みそぎ選挙(みそぎせんきょ)は、公知のスキャンダルを抱えた政治家が立候補した選挙

概要編集

由来は穢れを清める神事の「みそぎ」から。

選挙においては公知のスキャンダルに関する謝罪と釈明が求められる。有権者に対する演説においては「お詫び行脚」になることが多い(ただし冤罪主張などでスキャンダルを認めていない場合は、身の潔白を訴えることになる)。スキャンダルは自身や議員秘書汚職嫌疑等があげられる。

当該政治家を支持する有権者の投票によって当選をした場合は、政治家が有権者の審判という「みそぎ」を受けたとして、政治責任に一区切りを付けたと主張される。選挙前までに議会において辞職勧告決議の採決や成立が主張されていても、公知のスキャンダルを知った上で有権者が選出した以上は民意の正当性が主張される。しかし、自身の刑事訴訟が終わっていない場合はそれが決着しないと、完全には「みそぎ」を終えたことにはならない。刑事訴訟において実刑判決または公職選挙法違反や政治資金規正法違反や賄賂罪あっせん利得処罰法違反で有罪判決が確定して公民権停止となった場合は、公職選挙法第11条と国会法第109条と地方自治法第127条によって公職を失職することになる。

2000年以降は国会議員が政治責任を取って辞職をした後で行われる補欠選挙において、当該補欠選挙の原因を作った前国会議員は当該選挙区には立候補できない規定になっている。

みそぎ選挙の事例編集

日本編集

国会議員自身の政治的スキャンダルを受けた後の選挙について記載する。

過去の国政におけるみそぎ選挙の例
候補者 選挙 当落 不祥事の理由
有田二郎 1955年衆院選 落選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中(造船疑獄)
池田正之輔 1969年衆院選 当選 賄賂罪で訴追による地裁公判中(日通事件)
1972年衆院選 落選 賄賂罪で地裁懲役1年6月追徴金300万円控訴中
岡田五郎 1955年衆院選 落選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中(造船疑獄)
佐藤孝行 1976年衆院選 落選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中(ロッキード事件)
1979年衆院選 当選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中
1980年衆院選 当選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中
1983年衆院選 当選 賄賂罪で地裁懲役2年執行猶予3年追徴金200万円控訴中
1986年衆院選 当選 賄賂罪で高裁懲役2年執行猶予3年追徴金200万円確定
鈴木宗男 2004年参院選 落選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中(鈴木宗男事件)
2005年衆院選 当選 賄賂罪で地裁懲役2年追徴金1100万円控訴中
2009年衆院選 当選 賄賂罪で高裁懲役2年追徴金1100万円上告中
関谷勝利 1955年衆院選 当選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中(造船疑獄)
1969年衆院選 当選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中(大阪タクシー汚職事件)
1972年衆院選 当選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中[1]
田中角栄 1949年衆院選 当選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中[2](炭管疑獄)
1976年衆院選 当選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中(ロッキード事件)
1979年衆院選 当選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中
1980年衆院選 当選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中
1983年衆院選 当選 賄賂罪で地裁懲役4年追徴金5億円控訴中
1986年衆院選 当選 賄賂罪で地裁懲役4年追徴金5億円控訴中
辻元清美 2004年参院選 落選 詐欺罪で地裁懲役2年執行猶予5年確定(辻元清美秘書給与流用事件)
2005年衆院選 当選 詐欺罪で地裁懲役2年執行猶予5年確定
中西一善 2005年衆院選 落選 強制わいせつ罪で逮捕(起訴猶予処分)
中村喜四郎 1996年衆院選 当選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中(ゼネコン汚職事件)
2000年衆院選 当選 賄賂罪で地裁懲役1年6月追徴金1000万円控訴中
2003年衆院選 当選 賄賂罪で高裁懲役1年6月追徴金1000万円上告中
2005年衆院選 当選 賄賂罪で最高裁懲役1年6月追徴金1000万円確定
楢橋渡 1963年衆院選 落選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中(武州鉄道汚職事件)
1967年衆院選 落選 賄賂罪で地裁懲役3年追徴金2450万円控訴中
1969年衆院選 落選 賄賂罪で地裁懲役3年追徴金2450万円控訴中
1972年衆院選 当選 賄賂罪で懲役2年執行猶予4年確定
西村眞悟 2009年衆院選 落選 弁護士法違反で地裁懲役2年執行猶予5年確定[3](西村眞悟弁護士法違反事件)
橋本登美三郎 1976年衆院選 当選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中(ロッキード事件)
1979年衆院選 当選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中
1980年衆院選 落選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中
藤波孝生 1990年衆院選 当選 賄賂罪で訴追による地裁公判中(リクルート事件)
1993年衆院選 落選 賄賂罪で訴追による地裁公判中
1996年衆院選 当選 賄賂罪で訴追による地裁公判中
2000年衆選挙 当選 賄賂罪で最高裁懲役3年執行猶予4年追徴金4270万円確定[4]
真鍋儀十 1958年衆院選 落選 賄賂罪で逮捕及び訴追による地裁公判中(売春汚職事件)

脚注編集

  1. ^ 地裁判決は引退後の1979年
  2. ^ 後に賄賂罪では一二審無罪確定
  3. ^ 組織的犯罪処罰法違反では一審無罪確定
  4. ^ 一審では賄賂罪無罪判決

関連項目編集