メインメニューを開く

みずがめ座ニュー星

みずがめ座の恒星

みずがめ座ν星(みずがめざニューせい、ν Aquarii、ν Aqr)は、みずがめ座恒星である。みずがめ座ν星の見かけの等級は4.5で、肉眼でみることができる[1]年周視差の測定に基づいて計算した太陽からの距離は、約159光年である[2]

みずがめ座ν星
ν Aquarii
星座 みずがめ座
視等級 (V) 4.51[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 21h 09m 35.6488810s[2]
赤緯 (Dec, δ) -11° 22′ 18.085110″[2]
視線速度 (Rv) -11.26 km/s[2]
固有運動 (μ) 赤経: 94.12 ミリ秒/[2]
赤緯: -14.62 ミリ秒/年[2]
年周視差 (π) 20.47 ± 0.21ミリ秒[2]
(誤差1%)
距離 159 ± 2 光年[注 1]
(48.9 ± 0.5 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 1.1[注 2]
Aquarius constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
みずがめ座ν星の位置(丸印)
物理的性質
半径 8.35 R[3]
質量 2.01 M[3]
表面重力 0.8 G[3][注 3]
自転速度 2.4 km/s[4]
スペクトル分類 G8 III[1]
光度 39.49 L[3]
表面温度 5,011 K[3]
色指数 (B-V) 0.94[1]
色指数 (U-B) 0.70[1]
色指数 (R-I) 0.46[1]
金属量[Fe/H] -0.04[4]
年齢 1.3 ×109[3]
別名称
別名称
みずがめ座13番星, BD-11 5538, HD 201381, HIP 104459, HR 8093, IRC -10557, SAO 164182[2]
Template (ノート 解説) ■Project

特徴編集

みずがめ座ν星のスペクトル型はG8 IIIで、主系列段階よりも進化して水平分枝段階にある巨星とみられ、年齢はおよそ13億年と推定される[1][3]質量太陽の倍、半径太陽の8倍以上、光度太陽の40倍程で、表面温度は5,011Kと推定される[3]。この温度は、黄色巨星であることを示しており、スペクトル型と一致する[5]

みずがめ座ν星は、土星状星雲の東1.4の位置にあり、土星状星雲を探す際の目印になる[6]

名称編集

アラビア月宿の一つ sa‘du ʾbul‘a の名称が、みずがめ座ε星みずがめ座μ星英語版と、みずがめ座ν星に与えられており、μ星とν星とで Al Buläān と呼ばれていたとも言われる[7][8]

中国では、「天上の城壁」を意味する天壘城拼音: Tiān Lěi Chéng)という星官を、みずがめ座ξ星やぎ座46番星英語版やぎ座47番星英語版やぎ座λ星英語版やぎ座50番星みずがめ座18番星英語版やぎ座29番星英語版みずがめ座9番星英語版みずがめ座8番星英語版みずがめ座14番星英語版みずがめ座17番星英語版みずがめ座19番星英語版と共に形成する[9]。みずがめ座ν星自身は、天壘城十拼音: Tiān Lěi Chéng shí)つまり天塁城の10番星と呼ばれる[10]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記
  3. ^ 出典での表記は、 

出典編集

  1. ^ a b c d e f g Hoffleit, D.; Warren, W. H., Jr. (1995-11), “Bright Star Catalogue, 5th Revised Ed.”, VizieR On-line Data Catalog: V/50, Bibcode1995yCat.5050....0H 
  2. ^ a b c d e f g h nu. Aqr -- High proper-motion Star”. SIMBAD. CDS. 2019年3月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h Stock, Stephan; Reffert, Sabine; Quirrenbach, Andreas (2018-08), “Precise radial velocities of giant stars. X. Bayesian stellar parameters and evolutionary stages for 372 giant stars from the Lick planet search”, Astronomy & Astrophysics 616: A33, Bibcode2018A&A...616A..33S, doi:10.1051/0004-6361/201833111 
  4. ^ a b Takeda, Yoichi; Tajitsu, Akito (2014-10), “Spectroscopic study on the beryllium abundances of red giant stars”, Publications of the Astronomical Society of Japan 66 (5): 91, Bibcode2014PASJ...66...91T, doi:10.1093/pasj/psu066 
  5. ^ The Colour of Stars”. Australia Telescope National Facility. CSIRO. 2019年3月2日閲覧。
  6. ^ NGC 7009 みずがめ座の惑星状星雲(土星状星雲)”. つるちゃんのプラネタリウム. 2019年3月1日閲覧。
  7. ^ Kunitzsch, Paul; Smart, Tim (2006). A Dictionary of Modern Star Names. Cambridge, MA: Sky & Telescope. p. 17. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  8. ^ Allen, Richard Hinckley (1963), Star Names: Their Lore and Meaning (Reprint ed.), New York, NY: Dover Publications, Inc., p. 53, ISBN 0-486-21079-0, http://penelope.uchicago.edu/Thayer/E/Gazetteer/Topics/astronomy/_Texts/secondary/ALLSTA/Aquarius*.html 
  9. ^ 陳, 久金 (2005) (中国語), 中國星座神話, 台灣書房出版有限公司, ISBN 978-986-7332-25-7 
  10. ^ 中國古代的星象系統 (15): 虛宿” (中国語). AEEA 天文教育資訊網. 國立自然科學博物館 (2006年5月15日). 2019年3月2日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集