メインメニューを開く

まんが 水戸黄門

テレビアニメ番組

まんが 水戸黄門』(まんが みとこうもん)は、1981年9月3日から1982年7月15日までテレビ東京(放送開始当初は東京12チャンネル)系で全46話が放送された、ナック製作のテレビアニメ

目次

解説編集

制作面編集

タイトルの通り、時代劇『水戸黄門』のテレビ漫画=アニメ版である。内容も一般的な『水戸黄門』の形式を踏襲しており、ほぼ毎回「旅先で悪徳役人や悪代官、盗賊が民衆を困らせようと悪事を働く→黄門一行が懲らしめる」という、多くの水戸黄門作品と同様のストーリー展開だった。それまで多く製作された各種映画・ドラマ版とは直接の関連はないが、ストーリーの様式や徳川家紋入りの印籠を見せて平伏させるなど、パナソニック ドラマシアター(旧ナショナル劇場)版の水戸黄門からの強い影響が見られる。

しかし、アップテンポの主題歌や「流星十文字斬り」や「葵三ツ葉返し」などの必殺技を持つ助さんと「力だすき」というアイテムで百人力になる格さん、そして印籠を出すシーンの派手な演出など、随所にヒロイックアニメ的な演出が盛り込まれている。その他、「実写で出来ない事をする」と言うコンセプトの元、人語を話す犬の鈍兵衛を登場させるなどの自由な発想も組み込まれている[1]。時には時代考証をせず登場人物に横文字を使わせたり、妖怪などを懲らしめる回(但し、いずれも変装や幻覚による偽物)も見られた。また、悪を懲らしめてハッピーエンドと言う基本の形式のみならず、第29話のように悲劇的な結末を迎えるエピソードも存在する。

黄門様が印籠の葵の御紋のアップをバックに立ち、助さんと格さんの口上が流れるシーンなどで流れるBGMは、『宇宙戦士バルディオス』と同じモチーフである[要出典]

放送開始当初は、キー局の東京12チャンネルが現社名に変更する直前だったことなど諸々の事情で「製作・ナック」とクレジットされていたが、社名変更した1981年10月以降は「製作・テレビ東京、ナック」とクレジットが変更されている。

放映状況・視聴手段編集

当時テレビ東京系の放送局があったのは関東・大阪(1982年3月、テレビ大阪が開局)のみで、それ以外の地域の局ではサンテレビ兵庫県域)や北海道テレビの他、長崎放送テレビ熊本でも放送されていた[2]。(同年の番組改編期からは放送局も若干増加した。後述)。東海地方では放送当時テレビ愛知開局前(1983年9月開局)で他の在名局での放送も行われなかったがテレビ愛知開局後にマンガのくに枠で放送されていた。 視聴率6%を超えれば成功と言われた当時、シリーズを通して10%前後を維持する人気を誇っていた[1]イタリアへの輸出も行われており、『L'invincibile Shogun(無敵の将軍)』というタイトルで放送された。

権利切れ後に一部の地方局、ケーブルテレビ局、スカパーのアニメ専門チャンネルAT-Xにて全話再放送がされるも、全話を収録した映像ソフトも発売されていなかったため、長い間「幻のテレビアニメ」という扱いをされていた不遇な作品だった。

その後、2004年フジテレビの番組『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』にて"「水戸黄門」のアニメがある"[1]として取り上げられ、地上波にて10年以上ぶりにオープニング映像と主題歌が放送された。その後2006年10月22日からは時代劇専門チャンネルにて全46話の放送が開始。2008年10月12日テレビ朝日の番組『大胆MAP』においても紹介され、出演者やスタジオの観客を驚かせた。

村西とおるが代表を務める「ニューシネマジャパン」というアダルトビデオを中心に製作しているメーカーから子供向け廉価DVD“アニメの王国”シリーズの一環として、第1・第2話収録の第1巻と第3・第4話収録の第2巻が発売されたが、ナック作品以外は権利元に無断で発売していた海賊版だったために問題になり、回収騒ぎになっている。このためAmazonでは購入できないほか、会社ホームページ上にもこの作品に関する情報は一切掲載されていない。

