メインメニューを開く

概要編集

九州にある架空の温泉郷「九鬼谷」と北九州市小倉を舞台にした連作艶笑譚漫画。その舞台設定から、作中の会話はほぼ小倉弁で描かれるのが特徴。

基本的に一話完結の読み切り形式で、『漫画サンデー』(実業之日本社)にて1979年から1989年まで10年間に渡って長期連載された。単行本は全53巻、文庫版は全8巻。1986年には(NHK)で実写ドラマ化、また同年ニューセレクト配給で映画化、さらに1989年にはOVA化もされた。2006年、フランスで『RYOUTA DU MANDALA』として翻訳刊行された[1]日本漫画家協会賞受賞。

なお、1996年からは、『月刊コミックビンゴ』(文藝春秋)にて本作の続編『良太』が連載された。こちらの単行本は全2巻。また、2002年からは、『娯楽王』(ぶんか社)にて本作のスピンオフ作品『月子まんだら』が連載された。

主な登場人物編集

大山良太
主人公。温泉宿「まんだら屋」の息子。小倉城南高校三年生。いがぐり頭と膨らんだほっぺたがトレードマーク。性に大らかな九鬼谷の住人の中でも飛びぬけた助平で知られている。卑猥な言動が多く下品な印象を持たれがちだが、有事の際は体を張った行動に出るなど、根本の部分は男気に溢れた健康男児。意外にも文学的な思想も持ち合わせており、切れのある皮肉や即興かつユーモラスな猥歌が得意。また、歯に衣着せぬ発言は時に鋭く物事の枢要を突く。
幼馴染の月子に惚れており、普段の節操のない態度とは裏腹に、純粋な恋愛感情を仄めかすことも多い。
秋川月子
温泉旅館夕月荘の娘で良太の幼なじみ。小倉城南高校三年生。九鬼谷では珍しく性に対して非常に潔癖で、なにかと卑猥な言葉をかけてくる良太にしょっちゅうビンタを食らわせている。常々、口を開けば猥談ばかりしている良太を軽蔑するそぶりを見せているが、心の底では良太のことを憎からず想っている。
大山ヨネ
良太の母。まんだら屋の女将。父はすでに死亡している。
喜多本久美子
温泉まんじゅう屋喜多本の娘で月子の親友。月子と違って、性に対してあけっぴろげであり、かなり尻軽な性格。
石田鉄男
小倉石田酒店の息子。良太の親友で愛称は“テツ”。久美子とは恋人同士。
お役者晴司
露天商「天狗一家」の親分。好色家だが締める所は締める仁義の持ち主で、部下からの信頼は厚い。刀の扱いに長けた武闘派であるが、自分の血を見ると気絶してしまう。

テレビドラマ編集

1986年2月3日から2月21日まで、NHK「銀河テレビ小説」の枠で放送。全15回。

キャスト編集

スタッフ編集

NHK 銀河テレビ小説
前番組 番組名 次番組
まんだら屋の良太

映画編集

1986年3月15日公開。配給はニューセレクト。

キャスト(映画)編集

スタッフ(映画)編集

OVA編集

九鬼谷温泉艶笑騒動譚 まんだら屋の良太』と題して、1989年9月25日にOVAがリリースされた。

キャスト(OVA)編集

スタッフ(OVA)編集

  • 原作:畑中純(漫画サンデー連載)
  • 監督:青木雄三
  • 監督協力:御厨恭輔
  • 脚本:砂本ハカル
  • キャラクターデザイン・作画監督:小田仁
  • 作画:柳野龍男、増井壮一、三島美代子/I.T.T.ANIMATION
  • 美術監督:石垣努
  • 背景:I.T.T.ANIMATION
  • トレス&ペイント:トイハウス、I.T.T.ANIMATION
  • 録音演出:山田悦司
  • 音響効果:横山正和
  • 選曲:金丸孝彦
  • 整音:星野敏昭、平野延平
  • 録音制作:水野事務所
  • 編集:井上編集室
  • 現像所:IMAGICA
  • エグゼクティブプロデューサー:三木孝祐
  • プロデューサー:山崎敬之(砂工房)、高橋夏(タカハシ スタジオ)
  • 協力:バンダイ
  • 制作協力:タカハシスタジオ
  • 制作・販売:砂工房

脚注編集

  1. ^ 畑中純 公式ホームページ まんだら屋アーカイブされたコピー”. 2016年8月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月17日閲覧。