みずほターミナル

岐阜県瑞穂市にあるバスターミナル

みずほターミナルは、岐阜県瑞穂市にあるバスターミナルである。ただし、現在は発着場機能は休止している。

概要編集

元々はJR穂積駅南口ロータリーにあった穂積駅前バス停である。2005年(平成17年)4月1日、名鉄揖斐線忠節 - 黒野間・岐阜市内線の廃止に伴い、穂積駅 - 黒野方面の廃止代替バスが運行される事になり、一般者の送迎車も加味されて穂積駅南口のロータリーでは手狭になる恐れが発生した。そのため、JR穂積駅の南400メートルに、新たにみずほターミナルを新設する事となる[1]

当時はみずほターミナルは岐阜バスの発専用のバス停であった。よって、着バス停は従来通りの穂積駅前バス停であり、発着バス停名が異なっていた。そのため、みずほターミナル発の路線は穂積駅には止まらなかった。

位置的に遠い点や南側の道が旋曲しているためにバス営業運用で旋回が困難な時もあった[1]2011年10月1日より、岐阜バスもみずほバス朝日大学スクールバスの発着バス停である穂積駅前のバス停に変更となった。そのため、みずほターミナルの発着はなくなり、税金を投資しないといけない面からもバス転回・待機場としての機能のみとなった[2]

歴史編集

  • 2005年(平成17年)4月1日:新設[3]
  • 2011年(平成23年)10月1日:使用休止(バス転回場・待機機能のみ残す)[3]

みずほターミナルに乗り入れていた路線編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b 第2回 瑞穂市地域公共交通会議・会議録 (PDF)”. 瑞穂市 (2010年11月25日). 2014年5月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年5月19日閲覧。
  2. ^ みずほバスの新路線(案)についての意見募集結果について (PDF)”. 瑞穂市 (2012年7月). 2017年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月19日閲覧。
  3. ^ a b 瑞穂市コミュニティバス「みずほバス」の概要 (PDF)”. 瑞穂市. 2016年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月19日閲覧。

参考外部リンク編集

座標: 北緯35度23分33.5秒 東経136度41分33.5秒