TV番組で紹介されたことで人気に火が付き、ラインコミュニケーションズより全話収録のDVD‐BOXが全3BOXにて発売された。DVD発売に伴い、TSUTAYAなどのレンタル店ではDVDレンタルされている。

オリジナルフィルムは保存状態が悪く使用不可能なために、一部の話数を権利元が初回放送で録画した、シブサンと呼ばれるU規格ビデオテープからDVD化している。その結果、エンドタイトルなどの部分も収録されている。現在の再放送も、シブサンテープからデジタルベーカムに変換して使用しているため、著しく画質が悪かったり、一部BGMが重なって聴こえる箇所などがある。

登場人物編集

水戸黄門、助三郎、格之進以外はアニメオリジナルキャラである。回によって­八兵衛弥七と言ったゲストキャラが登場する事はあるが、名前が同じだけでドラマ版の登場人物との関連性は無い。

水戸黄門 / 黄門様
- 杉田俊也
キャラクターの設定は、時代劇のものを踏襲している。普段は好々爺だが、一度事件に巻き込まれればその頭脳で真相を導き出し、悪党に裁きを下す。悪党に利用されたり、やむを得ない理由でも過ちを犯した者は叱責し、正しい道を歩むように促す(但し、番組後期には盗みを働いた親子や盗賊団に加担していた少女を特に咎めないシーンも見受けられる)。殺陣シーンでは、格さんに「力だすき」を投げる役目もし、稀に自ら戦う事もある。
助さんや格さんのような派手なアクションシーンが殆ど無い為、表情で存在感を出さなければならないキャラであった[1]
助三郎 / 助さん
声 - 鈴置洋孝
剣術の達人。超人的な身のこなしで、隠密に近い役割も果たす。「七ツ星一刀流」と言う流派の使い手であり、「流星十文字斬り」「葵三ツ葉返し」と言った必殺技を持つ。格さんや捨丸をからかったりなどの茶目っ気もあるが基本的に真面目な性格で、ドラマ版のような女好きな一面は見られない。本作では印籠を出すのは助さんの役割である。
格之進 / 格さん
声 - 池田勝
怪力の大男。普段でも十人力を誇るが、黄門様から受け取った「力だすき」を身につけることで百人力となり、大木を引き抜いて振り回したり、山の向こうへ相手を投げ飛ばしたりするほどの怪力を発揮する。しかし「力だすき」が無いと空腹で力が出せなかったり敵の罠に嵌められたりなど、今一つ活躍出来ないシーンもしばしば見られる。刀も使えない訳ではないが、基本的に素手で戦う。豪胆で義理人情溢れる好漢だが、短気な一面もあり[3]、生真面目で堅物だったドラマ版とは性格が大きく異なっている。また、食いしん坊で女性に弱いなど、うっかり八兵衛の要素も兼ね備えている。
捨丸
声 - 松岡洋子
忍者の少年。名前の通り孤児であり、盗みで生計を立てていたが、格さんのおにぎりを盗んだ事で黄門様一行と関わりを持つ。盗みについては黄門様に叱られるも、その行動が結果的に悪党の悪事を暴いた事で不問とされ、もう盗みはしない事を誓ってお供としてついて来る。しかし以降も事件に巻き込まれるトラブルメーカー的な役割が多いため、格之進と同様にうっかり八兵衛に近い立場の存在である。捨丸中心の展開や捨丸と鈍兵衛の視点で進むシーンも少なくなく、捨丸が旅先の子供と知り合った事が切っ掛けで一行が関わる事件が多い。
鈍兵衛
声 - 龍田直樹
捨丸の相棒のイヌ。知能が高く、二本足で立ったり前足を手のように使ったりと、まるで人間のように振る舞う事が多い。人間の言葉も話せるがそれは捨丸にしか通じない[4]。お調子者で、動物ならではの活躍をする事も多いが、トラブルに巻き込まれる事もまた多い。頭突きや回し蹴りが得意技。
お琴
声 - 伊倉一恵(第2話 - 第26話・第44話)
長崎奉行の娘。父に幕府転覆の疑いを掛けられた事で家は取り潰しに遭い、その無実の罪を晴らそうとした父が失踪。その後、母は心労で亡くなり、自身は父の後を追って旅に出た。その途中、黄門様一行と出会い、旅に加わる事になる。当初は清楚で淑やかな女性だったが、徐々に砕けた一面や活発な性格も見せるようになる。格さんに惚れられており、捨丸にとっては姉のような存在である。武術の心得があり、並の悪党なら軽く投げ飛ばせるだけの腕っ節を持つ。京都にて父親と再会し、一行から外れる。一行が長崎を訪れた44話では再登場した。
大文字天狗
声 - 若本紀昭(第26話・第44話)
火縄銃を持ち、京都で活躍する天狗面の怪傑。その正体は、お琴の父親だった。黄門様一行が京都に到着する頃には、かつて自身に無実の罪を着せた者達の悪事の証拠を掴んでおり、お琴と再会した事で共に長崎へと帰る。
お夏
声 - 三浦雅子(第27話 - 第46話)
しっかり者の浪速商人の少女。お琴と入れ替わるように一行に加わる。商品を台無しにした捨丸を損害分働かせた事で黄門様一行と知り合い、その際の事件を経て黄門様を慕うようになった為、商いの修行と称して一行に同行する。捨丸や鈍兵衛とは仲が良いが、喧嘩することも多い。尚、12話に同名のキャラが登場するが、別人である。

