2月号 - 2009年3月号)
  • きぐるみ(胡桃ちの、2002年10月号 - 2003年11月号)
  • うまなみグルメ国体(いのうえさきこ&永浜敬子、2003年10月号 - 2007年8月号)
  • オリエちゃん(西田協子、2005年6月号 - 20xx年x月号)※フロム・リーダーズ(読者欄)に連載
  • 人生ロシアンルーレット(深谷かほる、2005年6月号 - 2010年3月号)
  • 伊藤くんと山本くんの…(木下晋也、20xx年x月号 - 2011年4月号)→中村さんの…(木下晋也、2011年5月号 - 2012年8月号)※フロム・リーダーズ(読者欄)に連載。「…」は毎回異なる日時が入る
  • けものとしなっちょ(みずしな孝之、2005年6月号 - 2012年7月号)※目次ページに連載
  • リコラン通信(2011年11月号 - 2012年8月号、2013年6月号 - 12月号)※『リコーダーとランドセル』宣伝企画。第1期は本誌初出、第2期は原則として『まんがくらぶオリジナル』同月号掲載のものの再掲
  • エレメンツ占い(マギー、イラスト・柘植文、xxxx年x月号 - 2014年4月号)※占い師死亡に伴い終了

定期的にゲスト掲載されていた主な作品編集

  • 東京メイト(戸田誠二)※ショートストーリー、2005年12月号 - 2006年2月号短期連載の後、2008年8月号より2010年まで原則として3、6、8、11月号に掲載、2011年には1、4、7月号に掲載、2012年1月号 - 3月号に連続掲載し終了(単行本発行)後、2012年5月号に「アンコールゲスト」
  • ZUN ZUN ZUN(陸奥A子、2009年5月号 - 2013年8月号)※ショートストーリー、原則として1、5、9月号に掲載
  • せきをしてもにとり(鈴木2号、2012年3月号 - 2013年5月号)
  • お猫見(いがらしみきお、2014年4月号 - 2015年8月号)※ショートストーリー、『ひとねこペネ』のスピンオフ作品

脚注編集

  1. ^ 月刊まんがライフオリジナル2月号 本日発売!!”. 竹書房4コママンガ誌オフィシャルサイト. 2016年6月12日閲覧。
  2. ^ まんがライフオリジナル3月号 本日発売!!”. 竹書房4コママンガ誌オフィシャルサイト. 2016年6月12日閲覧。
  3. ^ まんがライフオリジナル4月号 本日発売!!”. 竹書房4コママンガ誌オフィシャルサイト. 2016年6月12日閲覧。
  4. ^ まんがライフオリジナル5月号本日発売!!”. 竹書房4コママンガ誌オフィシャルサイト. 2016年6月12日閲覧。
  5. ^ まんがライフオリジナル6月号本日発売!!”. 竹書房4コママンガ誌オフィシャルサイト. 2016年6月12日閲覧。
  6. ^ まんがライフオリジナル7月号本日発売!!”. 竹書房4コママンガ誌オフィシャルサイト. 2016年6月12日閲覧。
  7. ^ 本作のみ「会員制クラブ」という「風俗」がテーマとして扱われており、作品の内容はほのぼのとしてはいるもののファミリー向け作品とは程遠い雑誌の作風に合わない内容の作品として異彩を放っている。
  8. ^ a b “子夏ゆーた「座敷童子付き物件」連載開始、ハトポポコ「けんもほろろ」は完結”. コミックナタリー. (2016年10月11日). http://natalie.mu/comic/news/204963 2016年10月11日閲覧。 

外部リンク編集