スタッフ編集

  • 制作:西野聖市(ナック)
  • 企画:西條剋麿(ナック)
  • プロデューサー:江津兵太(テレビ東京・社名変更後にクレジットされる)、戸井田博史(ナック)
  • 制作デスク:千原弘美
  • 制作進行:寺田ナオト
  • 制作事務:片桐貴世子
  • チーフディレクター:岡迫和之、新田義方
  • 演出:新田義方、吉田浩、内田祐司、久岡敬史ほか
  • 脚本構成:伊東恒久
  • 脚本:伊東恒久、荒木芳久、水野均、吉田進、吉田喜昭
  • キャラクター設定:森下圭介
  • 作画監督:森下圭介、昆進之介
  • 美術監督:亀崎経史
  • 色彩設定:長沢佳代、黒川めぐみ、蓮見晃弘
  • 撮影監督:森口洋輔(スタジオ・ウッド)
  • 編集:吉田恵美子(三陽編集室)
  • 現像:東京現像所
  • 音楽:羽田健太郎
  • 録音:村田長男
  • 選曲:茶畑三男
  • 効果:今野次男
  • 音響制作:映広音響
  • 製作協力:アミ企画、スペースエイジ
  • 製作:テレビ東京(第5話以降)、ナック

主題歌編集

オープニングテーマ - 「ザ・チャンバラ」
作詞 - 荒木とよひさ / 作曲 - 土持城夫 / 編曲 - 羽田健太郎 / 歌 - 塚田三喜夫
エンディングテーマ - 「ビューティフル モーニング」
作詞 - 荒木とよひさ / 作曲・編曲 - 羽田健太郎 / 歌 - 塚田三喜夫
上記2曲を収録したEPレコードは、トリオレコードから発売。
2009年4月15日にコロムビアミュージックエンタテインメントから発売されたCD、『青春ラジメニア 20周年記念アルバム アニソン玉手箱~ひねくれの逆襲~』(品番:COCX-35482)にて、OP曲『ザ・チャンバラ』が初CD化されている。また、2019年1月23日にウルトラ・ヴァイヴから発売されたCD、『歌謡曲番外地トリオレコード【TV・ノヴェルティ篇】 恋のホワン・ホワン』(品番:CDSOL-1820)にて、ED曲「ビューティフル モーニング」が収録されている。
「ザ・チャンバラ」は『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』で放送された際、ゲストに好評だった事から司会の高橋克実の提案により、その回から番組のエンディングテーマとして短期間使用された。

各話リスト編集

  1. 必殺・流星十文字斬り
  2. 悪魔の谷・大爆発
  3. たらふく食べた悪い夢
  4. 黒旗党をやっつけろ
  5. 謎の大名行列
  6. 馬子と若様
  7. 助三郎危機一髪
  8. ジャジャ馬姫まかり通る
  9. 恐怖の河童大王
  10. 鈍兵衛出世 太閤記
  11. 大暴れ・勇者の村
  12. 激突・兄妹筏
  13. 鈍兵衛 暗殺指令
  14. 空飛ぶ怪盗 むささび小僧
  15. 火を吹く妖怪大天狗
  16. 日本一の悪い奴
  17. クジラに乗った少年
  18. 盗まれた将軍家の馬
  19. 大決戦 捨丸対大ダヌキ
  20. 大暴れ猿の軍団
  21. わんぱく砦 大人をやっつけろ
  22. 泣き笑い 鈍兵衛の初恋
  23. 村を救った大ムカデ
  24. 湖の竜の首を斬れ
  25. どっちがどっち? ニセ黄門
  26. 悪魔の火文字
  27. 難波のじゃりん娘
  28. 地獄の塩田を救え!
  29. やまんばの黄金城
  30. 海賊船をやっつけろ
  31. お夏がお母さん?
  32. 金毘羅さまで丸裸
  33. 命の泉を守れ
  34. 海女を襲った人食い鮫
  35. 空を飛んだ少年
  36. 雨に泣いた握り飯
  37. 困った犬猫騒動
  38. 父ちゃんを救え
  39. おかしな発明家
  40. 古墳山の謎を暴け
  41. 捨丸・鈍兵衛の鬼退治
  42. 白い雌牛と少年
  43. どすこい 権太の土俵入り
  44. 泣くな捨丸 長崎の別れ
  45. やんちゃ姫騒動記
  46. 鈍兵衛の命を賭けた恋

放送局編集

下記の各局は、北陸放送を除き1982年5月の時点で本作を放送していた局である。

コミカライズ編集

秋田書店の『冒険王』で、増田ジュンの作画によって1981年10月号から1982年8月号まで連載。

海外放送編集

イランペルシャ語に吹きかえられてテレビ放送されている。題名は「ミトコウモン」をペルシャ語に転記して「سفرهای میتی کومان」となっており、意味としては「旅のミトコウモン」になっている。

ペルシャ語の表記を英語に転記すると「MytyKvman」となるため、ネット上では水戸黄門はイランではミチコマンと呼ばれていると言われることがある[要出典]

その他、中国イタリアでも放送され、イタリアでは「L'invincibile shogun」のタイトルでDVD-BOX化されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』2004年5月26日放送回 No.444
  2. ^ その後、サンテレビや北海道テレビでは編成の都合上、1982年春に放送を打ち切った模様。サンテレビの場合はテレビ大阪が本放送を開始したことも、打ち切りの理由とされる。
  3. ^ 助さんによると、その所為で力だすきを持たせられていないとの事。
  4. ^ 第9話のラストなど、捨丸以外にも通じているように描写されるシーンも稀に見られる。
  5. ^ 『北國新聞』1982年4月1日付朝刊テレビ欄より。
  6. ^ 熊本日日新聞テレビ欄より
東京12チャンネル→テレビ東京 木曜19時00分枠
前番組 番組名 次番組
まんが 水戸黄門
つなぎ番組
(まいっちんぐマチコ先生・まんが猿飛佐助、再)

サイボットロボッチ